【事例紹介】加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果2006年実績
【事例紹介】加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果2006年実績 http://www.ipros.jp/public/product/image/d47/2000196602/IPROS1380171610915124330.jpg 1. エヌビーエス製ユニフローバルブに変更する 2. ダストシール構造(上下2箇所)を設ける 3. 低トルクメタルシートの開発 4. 駆動部のコンパクト化 ご使用中のバルブから、エヌビーエス製ユニフローバルブに変えていただく事を提案しました。 ユニフローバルブは、非常に高頻度な開閉条件にも問題なく作動し、流体内のダスト等がボディーとシャフトの隙間に入りにくい加工精度で仕上げられ、さらに弁体の上下2箇所にダストシール構造を設けダスト・タール分が入りにくい構造としました。 高温の使用条件で最適な弁機能が発揮できるように熱膨張率を計算の上設計されており温度変化によるシャフトの噛み込み、内部リークもなくなっております。 また既設の設備に取り付けるため、取り付けスペースにも限りがありましたので、新しいシート材料の開発をメーカーに依頼。当初は無理との回答でしたが、何とかできないかと繰り返しお願いしてテストサンプルを製作、開閉試験、リークテストの後製品化。それによりバルブの作動トルクを小さくできる事となり、コンパクトな駆動部(エアーシリンダー)の採用で解決しました。 蒲田工業株式会社 機械部品 > 配管部品 > バルブ
  • 加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果(2006年実績)
    蒲田工業株式会社
    設備の概要
    この切替弁は切替頻度が多く、数十秒に1回行われています。また、排気ガスも非常に高温なためバルブにとってはかなり過酷な使用条件です。従来のバルブ(切替弁)は1〜2年が寿命で作動不良が多発しました。原因は燃料ガス切替弁・排気ガス切り替え弁のボディーとシャフトの隙間にダスト・タール分が入り込み固着してしまうためでした。
    このため生産能率の低下、場合によってはライン停止にもなっていました。また切替弁本体だけで無く駆動部(エアーシリンダー)も故障が発生し作動しなくなる事が多発していました。
    これらの切替弁を定期的に(毎回の修理時に)分解清掃・交換作業を行わなければならないため、この整備費用もかなりの金額になっていました。

    1. ダスト・タール分の噛み込みによるバルブの作動不良
    2. 駆動部(エアーシリンダー)の故障による作動不良
    3. バルブの締切り不良による原材料費のロス
    4. 分解清掃による手間、作業費の負担

基本情報【事例紹介】加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果2006年実績

1. エヌビーエス製ユニフローバルブに変更する
2. ダストシール構造(上下2箇所)を設ける
3. 低トルクメタルシートの開発
4. 駆動部のコンパクト化
ご使用中のバルブから、エヌビーエス製ユニフローバルブに変えていただく事を提案しました。
ユニフローバルブは、非常に高頻度な開閉条件にも問題なく作動し、流体内のダスト等がボディーとシャフトの隙間に入りにくい加工精度で仕上げられ、さらに弁体の上下2箇所にダストシール構造を設けダスト・タール分が入りにくい構造としました。
高温の使用条件で最適な弁機能が発揮できるように熱膨張率を計算の上設計されており温度変化によるシャフトの噛み込み、内部リークもなくなっております。
また既設の設備に取り付けるため、取り付けスペースにも限りがありましたので、新しいシート材料の開発をメーカーに依頼。当初は無理との回答でしたが、何とかできないかと繰り返しお願いしてテストサンプルを製作、開閉試験、リークテストの後製品化。それによりバルブの作動トルクを小さくできる事となり、コンパクトな駆動部(エアーシリンダー)の採用で解決しました。

価格

-
※お問い合わせください

価格帯

納期

発売日

取扱い中

用途/実績例

詳しくはお問い合わせ下さい。

よく使用される業種

鉄/非鉄金属、産業用機械、機械要素・部品

カタログ【事例紹介】加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果2006年実績

  • 設備の概要
    この切替弁は切替頻度が多く、数十秒に1回行われています。また、排気ガスも非常に高温なためバルブにとってはかなり過酷な使用条件です。従来のバルブ(切替弁)は1〜2年が寿命で作動不良が多発しました。原因は燃料ガス切替弁・排気ガス切り替え弁のボディーとシャフトの隙間にダスト・タール分が入り込み固着してしまうためでした。
    このため生産能率の低下、場合によってはライン停止にもなっていました。また切替弁本体だけで無く駆動部(エアーシリンダー)も故障が発生し作動しなくなる事が多発していました。
    これらの切替弁を定期的に(毎回の修理時に)分解清掃・交換作業を行わなければならないため、この整備費用もかなりの金額になっていました。

    1. ダスト・タール分の噛み込みによるバルブの作動不良
    2. 駆動部(エアーシリンダー)の故障による作動不良
    3. バルブの締切り不良による原材料費のロス
    4. 分解清掃による手間、作業費の負担

取扱会社【事例紹介】加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果2006年実績

製造業の大手企業を中心に「お客様のお困り事の解決」を中心に活動しています。 中でも当社の強みであるベルト加工、搬送システム、環境に関する事柄を中心になります。 ■工業用ゴム及び樹脂製品の加工・販売 ■省力機器類の設計・施工、設備の販売 ■クリーンブースの設計・製作・施工

【事例紹介】加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果2006年実績へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

蒲田工業株式会社

【事例紹介】加熱炉切替弁で年間推定数千万円の効果2006年実績 が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • アタッチメントが交換できる「塗装用ハンガー」 選定ガイド進呈中
  • モノと人がつながる世界へ MicrosoftのIoT

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー