アイディールブレーン株式会社 ロゴアイディールブレーン株式会社

最終更新日:2021/04/12

  •  
  •  

ミューソレーター|サーバーラック向け免震装置

基本情報ミューソレーター|サーバーラック向け免震装置

敷き詰めるだけの免震システム|必要な部分だけ設置|撤去・転用も簡単

ミューソレーターはシンプルな免震装置です。装置単体や特定エリアなど必要な部分だけを免震にすることができるため、設置場所、コスト、工期といった様々な制約をクリアします。厚さわずか3mmととても薄く設置前と変わらない空間・環境を維持します。どんな大地震の揺れも100gal以下に低減し、装置の転倒や破損を防ぎます。

【ミューソレーターの特長】
・装置単体や特定エリアなど必要な部分だけを免震化
・施設の稼働に支障のない短時間施工
・厚さわずか3mmで自由な台車の乗降が可能
・どんな大地震の揺れも100gal以下に低減

厚さわずか3ミリの免震装置|ミューソレーター

厚さわずか3ミリの免震装置|ミューソレーター 製品画像

ミューソレーターはシンプルな免震装置です。装置単体や特定エリアなど必要な部分だけを免震にすることができるため、設置場所、コスト、工期といった様々な制約をクリアします。厚さわずか3mmととても薄く設置前と変わらない空間・環境を維持します。どんな大地震の揺れも100gal以下に低減(上下動・パルス応答を除く)し、装置の転倒や破損を防ぎます。
コンピューターサーバー、工場ライン、倉庫、医療機関、文化財など用途は多岐に渡ります。
国内海外の多数の運用実績に基づいて、ご利用環境に最適なプランをご提案いたします。

【ミューソレーターの特長】
・装置単体や特定エリアなど必要な部分だけを免震化
・施設の稼働に支障のない短時間施工
・厚さわずか3mmで自由な台車の乗降が可能
・どんな大地震の揺れも100gal以下に低減(上下動・パルス応答を除く) (詳細を見る

【サーバーラック向け】免震装置『ミューソレーター』

【サーバーラック向け】免震装置『ミューソレーター』 製品画像

『ミューソレーター』は、シンプルな免震装置です。

必要な部分だけを免震にすることができるため、設置場所、コスト、
工期といったさまざまな制約条件をクリアし、床の平面精度が多少
悪くても、柔軟に対応できます。

「平時は動かず、大地震時(震度5弱以上)の時だけ免震効果を発揮する」
という、一見相反するユーザーの要望を実現しました。

【特長】
■厚さ5mm、工事不要、撤去転用が可能
■普段は動き過ぎない好適な摩擦係数(10%)
■想定外の揺れにも安心なフェールセーフ設計

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

薄型免震装置『ミューソレーター』

薄型免震装置『ミューソレーター』 製品画像

『ミューソレーター』は、2種類のシートで構成されたシンプルな免震装置です。

大地震に相当する揺れも100gal以下に低減する優れた免震性能を有し、
装置単体や特定エリアなど必要な部分だけに設置可能。

厚さわずか3ミリと非常に薄く、設置前と変わらない空間・環境を維持でき、
サーバールームや倉庫・工場、医療機関、美術館・博物館など幅広い用途で活躍します。

【特長】
■必要箇所だけを免震化できるためコストを抑えた導入が可能
■短期間で施工でき、撤去・移設も簡単
■非常に薄いため、台車の乗降もスムーズ
■利用環境に応じたプランをご用意

※詳しくはPDF資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

取扱会社 ミューソレーター|サーバーラック向け免震装置

アイディールブレーン株式会社

1 建築物の免震・制震工法の研究開発及びその装置の製造・販売 2 鉄骨、接合ボルト等建築構造用資材・部品の研究開発、製造、販売 3 建築に関する構造解析の受託 4 建築工法の研究開発及びそのコンサルタント業務 5 建築の設計・管理・施工管理 6 上記に付帯する一切の事業

ミューソレーター|サーバーラック向け免震装置へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

アイディールブレーン株式会社


キーマンインタビュー