株式会社マツシマ メジャテックの会社ロゴ画像です株式会社マツシマメジャテック国内営業部

最終更新日:2016-07-08 16:30:36.0

  • 製品カタログ
  •  
  •  

非常引綱スイッチ

基本情報非常引綱スイッチ

ベルトコンベヤなどで事故を未然に防ぐ為、現場で確実に停止させて事を目的とした安全スイッチです。

非常引綱スイッチは、ベルトコンベアなどで事故が発生したときに緊急停止させるためのスイッチです。コンベアの側面に設置する非常引綱スイッチは、引綱をコンベアに沿って取り付けますから、任意の位置で非常停止スイッチを作動させることができます。この非常引綱スイッチは、労働安全衛生規制によってベルトコンベアに設置することが義務付けられています。



【特徴】
●引綱張力が大きく耐久性のある大形スイッチです。
●両方向から操作できる二方向操作式です。
●停止用と警報用の2接点を内蔵しています。
●動作表示板も製作します。
●工場耐圧防爆形、粉塵防爆形も製作します。

※詳細は、カタログをダウンロードするかお問い合わせください。

非常引綱スイッチ

非常引綱スイッチの製品画像です

非常引綱スイッチは、ベルトコンベアなどで事故が発生したときに緊急停止させるためのスイッチです。コンベアの側面に設置する非常引綱スイッチは、引綱をコンベアに沿って取り付けますから、任意の位置で非常停止スイッチを作動させることができます。この非常引綱スイッチは、労働安全衛生規制によってベルトコンベアに設置することが義務付けられています。



【特徴】
●引綱張力が大きく耐久性のある大形スイッチです。
●両方向から操作できる二方向操作式です。
●停止用と警報用の2接点を内蔵しています。
●動作表示板も製作します。
●工場耐圧防爆形、粉塵防爆形も製作します。

※詳細は、カタログをダウンロードするかお問い合わせください。 (詳細を見る

【本質安全防爆形】レーダー式マイクロ波レベル計

レーダー式マイクロ波レベル計は、これまで培ってきた粉体計測技術や経験を独自の信号処理技術に集約して開発された「Made in Japan」のレベル計です。そのレーダー式マイクロ波レベル計に防爆タイプをラインアップ。火力発電、石油・化学工場、薬品工場など防爆規格が必要な現場において安心してレーダー式マイクロ波レベル計がご使用頂けます。

【特長】
■火力発電、石油・化学工場、薬品工場などの現場において使用可能。
■国内防爆規格TIISを取得した、国産のレーダー式マイクロ波レベル計。
■完全国産化を実現!徹底した品質管理の下、最短納期で納品。
■コンパクトなシステムで安定したレベル計測を実現。

…‥‥【テスト機無料貸出中】‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥
●テスト機をご希望の方はお問い合わせより「テスト機希望」と記載の上
 お問い合わせ下さい。 ※先着順に受けつけます。
●製品詳細はカタログをダウンロード頂くか直接お問い合わせ下さい。
・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……‥‥・‥‥……

※詳細は資料請求して頂くかダウンロードからPDFデータをご覧下さい。 (詳細を見る

取扱会社 非常引綱スイッチ

株式会社マツシマメジャテック 国内営業部

○粉体用各種レベル計(マイクロ波、超音波、サウンジング) ○液体用各種レベル計(マイクロ波、超音波) ○粉塵濃度計(ダストモニタ) ○各種レベルスイッチ(バリアスイッチ、満量スイッチ、導電式レベルスイッチ) ○各種粉体測定機器(フロースイッチ、フローモニタ) ○ダンパアクチュエータ ○コンベヤ周辺保護機器 ○制御機器  など

非常引綱スイッチへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社マツシマメジャテック 国内営業部

非常引綱スイッチ が登録されているカテゴリ

開く


  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット
  • 期間限定SALE開催中!確かな品質をお求めやすい価格で 産業部品・計測器を41000点ラインナップ

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー