3M■カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠
3M■カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠 http://www.ipros.jp/public/product/image/247/2000137395/IPROS4327634272915321870.JPG コネクタ組合せ ■SDR-SDR Cable Assembly ・PoCL(SDR)Camera - PoCL(SDR)F.G.Board ・mini-CL(SDR)Camera - mini-CL(SDR)F.G.Board ■SDR-MDR Cable Assembly ・PoCL(SDR)Camera - PoCL(MDR)F.G.Board ・mini-CL(SDR)Camera - Camera-link(MDR)F.G.Board ※各種ストレートタイプ、ライトアングルタイプを取り揃えています。 ※ケーブルタイプに標準タイプ、細径タイプ、ロボットタイプがあります。 ※PoCL布線のハーネスはカメラリンクにも適合します。 河野エレクトロニクス株式会社 制御・電機機器 > FA機器 > コネクタ 3M(TM) カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報3M■カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠

コネクタ組合せ
■SDR-SDR Cable Assembly
・PoCL(SDR)Camera - PoCL(SDR)F.G.Board
・mini-CL(SDR)Camera - mini-CL(SDR)F.G.Board

■SDR-MDR Cable Assembly
・PoCL(SDR)Camera - PoCL(MDR)F.G.Board
・mini-CL(SDR)Camera - Camera-link(MDR)F.G.Board

※各種ストレートタイプ、ライトアングルタイプを取り揃えています。
※ケーブルタイプに標準タイプ、細径タイプ、ロボットタイプがあります。
※PoCL布線のハーネスはカメラリンクにも適合します。

価格

※数量によって価格が変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

価格帯

納期

即日
※※(在庫有りの場合)15時迄のご注文は当日発送致します。

発売日

2013年06月

型番・ブランド名

3M(TM) カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠

用途/実績例

製造装置・加工装置・実装機器など、各種画像処理に使用するカメラとフレームグラバー間のインターフェースに

よく使用される業種

産業用機械、ロボット、民生用電気機器、産業用電気機器、電子部品・半導体、医療機器、その他

カタログ3M■カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠

  • ノイズ対策が必須となる産業用ネットワークに最適な
    高い信頼性・堅牢性をもった1重、2重シールドイーサネットケーブル

    【特徴】
    ・CC-Link、FL-Netなどの産業用イーサネットに最適
    ・使用環境によって使い分けられる2種類のシールドタイプ
    ・ラッチ折れ防止プロテクタ付き
    ・環境に優しいLSZH(ロースモークゼロハロゲン)ケーブル
    ・這い回しがしやすい細経ケーブル
    ・幅広い長さバリエーションをラインナップ
    ・最短0.25mから対応

    【くわしくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください】
    [PDF:359KB]

取扱会社3M■カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠

河野エレクトロニクス株式会社

■ コネクタを始めとする各種電気部品の販売   (3M製テープ・接着剤を一部取扱い) ■ 主な取扱いメーカー ・日本モレックス合同会社 ・ヒロセ電機株式会社 ・スリーエム ジャパン株式会社 ・日本航空電子工業株式会社 ・イリソ電子工業株式会社

3M■カメラリンクケーブル PoCL 規格準拠へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

河野エレクトロニクス株式会社


  • Webで頼める!精密プラスチック成形試作
  • 自社にない技術を発掘! 第8回神戸ものづくり中小企業展示商談会

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー