≪自動車・建材が中心の≫断熱材の伝熱機構と熱伝導率の制御・測定
≪自動車・建材が中心の≫断熱材の伝熱機構と熱伝導率の制御・測定 http://www.ipros.jp/public/product/image/a06/2000087263/IPROS6370429450730742747.jpg 【第1講 講座の趣旨】 断熱材の熱伝導率測定技術の現状と、各種測定法(保護熱板法、熱流計法、非定常熱線法、円筒法、周期加熱法など)の特徴と使用上の注意点について述べる。また、熱伝導率を固体、ふく射、気体に寄与する成分に分離し、その結果から断熱材内部におけるふく射の減衰係数や、内部構造の推定などについて話す。さらに、現在注目を集めているナノ粒子を用いた高性能断熱材について、低熱伝導率と高強度を両立させたメカニズム、および低熱伝導率を活かした使用方法について述べる。 【第3講 講座の趣旨】 断熱材内部の伝熱機構を基礎的事項から紹介する.これらの基礎事項を充てん層のような多孔質断熱材,繊維状断熱材における伝熱機構を例として,断熱材の構造によってどのように考慮する必要があるのか解説を加える.また,断熱材の熱伝導率を積極的に制御するための試みなどを紹介する. 【第4講 講座の趣旨】 ヒートブリッジ、ウレタンフォームの断熱性能経時劣化などの調査を行い、メーカーとして冷凍車に必要な断熱材性能をあきらかにした。 さらに伝熱工学、熱力学理論を基に、スムースな開発を行うための熱逃げ量予測技術を確立した。 株式会社&Tech(AndTech,アンドテック) セミナー・スキルアップ > 技術者向け > 技術セミナー
  • ★熱伝導率からふく射の減衰係数を推定する! ★自動車・住宅のエネルギー効率をあげるためのキーファクターである断熱材の動向解説!
    株式会社&Tech(AndTech,アンドテック)
    講 師


    第1部 ニチアス(株) 研究開発部門 主任研究員 工学博士 ご担当者様
    第2部 (株)プラステコ ご担当者様 
    第3部 富山大学大学院 理工学研究部(工学) 教授 工学博士 平澤良男 氏
    第4部 愛知工業大学 工学部 機械学科 教授 工学博士 谷本 隆一 氏
    (元トヨタ車体 車両実験部 主査)
    対 象 断熱材料の開発に関わるご担当者様、住宅・自動車メーカーの断熱関連技術ご担当者様
    会 場
    川崎市教育文化会館 4F 第3学習室【神奈川・川崎】
    JR 川崎駅 下車 徒歩10~15分、京急線 川崎駅 下車 徒歩10~15分
    日 時
    平成24年2月27日(月) 10:00-16:10
    定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
    聴講料

    【早期割引価格】】1社2名につき56,700円(税込、テキスト費用を含む)
    ※但し2月13日までにお申込いただいたTech-Zone会員に限る。会員登録は無料

    ※2月13日を過ぎると【定価】1社2名につき59,850円(税込、テキスト費用を含む) となります
  • S20227
    S20227

基本情報≪自動車・建材が中心の≫断熱材の伝熱機構と熱伝導率の制御・測定

【第1講 講座の趣旨】
断熱材の熱伝導率測定技術の現状と、各種測定法(保護熱板法、熱流計法、非定常熱線法、円筒法、周期加熱法など)の特徴と使用上の注意点について述べる。また、熱伝導率を固体、ふく射、気体に寄与する成分に分離し、その結果から断熱材内部におけるふく射の減衰係数や、内部構造の推定などについて話す。さらに、現在注目を集めているナノ粒子を用いた高性能断熱材について、低熱伝導率と高強度を両立させたメカニズム、および低熱伝導率を活かした使用方法について述べる。

【第3講 講座の趣旨】
断熱材内部の伝熱機構を基礎的事項から紹介する.これらの基礎事項を充てん層のような多孔質断熱材,繊維状断熱材における伝熱機構を例として,断熱材の構造によってどのように考慮する必要があるのか解説を加える.また,断熱材の熱伝導率を積極的に制御するための試みなどを紹介する.

【第4講 講座の趣旨】
ヒートブリッジ、ウレタンフォームの断熱性能経時劣化などの調査を行い、メーカーとして冷凍車に必要な断熱材性能をあきらかにした。
さらに伝熱工学、熱力学理論を基に、スムースな開発を行うための熱逃げ量予測技術を確立した。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

1万円以上 10万円未満

納期

2・3日

発売日

2012年02月

用途/実績例

第1部 断熱材の熱伝導率測定技術とナノ粒子を用いた断熱材の開発
1.断熱材開発と熱伝導率測定の現状
2.熱伝導率測定方法-原理と実際-
 2-1 保護熱板法、熱流計法、非定常熱線法、円筒法、周期加熱法
 2-2 異なる測定方法の比較
 2-3 試験体の種類にあわせた測定方法の選択
3.熱伝導率から何がわかる
4. ナノ粒子を用いた高性能断熱材
 4-1 内部構造
 4-2 熱的特性:低熱伝導率のメカニズム
 4-3 強度・加工性
 4-4 低熱伝導率を活かす使用方法

第2部 発泡材料による自動車の断熱性向上

第3部 複合材料,機能性材料を用いた断熱材の伝熱機構と材料開発のための提案
2.基本的伝熱機構
3.多孔質断熱材の伝熱機構
4.多層断熱材
5.機能性断熱材に関する考察

第4部 自動車(冷凍車)に求められる断熱性能と材料特性
1.冷凍車の冷えに関する市場調査
2.次期モデルに向けての高断熱冷凍車の開発
 2-1 箱型冷凍車
 2-2 バン型冷凍車

よく使用される業種

飲食料品、繊維、紙・パルプ、化学、石油・石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、木材、セラミックス、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、産業用機械、ロボット、食品機械、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、光学機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機、試験・分析・測定、IT・情報通信、ソフトウェア、CAD/CAM、環境、エネルギー、医療機器、医薬品・バイオ、建築・土木・エンジニアリング、建材・資材・什器、印刷業、製造・加工受託、その他製造、商社・卸売り、小売、電気・ガス・水道業、倉庫・運輸関連業、情報通信業、医療・福祉、教育・研究機関、官公庁、水産・農林業、鉱業、その他

取扱会社≪自動車・建材が中心の≫断熱材の伝熱機構と熱伝導率の制御・測定

■化学・電機・特許・医療機器関連の先端技術開発、規格動向、市場動向、品質を中心にセミナー企画を月に30~40本実施しています。 ■フィルム機能性といった化学系書籍を企画出版しています。 ■化学・電機・医薬・機械の技術開発、生産/品質管理(ヒューマンエラー対策、在庫管理)、事業探索の専門家を企業内研修の講師として派遣しています。  私たちの提案により、日々、新しい技術開発が生まれております。自社にない技術に関する外部の専門家の紹介であればお任せください。弊社実績・取引先・サービスの相談は直接、弊社に電話・メールにてお問い合わせください。 ■お客様の新規顧客開拓を目的としたPRセミナー、あるいは既存顧客の満足度を更に高めるアピールセミナーを企業・団体組織からの相談により、内容提案・集客方法といった素人では難しい企画協力・コンサルティングを行っております。これまで2,30人しか集まらなかった講演会が弊社の企画提案により参加者が5倍増(最大300名の実績もあり)になるなどリピートのお客様が増えております。なお、ひと月に対応できる案件数が決まっているため、お早めにお問い合わせいただけますと幸いでございます。

≪自動車・建材が中心の≫断熱材の伝熱機構と熱伝導率の制御・測定へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社&Tech(AndTech,アンドテック)

≪自動車・建材が中心の≫断熱材の伝熱機構と熱伝導率の制御・測定 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • スマートフォンやモバイル端末を無線で充電 ワイヤレス給電チップセット登場
  • 自社にない技術を発掘! 第8回神戸ものづくり中小企業展示商談会

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー