真夏の倉庫に風が吹き抜ける。熱中症対策に最適なシーリングファン

掲載開始日:2017-03-13 00:00:00.0

真夏の倉庫に風が吹き抜ける。熱中症対策に最適なシーリングファン

 高温で過酷な環境となる真夏の工場や倉庫。対策したいと思っても、大空間の施設全体に冷暖房設備を導入するのはコスト的にも現実的ではありません。現場環境の改善に頭を抱えていませんか?ジャロックが取扱う大風量低速回転大型(HVLS)ファン『Revolution Fan(リボリューションファン)』なら大空間に風を行きわたらせ、体感温度を最高5℃低下させることができます。さらに、ランニングコストは1日300円程度。熱中症対策の救世主として世界中で導入が進んでいます。今回はそんなリボリューションファンについて、話を聞きました。

今回紹介する技術と製品

大風量低速回転大型(HVLS)ファン
『リボリューションファン』

大風量を空間全体に届け、体感温度を最高5℃引き下げる『リボリューションファン』。直径最大7メートルのファンで大容量の空気を循環させ、1台で約2000m2の空間をカバーします。夏・冬の倉庫・工場の作業環境を改善し、冷房コストの削減に貢献します。ただいま、製品の導入事例集をプレゼント中です!

この記事で紹介した製品の関連資料がダウンロードできます。

現場改善の救世主として、世界で20,000台の実績

営業本部 松本 悠 氏

営業本部 松本 悠 氏

 今年、創業から54年目を迎える当社は、倉庫・工場内のラック、昇降機、カートなど物流機器全般の製造・販売を中心に事業を展開してきました。単に既製品を売るだけではなく、お客様が求めるものを形にする物流創造企業として、現場改善にかかわる様々な製品を取扱っています。

 50,412。この数字が何を示しているかお分かりでしょうか?総務省発表の平成28年5月から9月までの日本全国における熱中症による救急搬送者の数です。夏場、高温多湿となる日本において、熱中症は社会問題として毎年話題にのぼります。また、作業者の労働環境向上やコンプライアンスが叫ばれる昨今の状況を反映し、年々「現場改善」ニーズは高まっており、熱中症対策も企業の重要課題のひとつとなっています。

 このような市場のニーズを受けて、当社では1台で大空間に風を送り込むことができる『Revolution Fan(リボリューションファン)』を提案しています。この製品は現場改善の救世主として、アメリカをはじめとした全世界ですでに20,000台以上の納入実績があります。 

1台で2000m2をカバー!8時間運転で電気代はたったの300円。

リボリューションファン(動画)

 リボリューションファンは、HVLS(大風量低速回転)大型ファンと呼ばれるもので、ブレード(羽根)を低速で回転させることにより、やさしい風の循環を作り出します。航空機の翼に似た形状のブレードは、流体力学を応用した設計です。このブレードの上下を通る空気に気圧差が生じ「揚力の反作用」によって気流を生み出します。これにより、空気抵抗を抑え、より少ない電力で大容量の風を循環させることができるのです。

 風量は従来型の扇風機50台分に相当します。そのカバー範囲は2000m2以上です。1台で1防火区画(約1500m2)を賄える計算となっています。加えて、リボリューションファンの消費電力は最大風量で使用した場合でも1700W。これはヘアドライヤー1台分と同等です。1日8時間、最大風量で使用した場合でも電気代は300円程度に抑えられます。仮に冷暖房で同等の空調範囲をカバーしようとすれば、電気代は数十万円を超えてしまいます。物流センターや工場など、何千m2という空間に冷暖房設備だけをつけるのは現実的ではありません。費用対効果という面から考えてもリボリューションファンは賢い選択と言えるでしょう。

 もちろん、冷暖房と併用すれば空調をかけすぎることもなく、空間の熱溜まりや冷気溜まりといった温度ムラもなくなるため、少ない電力で更なる相乗効果も期待できます。つまり、抜群の省エネルギーを実現できるのです。 

「設置したら、もう手放せない」導入企業から喜びの声

リボリューションファンを導入したキリン岡山工場(左)とMFLP日野(右)

リボリューションファンを導入したMFLP日野(左)とキリン岡山工場(右)

 風を生み出すことの最大の効果は、気化熱を生じさせ体感温度を最大5℃引き下げることができる点です。リボリューションファンは室温を下げることはありませんが、体感温度を下げることで、熱中症対策や現場の作業効率向上に役立ちます。

 また、風の循環は副次的なメリットも生み出します。風を循環させることにより、室内の温度ムラをなくし、結露の発生を抑えます。結露の防止は、カビや錆から大切な商品を守ることにもつながります。

 日本では、飲料メーカーであるキリンビール岡山工場様、倉庫業を営むMFLP日野様など、様々な業態の企業様に採用頂いています。昨年の夏などは毎日お問合せの電話が鳴り響き、工事部門も大忙しでした。導入当初は(正直…半信半疑だった)という現場の方からも、「使ってみたら、もう手放せない!」という喜びの声を頂いています。また、熱中症対策として設置頂いたリボリューションファンの静音性、省エネルギー性など副次的な効果にも驚かれ、追加設置のご検討を頂いているお客様も多くいらっしゃいます。新規のお客様だけでなく、リピートのお客様が多いのもこの製品の特長です。

各地の倉庫・工場で見学会を実施。
「風で変わる現場」を、まずは体感してほしい

営業本部 松本氏(左)と齊藤氏(右)

営業本部 松本氏(左)と齊藤氏(右)

 リボリューションファンのニーズは、間違いなく高まってきているのを感じます。当社では、リボリューションファンを導入している工場や倉庫の見学会を日本各地で実施しています。まず現場を体感して頂ければ、効果を実感すること間違いありません。おかげさまで、このインタビューを受けている2月の段階でも多数のお問合せを頂いています。

 お客様のさらなる要望に応えるため、新たに人員を確保し社内の組織化も進めています。また、当社のポリシーとして末永くお使い頂けるよう全国対応可能なメンテナンス体制も整えています。

 一人でも多くのお客様に、風が現場を変える瞬間を体感して頂きたい。それが全社員の願いでもあります。今年も全社を挙げて「風で変わる現場」の創造に取り組んで参ります。
 一部報道によれば、今年の夏も猛暑日が続くそうです。熱中症もより多くなる事が予想されます。現場環境の改善でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事で紹介した製品の関連資料がダウンロードできます。

  • Twitterボタン

取扱会社

株式会社ジャロック

以下の製品群の製作・販売をしております。 ・保管機器・・・業務用ラック ・搬送機器・・・搬送機器 ・昇降機器・・・業務用リフト、エレベーター ・荷役機器・・・駐車場設備 ■関連会社 株式会社 ジャロック・エンジニアリング・サービス  ・物流システムラインのレイアウト、企画・開発・設計・販売  ・物流システム機器の企画・開発・設計及びメンテナンス  ・自動省力化精密機器の企画・開発・設計及びメンテナンス  ・コンピュータソフトウエアの企画・開発・設計・販売  ・照明設備と電気設備の企画・開発・設計・販売  ・カイゼン支援の企画・販売  ・TPSに基づく製造・物流現場における原価低減改善活動支援 南京ジャロック有限公司  ・各種工業用保管棚の設計・製造  ・各種物流システム機器の設計・製造  ・物流システム機器の中国国内販売及びメンテナンス  ・搬送荷役機器及び自動省力化精密機器の設計・製造  ・建築物の設計、中国国内施工・監理

ジャロック『真夏の倉庫に風が吹き抜ける。熱中症対策に最適なシーリングファン』へのお問い合わせ

[必須] ご要望

[必須] 動機

お問い合わせ内容(400文字以内)

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方はじめてイプロスをご利用の方

イプロス会員になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。

イプロス会員の方

メールアドレス
パスワード

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ジャロック


  • イノベーション・ジャパン2017~大学見本市&ビジネスマッチング~
  • ゴムワッシャー大増量!ピンヘッダー・ローレットツマミなど全78,000アイテム収録!総合カタログ進呈中

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。