[包装貨物] 圧縮試験
[包装貨物] 圧縮試験 http://www.ipros.jp/public/product/image/479/2000006458/IPROS4658254032628551373.JPG JIS Z 0212 : 包装貨物及び容器-圧縮試験方法 よくおこなわれるのは、圧縮試験機に段ボール箱をセットして上からじわじわと荷重を加えていき、座屈した時の圧縮荷重からその強度を調べる、というものです。倉庫で段積みされている時に想定される最大荷重と比較することで、段ボール箱の品質を判断する一つの指標になります。 圧縮試験によりパレットの品質を評価することもできます。 JIS Z 0602 : 平パレット試験方法 JIS Z 0612 : 一貫輸送用ボックスパレット試験方法 ◆JBL包装試験場:ISTA(国際安全輸送協会)認定 _ 2010年12月より 日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所 業務支援サービス > サービス > その他受託サービス
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報[包装貨物] 圧縮試験

JIS Z 0212 : 包装貨物及び容器-圧縮試験方法

よくおこなわれるのは、圧縮試験機に段ボール箱をセットして上からじわじわと荷重を加えていき、座屈した時の圧縮荷重からその強度を調べる、というものです。倉庫で段積みされている時に想定される最大荷重と比較することで、段ボール箱の品質を判断する一つの指標になります。

圧縮試験によりパレットの品質を評価することもできます。

JIS Z 0602 : 平パレット試験方法
JIS Z 0612 : 一貫輸送用ボックスパレット試験方法

◆JBL包装試験場:ISTA(国際安全輸送協会)認定 _ 2010年12月より

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

2010年01月

用途/実績例

【設備仕様】
ボールドウィン社 Model CTM-1-5000 ・最大荷重 : 5000 kgf (49 kN) ・圧縮速度 : 10, 12.5, 15 mm/min ・最大ストローク : 1200 mm ・試験台寸法 : 1200 x 1200 mm

【試験規格】
ASTM D 642, 4577, 7030、EN 2234, 12048、GB/T 4857.3, 4857.4、ISO 2234, 12048、ISTA 1C, 1D, 2A, 2B, 2F, 3F, 4AB ,7A ,7B, 7C、JIS Z 0212, 0602, 0612、TAPPI T 804, T 811

よく使用される業種

紙・パルプ、ゴム製品、木材、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、印刷業、製造・加工受託、その他製造、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、水産・農林業

カタログ[包装貨物] 圧縮試験

  • 当社は神奈川県藤沢市(湘南台)に包装試験設備を保有し、包装貨物が輸送中に受ける衝撃や振動に対して、どの程度耐えられるかの包装貨物評価試験をはじめ、製品脆弱性試験、貨物輸送再現試験をお客様のご要望によりお受けいたします。

    1)等価落下試験機
    2)自由落下試験機
    3)懸垂型落下試験機
    4)振動試験機
    5)振動試験機
    6)圧縮試験機
    7)減圧試験機
    8)恒温恒湿器
    9)低温恒温恒湿器
    10)空圧加速式衝撃試験機
    11)ミューレン破裂試験機
    12)高速度カメラ
    13)輸送環境データレコーダー

    [PDF:4MB]
  • JIS Z0212(圧縮試験)は、金属、木材、段ボール、板紙、プラスチックまたはこれらを組み合わせからなる包装貨物及び、容器について適正であるか否かを評価する為の試験方法である。試験方法は、主として圧縮荷重による内容品の損傷を調べる為に包装貨物の圧縮試験を行う「方法A」と、容器自体の圧縮強さを知る為、空容器で圧縮試験を行う「方法B」がある。

    包装評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)/0466-41-0265(北川)◆◆
    [PDF:152KB]
  • 衝撃試験や曲げ試験、圧縮試験・落下試験など包装資材の試験サービスを
    行っているJBLの事例集です。

    【掲載内容】
    ・せん断衝撃試験
    ・上面デッキの端部衝撃試験
    ・ブロック衝撃試験
    ・曲げ試験
    ・フォーク持ち上げ試験
    ・脚部圧縮試験
    ・段積み試験
    ・下面デッキ試験
    ・静的せん断試験
    ・かど落下試験
    [PDF:303KB]
  • JIS Z 0602に規定されている以下のパレット評価試験が実施出来ます。設定荷重に応じたひずみ量、たわみ率、残留たわみ率を測定できます。

    評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)/0466-41-0265(北川)◆◆
    [PDF:148KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記 パレット Bending Test(曲げ試験)を実施しております。この試験はJISの曲げ試験と同様の試験ですがパレットの支持及び荷重負荷条件がJISとやや異なります。

    ISO 8611(曲げ試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:104KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記パレット Compression tests for blocks or stringers (脚部圧縮試験)を実施しております。この試験はJISの試験と同様の試験ですが上面圧縮用材の大きさ等、JISとやや異なります。

    ISO 8611(脚部圧縮試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:106KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記のパレット Fork lifting tests(フォークリフト持ち上げ試験)を実施しております。この試験は、単面形パレットやフルエントリーの差し込み口を有する片面使用形パレットをフォークで持ち上げた場合をシュミレーションする為のパレット評価試験です。

    ISO 8611(フォーク持ち上げ試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:107KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記パレット Stacking Test(段積み試験)を実施しております。この試験は段積み保管しているパレットの上面下面デッキボードのスパンに加わる荷重による影響を確認する為のパレット評価試験です。

    ISO 8611(段積み試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:105KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記パレット Bottom deck bending tests (下面デッキ試験)を実施しております。この試験は、JIS試験と同様で下面のデッキボードのスパン中央に集中荷重を負荷する試験ですが、圧縮用材の形状がJISとはやや異なります。

    ISO 8611(下面デッキボード試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:105KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記パレットStatic shear test(静的せん断試験)を実施しております。この試験は上下面デッキボードに対して、横方向に加わるせん断によって発生する力をシュミレーションするパレット評価試験です。

    ISO 8611(静的せん断試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:103KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記のCorner drop test(かど落下試験)を実施しております。 この試験は現行のJIS同様で、同一かどを3回落下させた後、対角線長さの変化率を確認する為のパレット評価試験です。

    ISO 8611(かど落下試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:106KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記のShear impact test(せん断衝撃試験)を実施しております。この試験は桁及びブロックに接合されている上下面デッキボードに、それぞれ反対方向の衝撃力(せん断衝撃力)が働いた時の抵抗を確認する為のパレット評価試験です。


    ISO 8611(せん断衝撃試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:111KB]
  • 弊社では ISO8611に規定されている試験方法に従い、下記のTop deck edge impact test (上面デッキの端部衝撃試験)を実施しております。この試験はフォークリフト荷役においてフォークリフトの爪をパレットに差し込む際の衝撃に対する抵抗を確認する為のパレット評価試験です。

    ISO 8611(上面デッキボードの端部衝撃試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆。
    [PDF:110KB]
  • 弊社では ISO 8611に規定されている試験方法に従い、下記のBlock impact test(ブロック衝撃試験)を実施しております。この試験はパレットブロックに対してフォークリフトの爪で衝撃を与えた時の抵抗を確認する為のパレット評価試験です。

    ISO 8611(ブロック衝撃試験)ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。
    ◆◆連絡先・担当者:0466-41-0265(北川)/0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0262(石井)◆◆
    [PDF:109KB]

取扱い会社[包装貨物] 圧縮試験

日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所

物流コンサルテーション、物流管理サービス、国内および海外における調達・生産・販売・回収物流・包装設計・包装試作・パソコン関連(カストマイズ及びソフトウェア製造)、物流システム設計開発

[包装貨物] 圧縮試験へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

まだ会員登録をされていない方

会員登録(無料)と問い合わせが同時に行えます。
会員登録すると、いつでも情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

[包装貨物] 圧縮試験 と関連するおすすめ情報

みんなが注目している特集

  • IPROS145204770486169215.jpg
  • energy-saving_06.jpg
  • shinkin_140_140.jpg
  • 140_140.jpg
  • IPROS6420113302792038301.jpg
  • IPROS732561676528289602.jpg
  • IPROS7148046995520755881.jpg
  • IPROS3004135945349035676.jpg
  • Thailand_supplier_140x140.jpg
  • 140_140.jpg

  • 最短5分・1クリックで非破壊CT検査が完了 無償CT撮影キャンペーン実施中

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • 機械加工・HP制作・工作機械買取「NET-WAVE」
  • キーマンインタビュー
  • サイトへのご意見・ご要望をお聞かせください