低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】
低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】 http://www.ipros.jp/public/product/image/8e9/2000095328/IPROS249651838708637265.jpg ※詳細はカタログ請求して頂くか、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。 株式会社東陽 グローバル商品課 製造・加工機械 > マーキング > 刻印機 ADP5090/500
  • 高速刻印を実現した低価格マーキングシステム!鉄鋼、アルミニウム、樹脂などの表面に高速マーキングが可能!
    株式会社東陽
    ADP5090/500は、高速マーキングと低価格を両立したマーキングシステムです。マーキング範囲は50mm×90mmと大きく、鉄鋼、アルミニウム、樹脂など、さまざまな材質の表面にマーキングが可能です。

    【特長】
    ■鉄鋼、アルミニウム、樹脂等、さまざまな材質の表面にマーキングが可能。
    ■ドット刻印で、超高速刻印が可能。
    ■50mm×90mmの広いマーキングエリア内に、自由にマーキングすることが可能。
    ■2次元コードマーキングを標準装備。
    ■DXFファイル等のデータがあれば、会社のロゴもマーキング可能。
    ■コントローラは7インチのタッチパネル式。マーキング内容をプレビューで確認。

    ※詳細はカタログ請求して頂くか、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。
  • 機種名:ADP5090/500
    画像をクリックして拡大イメージを表示
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】

※詳細はカタログ請求して頂くか、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

ADP5090/500

用途/実績例

鉄鋼、アルミニウムもしくは合成樹脂の様なさまざまな材質の表面にマーキング

よく使用される業種

飲食料品、樹脂・プラスチック、鉄/非鉄金属、機械要素・部品、民生用電気機器、産業用電気機器、自動車・輸送機器、航空・宇宙、造船・重機

詳細情報低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】

マーキングコントローラー

PC不要のマーキングコントローラー

マーキングサンプル

アルミニウムへの刻印サンプル

刻印サンプル

アルミ

カタログ低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】

  • 【特長】
    ■鉄鋼、アルミニウムもしくは合成樹脂の様なさまざまな材質の表面にマーキング可能。
    ■ADP5090を操作するためのAC500コントローラーは7インチのタッチパネル式。マーキング内容をプレビューで確認。
    ■刻印のモードをドットもしくはバイブレーション(振動型)で選択でき、超高速刻印が可能。
    ■50mm×90mmの広いマーキングエリア内に、ロゴマークや設定した桁数・サイズの文字を360°どの向きにも自由にマーキングすることが可能。
    ■2次元コードマーキングを標準装備。2次元コードリーダーと併せて使用することで、生産管理、工程管理、品質管理を簡素化できます。
    ■DXFファイル等のデータがあれば、会社のロゴもマーキングできます。
    [PDF:3MB]

取扱会社低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】

株式会社東陽 グローバル商品課

アメリカのテレシス社、イタリアのオートメーター社製の刻印装置、ドットマーキング装置の輸入販売とアフターフォロー。

低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東陽 グローバル商品課

低価格ドットマーキングシステム【高速刻印機】 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す
分類カテゴリから探す

  • アタッチメントが交換できる「塗装用ハンガー」 選定ガイド進呈中
  • Webで頼める!精密プラスチック成形試作

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー