鍋清株式会社の会社ロゴ画像です鍋清株式会社

最終更新日:2012-07-31 14:39:00.0

  • 製品カタログ
  •  

安全柵・安全カバーカタログ NABE SAFETY

  • このカタログを
  • Twitterボタン

基本情報安全柵・安全カバーカタログ NABE SAFETY

1

安全カバー、収納庫、作業台、作業棚、など錆びなくて軽い美しい制作が可能でトータルコディネートでより安全性の高い演出が可能です。

≪あらゆるSafetyシーンに対応!≫

【特 長】
◆柔軟なレイアウト設計が可能
様々な寸法のパネル・扉・天井部分の組合せで自由自在にレイアウト。天井部分の組み合わせ可能です。

◆取付け工事が簡単
色々なパターンの安全柵が連携プレートにより、簡単で確実に取り付けができます。又、より安全を確認する安全カバーも簡単に装着できます。

◆パネル・窓・扉、組み合わせも自由
カバーには樹脂・強化ガラス・アルミ板・鉄板・エキスパンドメタル・溶接網など幅広く対応できます。

◆高剛性かつ低価格
システム化することにより軽くて高剛性な部材の開発、流通などの低コストを可能にしました。

◆環境対策でリサイクルが可能
設置したパネルを簡単に取り外し、再設置可能。フレームがアルミ材ですので再利用でき、環境問題にも対応しています。

◆高品質で高い安全性
国際基準としての基本安全規格ISO12100が発行され、ロボット機械や装置類はこの規格に沿ったフェンスでガードするなど安全方策が必要になりました。産業用機械を使用する皆様に高度な「安全」をご提供するために、厳しい安全規格を満たした製品です。

アルミフレーム 安全柵・安全カバー(クリーンルーム対応可)

安全柵・安全カバー(スタンダード用・クリーンルーム用)の製品画像です

アルミフレームで作る安全柵・安全カバー・クリーンルーム
オリジナルアルミフレームで安全柵、安全カバーを客様のご要望通りに製作します。

【アルミフレーム安全柵・安全カバーの特長】

◆柔軟なレイアウト設計が可能な安全柵
様々な寸法のパネル・扉・天井部分の組合せで自由自在にレイアウト。

◆取付け工事が簡単
色々なパターンの安全柵が連携プレートにより、簡単で確実に取り付けができます。

◆パネル・窓・扉、組み合わせも自由
カバーには樹脂・強化ガラス・アルミ板・鉄板・エキスパンドメタル・溶接網など幅広く対応できます。

◆環境対策でリサイクルが可能
設置したパネルを簡単に取り外し、再設置可能。フレームがアルミ材ですので再利用でき、環境問題にも対応しています。

【用途により2種類をご用意】
■スタンダード用
工場内の製造ラインや、危険な機械と分離する安全柵に最適。
レーザー光や溶接光などを透過しないしかも透視可能なペット材も用意しています。

■クリーンルーム用
防塵・防音・防臭効果などが必要なクリーンルームへの対応に最適。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 1ヶ月以内

取扱会社 安全柵・安全カバーカタログ NABE SAFETY

鍋清株式会社

□ 各種ベアリング(NTN、NMB他)、付属品販売、直動機器(リニアガイド・ボールねじ・リニアアクチュエーター・ABBA・CPC台湾製品代理店)、シャフト(Nabeシャフト)、樹脂ベアリング、パーツフィーダー、インバータ、ACサーボモータ、汎用モータ、各種減速機、産業用ロボット、産業機械関連用品一式販売。 □エンジン洗浄用機器の販売、自動車用・工業用潤滑油の販売。 □アルミフレームカバー・アルミ安全柵の設計、製作、据付 □ベアリングassy、樹脂assy商品製作

安全柵・安全カバーカタログ NABE SAFETYへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

鍋清株式会社


  • 下水道、配水管用止水プラグ 様々な形状・管径に対応
  • スペーサー・ピンヘッダーなど機構部品全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー