株式会社プロパティ ロゴ株式会社プロパティ

最終更新日:2011/11/28

  • 製品カタログ
  •  

スタンダード先行技術調査(審査系) 公知(無効)資料調査サービス

基本情報スタンダード先行技術調査(審査系) 公知(無効)資料調査サービス

スタンダード先行技術調査(審査系) 公知(無効)資料調査サービス

プロパティ社が取扱う
スタンダード先行技術調査(審査系)
公知(無効)資料調査サービスのご紹介です

【特徴】
○単に請求範囲の請求項の記載の、全体や要点を取扱うだけでなく
 構成要件を解析して、対象の技術の構成に対して
 新規性・進歩性を判断できる程度の資料の抽出が可能
○調査時点での請求範囲の記載文言だけでなく
 先行技術の提示による、調査対象の補正の可能性を推定することなども
 重要なポイントとなるため、明細書中に説明されている記載を
 どのように参酌して請求範囲を解析するかも重視
○調査手法
 ・請求範囲の解析
 ・詳細な説明を参酌した上での調査観点の確定
 ・各観点に基づく調査の実施
 ・新規性、進歩性に関する資料の抽出
 ・上記資料の総合的な解析

●その他機能や詳細については、カタログダウンロード下さい。

知的資産経営評価サービス

知的資産経営評価サービス 製品画像

知的資産経営とは、企業が自ら保有する、見えざる知的資産を認識し、それを管理・活用して中期的に持続的な利益を確保する経営です。企業が勝ち残っていくためには、差別化による競争優位の源泉を確保することが必要ですが、特に大きなコストをかけなくても身の回りにある「知的資産(見えざる資産)」を活用することによって、他社との差別化を継続的に実現することができ、 ひいては経営の質や企業価値を高めることができます。 これらを具体的に進めるには、「知的資産経営報告書」を作成することが第一歩と言われています。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 1ヶ月以内

スタンダード先行技術調査(審査系) 公知(無効)資料調査サービス

スタンダード先行技術調査(審査系) 公知(無効)資料調査サービス 製品画像

プロパティ社が取扱う
スタンダード先行技術調査(審査系)
公知(無効)資料調査サービスのご紹介です

【特徴】
○単に請求範囲の請求項の記載の、全体や要点を取扱うだけでなく
 構成要件を解析して、対象の技術の構成に対して
 新規性・進歩性を判断できる程度の資料の抽出が可能
○調査時点での請求範囲の記載文言だけでなく
 先行技術の提示による、調査対象の補正の可能性を推定することなども
 重要なポイントとなるため、明細書中に説明されている記載を
 どのように参酌して請求範囲を解析するかも重視
○調査手法
 ・請求範囲の解析
 ・詳細な説明を参酌した上での調査観点の確定
 ・各観点に基づく調査の実施
 ・新規性、進歩性に関する資料の抽出
 ・上記資料の総合的な解析

●その他機能や詳細については、カタログダウンロード下さい。 (詳細を見る

取扱会社 スタンダード先行技術調査(審査系) 公知(無効)資料調査サービス

株式会社プロパティ

特許・商標等の工業所有権の調査 コンサルティング業務 ドキュメントデリバリー データベース作成・データマイニング 技術翻訳・特許翻訳・外国企業との取引支援

スタンダード先行技術調査(審査系) 公知(無効)資料調査サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社プロパティ


キーマンインタビュー