株式会社ウェーブフロント ロゴ株式会社ウェーブフロント

最終更新日:2018-10-03 15:45:47.0

  • 製品カタログ
  •  

回路網型熱流体解析ソフトウェア『SINDA/FLUINT』

基本情報回路網型熱流体解析ソフトウェア『SINDA/FLUINT』

NASAで開発され、C&R TECHNOLOGIES社により改良が進められている熱および流体回路網型熱流体解析ソフトウェアです。

SINDA/FLUINTThermalDesktopは、設計者が簡単に使え、
システムレベルでの定常・非定常シミュレーションを短時間で繰り返し行うためのエンジニアリングツールです。

【特徴】
■ 二相流への対応 :スリップ・モデル、沸騰、蒸発の潜熱移動を伴う相変化を考慮可能です。Lockhart-Martinelli 相関等の流動様式図を内蔵しています。
■ 圧縮性への対応:chokingやwater-hammer等の圧縮性を考慮した解析が可能です。
■ FEMモデルとの相互マッピング:NASTRAN、ANSYS等のFEMモデルを全体システムモデルに組込み、計算結果をFEMモデルにマッピングします。
・FEMのメッシュ形状を用いて有効体積を換算し、等価回路の
1)熱的インピーダンス(熱伝達係数、熱伝導係数、熱容量
2)流力係数(圧損係数)
  等の集中定数を内部で計算します。
・回路網計算の結果をFEMメッシュへマッピング(NASTRAN、ANSYSに対応)できます。
■ 熱輻射:RadCAD(オプション)で形態係数を計算し、シームレスな処理が可能です。

回路網型熱流体解析ソフトウェア『SINDA/FLUINT』

回路網型熱流体解析ソフトウェア『SINDA/FLUINT』 製品画像

SINAD/FLUINTは、NASAで開発され、C&R TECHNOLOGIES社により 改良が進められている流路網型(FNM)熱流体解析ソフトウェアです。

SINDA/FLUINTは、石油・ガス・化学・原子力プラント等の多くの熱流体機器を含む複雑な配管系統及び自動車の油圧システム、空調システム等の複雑なシステムを1次元の流路網を使用してモデル化します。

そして、定常状態の流動特性から相変化や圧力脈動を含む高速な過渡現象までを短時間でシミュレーションするエンジニアリングソフトウェアです。

また、流路内の圧力、温度、流速に加えて、流路に付属する構造物の3次元温度分布を、 必要であれば熱輻射を考慮して、熱伝導解析用のメッシュ(NASTRANフォーマット等)上で、同時に計算することが可能です。

SINDA/FLUINT、ThermalDesktop、SinapsPlusは、設計者が簡単に使え、システムレベルでの定常・非定常シミュレーションを短時間で繰り返し行うためのエンジニアリングツールです。
 (詳細を見る

価格帯 お問い合わせください 納期 1週間以内

取扱会社 回路網型熱流体解析ソフトウェア『SINDA/FLUINT』

株式会社ウェーブフロント

株式会社ウェーブフロントの企業理念は、 日本の製造業における研究開発~設計~製造~メンテナンスまでのプロセスをシミュレーションという観点からサポートし、 企業活動の高度化・効率化に寄与することです。 弊社ではこの企業理念の下、 CAEと設備資産管理、 信頼性に関するソリューションを提供しています。 CAEの分野では流体解析からマルチフィジックス解析まで各種シミュレーションソフトウェアと これに関連するプリプロセッサ・ポストプロセッサを、設備資産管理の分野では、各種の装置・設備のメンテナンス管理ソフトウェアを、機能安全・信頼性の分野では故障率のコンサルティングからツールの提供まで一貫したサービスを行っています。

回路網型熱流体解析ソフトウェア『SINDA/FLUINT』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ウェーブフロント

回路網型熱流体解析ソフトウェア『SINDA/FLUINT』 が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー