ドライアイス洗浄で、食品・飲料水関連のタンク内の残留物を除去!
ドライアイス洗浄で、食品・飲料水関連のタンク内の残留物を除去! http://www.ipros.jp/public/product/image/be7/2000083512/IPROS2801000572378729204.jpg 【主な特長】 ○圧縮空気による洗浄 →パウダー状のドライアイスを砂やプラスチックのように洗浄物に吹き付けて汚れを落とす 【洗浄方法】 ○STEP1 →細かいドライアイスを圧縮エアーで吹きつける ○STEP2 →ドライアイスの吹き付けで付着物の表面温度が急激に低下し、 熱収縮によって付着物を脆くする ○STEP 3 →ドライアイスは付着物の隙間に入り込み昇華。その際に750倍の体積膨張が発生し、その力で付着物だけをドライアイスが剥離する 【洗浄例】 ○通電設備の洗浄 ○金属板に付着したワニス ○タイヤの金型に付着したゴムと加流剤 ○製菓金型に付着した焦げ 【ドライアイス洗浄サービスのご案内】 ○出張クリーニング可能 ○取り外し可能なものは、送付、ドライアイス洗浄、返却が可能 ○出張デモやサンプルによるお試しドライアイス洗浄可能 ●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。 大阪コンテナーサービス株式会社 科学・理化学機器 > 洗浄機 > その他洗浄機 - -
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報ドライアイス洗浄で、食品・飲料水関連のタンク内の残留物を除去!

【主な特長】
○圧縮空気による洗浄
→パウダー状のドライアイスを砂やプラスチックのように洗浄物に吹き付けて汚れを落とす

【洗浄方法】
○STEP1
→細かいドライアイスを圧縮エアーで吹きつける
○STEP2
→ドライアイスの吹き付けで付着物の表面温度が急激に低下し、
熱収縮によって付着物を脆くする
○STEP 3
→ドライアイスは付着物の隙間に入り込み昇華。その際に750倍の体積膨張が発生し、その力で付着物だけをドライアイスが剥離する

【洗浄例】
○通電設備の洗浄
○金属板に付着したワニス
○タイヤの金型に付着したゴムと加流剤
○製菓金型に付着した焦げ

【ドライアイス洗浄サービスのご案内】
○出張クリーニング可能
○取り外し可能なものは、送付、ドライアイス洗浄、返却が可能
○出張デモやサンプルによるお試しドライアイス洗浄可能

●詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

価格

-
※詳細はお問い合わせ下さい。

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

-

用途/実績例

詳細はお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

石油・石炭製品、鉄/非鉄金属、産業用機械、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、光学機器、自動車・輸送機器、造船・重機、医療機器、その他製造、その他

カタログドライアイス洗浄で、食品・飲料水関連のタンク内の残留物を除去!

  • 短時間で驚きの洗浄力 ドライアイス洗浄では圧縮空気を使って、粒状又は、パウダー状のドライアイスをサンドブラスト(砂)やビーズブラスト(プラスチック)のように洗浄物に吹き付けて汚れを落とします。詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。
    [PDF:212KB]

取扱会社ドライアイス洗浄で、食品・飲料水関連のタンク内の残留物を除去!

大阪コンテナーサービス株式会社

○コンテナバッグのメンテナンス(洗浄・点検・修理) ○エコ製品、物流関連製品の販売 (Eco Protector、コンテナバッグ、リサイクルパレット、フレックスハウス、エアースタイル、ECO BAGほかの販売)

ドライアイス洗浄で、食品・飲料水関連のタンク内の残留物を除去!へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

大阪コンテナーサービス株式会社

ドライアイス洗浄で、食品・飲料水関連のタンク内の残留物を除去! が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 注文は最小ロット8個からOK「ヒロスギネット」
  • 自社にない技術を発掘! 第8回神戸ものづくり中小企業展示商談会

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー