アステック株式会社 ロゴアステック株式会社

最終更新日:2021/11/01

  •  
  •  

MQC+ パルス核磁気共鳴装置

基本情報MQC+ パルス核磁気共鳴装置

各種電子機器製造など行っているアステック株式会社の製品カタログです。

【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】
最小のコンポーネント部品数で設計され、セットアップやメンテナンスが簡単。
「MQC+ パルス核磁気共鳴装置」

MQC+ ベンチトップ型パルスNMR(時間領域核磁気共鳴装置)

MQC+ ベンチトップ型パルスNMR(時間領域核磁気共鳴装置) 製品画像

自由にレイアウトできるコンパクトなマグネットユニットとエレクトロニクスユニットにより設置する場所を取りません。測定対象に合わせてお客様が測定プローブ(10,18,26mm)を交換することができるので1台の装置で複数のアプリケーションに対応することができます。
Application DeveloperソフトウェアーはT1,T2,Solid-echo,CPMG,Hahn-echoなどのパルスシーケンスを用いて緩和曲線を取得し、WinFitソフトウェアーは得られた緩和曲線をカーブフィッティングすることにより多成分比や緩和時間を計算します。
EasyCalソフトウェアーはNMRの知識が無くても日本語で様々なアプリケーションに対応したキャリブレーションを作成でき、未知サンプルを迅速に測定します。非常に安定性が良い磁石を使用しているためキャリブレーションの頻度は最小限で済みます。
 (詳細を見る

油分・脂肪分析装置 / MQC+

油分・脂肪分析装置 / MQC+ 製品画像

食品に含まれる油分量を測定します。抽出法と相関がありながら、抽出法のように有機溶剤を使用しません。近赤外法のようにサンプルの表面だけを測定するのではなく、サンプル全体に含まれる油分量を測定します。
測定時間は1分程度で、複雑な前処理は必要ありません。対話方式の日本語ソフトウェアは誰にでも容易に正確な油分量の測定を可能にしています。

詳細はお気軽にお問い合わせください。デモンストレーション用の装置も用意しておりますので、お客様のサンプルで実際に試してみることができます。

 (詳細を見る

研究用TD-NMR(パルスNMR)MQC-R

研究用TD-NMR(パルスNMR)MQC-R 製品画像

自由にレイアウトできるコンパクトなマグネットユニットとエレクトロニクスユニットにより設置する場所を取りません。
Application DeveloperソフトウェアーはT1,T2,Solid-echo,CPMG,Hahn-echoなどのパルスシーケンスを用いて緩和曲線を取得し、WinFitソフトウェアーは得られた緩和曲線をカーブフィッティングすることにより多成分比や緩和時間を計算します。
ガス可変温度システムにより-100~200℃まで測定部の温度を変更することが可能で、ソフトウェアで簡単に温度を変えることも可能です。 (詳細を見る

取扱会社 MQC+ パルス核磁気共鳴装置

アステック株式会社

【東京本社】 応用科学事業部 TEL:03-3366-0811 科学計測事業部 TEL:03-3366-0818 電子応用事業部 TEL:03-3366-0813 半 導 体事業部 TEL:03-3367-8921 【大阪営業所】TEL06-6375-5852

MQC+ パルス核磁気共鳴装置へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

アステック株式会社


キーマンインタビュー