マツダ株式会社の会社ロゴ画像ですマツダ株式会社

最終更新日:2014-09-05 11:33:33.0

  • 技術資料・事例集
  •  
  •  

冷間圧造加工の特長&製作事例

  • このカタログを
  • Twitterボタン

基本情報冷間圧造加工の特長&製作事例

製品サンプル進呈中!高精度&低コストの加工技術、冷間圧造加工

「冷間圧造」は素材を加熱せずにそのまま塑性することにより、熱による歪みや切削による材料ロス、加工精度のバラツキなどを防げる加工技術です!

【全日本製造業コマ大戦2012年・近畿場所で優勝の技術】

【特長】
◆熱による歪みがなく、加工精度が高い
◆材料ロスが少なく、加工スピードも早く、均一な製品を作れる
 ⇒試作~量産までの対応が可能

【詳しくはカタログダウンロードまたはお気軽にお問い合わせください】

圧造製品サンプルプレゼント

冷間圧造加工は、パーツフォーマーと呼ばれるプレス機械圧縮成型で様々な形状の加工を実現します。今なら先着20名様に冷間圧造した圧造製品サンプルをプレゼント致します。是非この機会にお申し込みされてはいかがでしょうか? (詳細を見る

冷間圧造加工の技術紹介&加工事例

「冷間圧造」は素材を加熱せずにそのまま塑性することにより、熱による歪みや切削による材料ロス、加工精度のバラツキなどを防げる加工技術です!

【全日本製造業コマ大戦2012年・近畿場所で優勝の技術】

【特長】
◆熱による歪みがなく、加工精度が高い
◆材料ロスが少なく、加工スピードも早く、均一な製品を作れる
◆試作~量産までの対応が可能な技術

【全日本製造業 世界コマ大戦に出展します!】
◆日時:2015/2/15 ◆場所:大さん橋ホール
◆出展商品:ミクロン精度で作られたメタル製ブロック「メタロック」

【詳しくはカタログダウンロードまたはお気軽にお問い合わせください】
     ↓ ↓ ↓            ↓ ↓ ↓ (詳細を見る

冷間圧造で造る金属部品【試作・開発向けの少ロット対応も可能!】

「冷間圧造」は、熱による歪みや切削による材料ロス、加工精度のバラツキなどを防げる加工技術です。コストメリットが出るため、自動車・自動車部品業界では、スタンダードな加工方法となりました。
パンチプレスでは打抜くのが困難で、冷間圧造では匠の技術が必要となる5mm厚の金具の制作も可能です。スペーサーやカラー、ブッシュ等のインサート金具に最適です。

【特長】
■熱による歪みがなく、加工精度が高い
■材料ロスが少なく、加工スピードも早く、均一な製品を作れる
■試作~量産までの対応が可能な技術
■絞り金型の5割のコストで金型の制作が可能

※各種カタログは、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。 (詳細を見る

難削材の5軸マシニングセンタ加工【少ロットの試作・開発に最適!】

「難材の5軸マシニングセンタ加工」は、自動車業界で培ったマツダ株式会社のノウハウを最大限活かし、公差5μm以下の高精度を実現する加工技術です。アルミやチタン、ハイステロイ、炭素繊維など、通常では加工が困難な難材の加工を得意としています。
ロット数も1個からと少ロット対応が可能で、最短の納期も3日からと超短納期のため、試作・開発に最適です。

【特長】
■公差5μm以下の高精度を実現
■難削材の加工が可能(チタン、ハステロイ、炭素繊維、アルミなど)
■最短納期3日の超短納期で製作が可能
■少ロット対応が可能なため、試作・開発に最適

※各種カタログは、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。
※納期は状況により前後することがあります。まずは、お問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 冷間圧造加工の特長&製作事例

マツダ株式会社

冷間圧造部品の製造・販売

冷間圧造加工の特長&製作事例へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

マツダ株式会社

冷間圧造加工の特長&製作事例 が登録されているカテゴリ

開く


  • レンタル計測器の総合カタログプレゼント 全416ページ 2000機種以上掲載
  • Wi-SUN対応 無線モジュール 新たに2種類が登場!

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー