株式会社コーテック ロゴ株式会社コーテック

最終更新日:2019-01-31 10:30:05.0

  • 製品カタログ
  •  
  •  

搬送台車

基本情報搬送台車

この台車は、製品・半製品の工場内での移動、搬入・搬出、工場の棟間での移動、浜出し等に広く使用されています。

移動される重量物の構造・形体、使用場所、使用上の要求にあわせて、エアキャスターを組み込んだ台車を設計・製作します。搬送台車は、重量物をエアキャスターにより浮上させ、エアモータによる駆動装置により、自在な運動と正確な位置決めが可能な様に設計された移動用の台車です。詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードしてください。

重量物移動用台車 搬送台車

重量物移動用台車 搬送台車 製品画像

移動される重量物の構造・形体、使用場所、使用上の要求にあわせて、エアキャスターを組み込んだ台車を設計・製作します。搬送台車は、重量物をエアキャスターにより浮上させ、エアモータによる駆動装置により、自在な運動と正確な位置決めが可能な様に設計された移動用の台車です。 (詳細を見る

パワーカートH(PCH)

パワーカートH(PCH) 製品画像

PCHは、安全、確実、簡単、低コストかつ高性能のバッテリーを動力とした画期的な駆動装置です。

人手で動かすには重い2トン以下の車輪付き台車に簡単に結合して、女性、高齢者でも自由自在に台車を操縦できます。

電気、機械、食品、倉庫等々あらゆる産業界の屋内での物品の輸送に広く使われる台車を力なしで自由に高速で動かします。

高速移動、半速移動、手動移動が選択でき、押し・引き・旋回の操縦性は直感的で非常に使いやすい。

コンパクトなサイズで駆動方向を180°以上回転可能で、狭いスペースで抜群の操縦性を発揮します。

小さなアタッチメントを台車の任意の高さに取付けるだけで、PCHを台車は結合でき、結合後、油圧ジャッキで台車の一端に持ち上げ力を加え、台車車輪に接地圧を発生させます。車輪を完全に地面から持ち上げることもできます。

後進時に操縦者が障害物との間に挟まれないようにするボタン、緊急停止ボタン、パーキングブレーキ、警報音等安全装置等が完備されています。

 (詳細を見る

電動アシスト装置

電動アシスト装置 製品画像

電動アシスト装置導入のメリツト:

1) 重量物運搬に伴う疾病(腕・肩・腰など)の対策になります。
2)電源ボタン一つで前進・後進可能な簡単操作です。女性の方にも安心してお使い頂けます。
3)電動なので工場内の排気ガスも低減し、作業現場の環境が良くなります。
 排ガスを嫌う場所(クリーンルーム)等にも最適です。
4)フオークリフト・電動台車・自動搬送車に代わって工場内での機材の運搬の合理化が可能です。
 フオークリフトによる接触事故を削減します。
5)工場の生産ラインや、製品・部品の出荷場所等で活躍します。
6)多種多様の運搬車・台車にセツトが可能で、汎用性が極めて高い装置です。
 (詳細を見る

取扱会社 搬送台車

株式会社コーテック

【事業内容】 1)重量物移動用緒機材の販売:エアキャスター、ギャップマスター、エアスレッド 2)各種搬送台車の設計・製作:エアキャスター搬送台車、軽量台車(軽量エアパレット) 3)各種ドライブ装置の販売:エアロドライブ、イージームーバー、パワーハンドラー、電動アシスト装置 4)大重量物の移動装置:ウォーターキャスター(ケーソン他)、エアバッグ(船舶他)、油圧式トランスファシステム(ケーソン・橋梁) 5)エアジャッキの販売 【取扱製品】 1)エアキャスター、ギャップマスター、エアパレット・エアシャトル、エアブランク ・エアキャスター搬送台車、軽量台車 2)パワーハンドラー(プッシャー、ローリング、PGB3等)  バッテリータイプ 3)イージームーバー(プッシャー、ローリング、ARL等)  バッテリータイプおよびエアタイプ 4)台車駆動用装置(バッテリータイプ)  ・電動アシスト装置  ・パワーカートH 5)エアスレッド、エアジャッキ

搬送台車へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社コーテック


キーマンインタビュー