ナミックスカートナー(半自動縦型カートニングマシン)
ナミックスカートナー(半自動縦型カートニングマシン) http://www.ipros.jp/data/products/tmp/044771/025/img/namix cartoner cns.jpg 【特徴】 ○ 豊富なバリエーションと多彩なオプションにより  様々な形態のカートンに対応 ○製品投入は人手で行う為、製品の種類を選ばない ○シンプル構造なので型替え作業は短時間で容易 ○コンパクト設計・キャスター付き ○オペレーターは製品を投入をするだけ ○処理能力はオペレーター1人で最大40〜60個/分が可能  (機械仕様、オペレーターの能力によって変動します) ○カラータッチパネルを標準装備。操作操作 ○全てのアクチュエータをデジタルカムスイッチで制御  タッチパネル上でタイミング角度の表示・調整が可能 ○オペレーター主導運転が可能  空箱の発生を防止  機械動作中に機内に手を入れると緊急停止し安全性が高い ●その他機能や詳細については、お問合わせ下さい 株式会社ナミックス 製造・加工機械 > 包装機械 > 箱詰機械 CNSシリーズ -
  • この製品 を
  • Twitterボタン

基本情報ナミックスカートナー(半自動縦型カートニングマシン)

【特徴】
○ 豊富なバリエーションと多彩なオプションにより
 様々な形態のカートンに対応
○製品投入は人手で行う為、製品の種類を選ばない
○シンプル構造なので型替え作業は短時間で容易
○コンパクト設計・キャスター付き
○オペレーターは製品を投入をするだけ
○処理能力はオペレーター1人で最大40〜60個/分が可能
 (機械仕様、オペレーターの能力によって変動します)
○カラータッチパネルを標準装備。操作操作
○全てのアクチュエータをデジタルカムスイッチで制御
 タッチパネル上でタイミング角度の表示・調整が可能
○オペレーター主導運転が可能
 空箱の発生を防止
 機械動作中に機内に手を入れると緊急停止し安全性が高い

●その他機能や詳細については、お問合わせ下さい

価格

-
※仕様により価格が変動しますのでお気軽にご相談下さい。

価格帯

納期


※仕様及び製作状況により納期が異なりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

発売日

取扱い中

型番・ブランド名

CNSシリーズ

用途/実績例

医薬、化粧品、健康食品などの箱詰め作業
人手による煩わしい箱詰め作業の軽減。
大型カートナーの対象にしにくい小ロット製品の箱詰め作業に。

よく使用される業種

紙・パルプ、化学、産業用機械、食品機械、医療機器、医薬品・バイオ、製造・加工受託、その他製造、医療・福祉、その他

ラインナップ

型番 概要
印字検査装置

封緘したカートンに印字、文字検査する装置です。

詳細情報ナミックスカートナー(半自動縦型カートニングマシン)

ホットメルト塗布検出機能

封緘してしまうと確認出来ないホットメルトの塗布長さを封緘直前で検知します。

オペレーター主導運転

エリアセンサの採用により製品を投入し、手を機内より抜かないと動作しないオペレーター主導運転が可能です。これにより空箱の発生を防止することができます。又、機械動作中に機内に手を入れると緊急停止します。

バーコードリーダー

トレーサビリティーや異品種混入防止に。

取扱会社ナミックスカートナー(半自動縦型カートニングマシン)

株式会社ナミックス

「カートナー」、「キャッパー」、「充填機」を主力製品とした産業機械を設計、製造、販売しています。 多品種生産に適合した「使い勝手」がよく、「品種切換が容易」な装置を得意としています。 製薬、化粧品、健康食品業界の他、様々な業界でご使用いただいています。

ナミックスカートナー(半自動縦型カートニングマシン)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ナミックス

ナミックスカートナー(半自動縦型カートニングマシン) が登録されているカテゴリ

開く

分類カテゴリから探す

  • 熱交換器のコスト30%削減!プレート&シェル熱交換器
  • アタッチメントが交換できる「塗装用ハンガー」 選定ガイド進呈中

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー