故障ゼロは当然!OKIの超高品質・ハイエンド型EMSサービス

掲載開始日:2013-08-27 00:00:00.0

沖電気工業株式会社沖電気工業株式会社

日本のものづくりの真髄 故障ゼロは当たり前 世界のどこも真似ができない OKIのハイエンド型EMSサービス

大量生産でコスト競争に対抗するだけがEMSの活用法ではありません。通信や制御機器、医療機器など、絶対的な品質と安全性、信頼性が求められる分野でも製造工程を外部に委託できれば、製品開発に集中でき、競争力の強化につながります。しかしながら、絶対的な品質という高いハードルをクリアする技術力があり、その責任を果たせるEMS事業者は世界中でもほとんどないのがEMSの難しいところです。
そんななか沖電気工業(東京都港区、以下 OKI)のEMS事業本部は、同社の130年のものづくりの歴史と実績を背景に、他社にはできない“超”高品質のEMSを展開し、売上高・顧客数ともに年々拡大しています。そんなEMS事業について清水 光一郎 常務執行役員兼EMS事業本部長に聞きました。

総合カタログ最新版プレゼント

今回紹介する技術と製品

ハイエンド型設計&製造ソリューションサービス Advanced M&EMS

OKIの「Advanced M&EMS」は、OKIが長年培ってきた「ものづくり」のノウハウと技術力をベースに展開する生産受託サービスです。 設計から基板実装、試作、製造、保守までをフルサポート。お客様の設計委託、生産委託など、さまざまなアウトソーシングのニーズに対応します。

この記事で紹介した製品の関連資料がダウンロードできます。

2015年には売上高500億円を目指す!急成長中のOKIのハイエンド型EMS事業

清水 光一郎 常務執行役員兼EMS事業本部長

当社のEMS事業は「Advanced M&EMS(Advanced Mechatronics & Electronics Manufacturing Service)」というサービス名で、一般的なEMS事業者とは一線を画すハイエンド型の設計生産受託サービスを提供しています。Mはメカトロニクスで電子機器だけではなく機構系まで対応する事を表しています。
2002年に事業を開始し、当初は得意分野である情報・通信機器分野がほとんどでしたが、年々、産業機器や計測機器、医療機器など他の分野へも事業拡大し、現在5本目の柱として環境・エコロジーの分野に力を入れています。
2012年度は連結売上高327億円に達し、2015年には500億円を目指そうというステージまで規模が拡大しています。

他社ではできない、やりたがらない仕事をする。故障ゼロは必須条件

130年の実績とノウハウが詰まった
製造工場

当社は創業以来130年以上ものづくりを本業とし、故障やトラブルなどで止まる事が許されないインフラ機器を手がけてきた歴史と実績、そこで培った技術力、各種ノウハウがあります。それを最大限に活かし、お客様の“バーチャルな自社工場”として使っていただこうというのが当社のEMSサービスの特徴です。

モットーは『他社ではできない、やりたがらない仕事を、技術と知恵・工夫で解決する』ことです。他のEMS事業者ではなかなか引き受けたがらない高いレベルの信頼性や安全性を要求される機器や、生産数量やロットも小さく、品種が多いような少量多品種の機器も積極的に受け入れ、サービスを展開しています。

例えば大手EMSはパソコンや携帯電話などを生産していますが、それらを使うユーザーは、もし機器が使用中に壊れても新品に交換すれば、ほとんどの場合は大きな問題になりません。しかしながら当社が生産しているような通信機器や医療機器は少しの故障も許されない、どんな状況であっても正確に動き続けることが大前提です。100個生産したら100個すべてが良品、100%の歩留まりを求められます。

品質に対する責任は他社のEMS事業とは比べ物にならないほど重く、逆に当社はその責任を果たせるだけの設備と技術者、生産ノウハウ、改善手法とその仕組みなどソフト・ハードの両面が揃っているのが強みです。

現場の技術と知恵で、品質と低コストは両立できる!お客様のバーチャルな自社工場へ

現場スタッフによる活発なQC活動

日本国内の製造業は10年前と比べて大きく縮小し、厳しい環境下におかれています。これが以前のように戻るかと問われたら非常に難しいと言わざるを得ません。しかしながら、新しい製品・技術を生み出していくためには必ず国内に製造現場が必要であり、技術と知恵をフル活用すれば「日本品質」と「低コスト」の両立は実現できると考えています。

例えば、はんだ付け品質は電子機器にとって故障や不良に直接関わる重要な要素です。これまではんだ付けの品質検査は、人による目視検査に頼らざるを得ない部分があり、多くの時間をかけて品質保証をしておりました。これを現場の知恵により、X線検査装置を活用した新しい検査技術を独自に開発し、大幅な作業時間の短縮と品質向上を実現いたしました。人件費が海外よりも高くても、作業時間を減らせば十分に対抗できる余地があります。これらを積み重ねることで新しい日本のものづくりができると考えています。

当社はこれからも、情報通信や電力、交通といった社会インフラや医療機器など国内に市場があるもの、産業機械や計測機器など海外市場で高品質・高信頼性が求められるものなど、高い品質と安全性、信頼性が求められる製品に対して、現場の力で新しい技術に挑戦していきます。お客様のコア技術を当社のEMS技術で支え、お客様の企業力の強化に貢献したいと思っています。

この記事で紹介した製品の関連資料がダウンロードできます。

取扱会社

沖電気工業株式会社

電子通信・情報処理・ソフトウェアの製造・販売およびこれらに関するシステムの構築・ソリューションの提供、工事・保守およびその他サービスなど

故障ゼロは当然!OKIの超高品質・ハイエンド型EMSサービスへのお問い合わせ

[必須] ご要望

[必須] 動機

お問い合わせ内容(400文字以内)

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

沖電気工業株式会社


キーマンインタビュー