アンシス・ジャパン株式会社 ロゴアンシス・ジャパン株式会社

最終更新日:2014-02-06 13:55:05.0

  • 技術資料・事例集
  •  

ANSYSのHEV/EV設計ソリューション

基本情報ANSYSのHEV/EV設計ソリューション

HEV/EV設計を変える、アンシスのシミュレーションテクノロジー

自動車の電化が進むなか、自動車設計に求められるCAE 技術が大きく様変わりしています。ANSYS 社ではいち早くその変化に対応し、流体解析、構造解析、熱応力解析の連成解析はもちろんのこと、電磁場解析、回路解析、制御システム解析をその設計環境に融合させました。マルチフィジクス、マルチドメイン、マルチレベルのシミュレーションによるANSYS 社の設計環境は、自動車を構成する様々な要素を一括して扱うことを可能にします。

システムシミュレータ ANSYS Simplorer

システムシミュレータ ANSYS Simplorer 製品画像

ANSYS Simplorerは自動車、航空宇宙、産業機器にて用いられる大規模パワーエレクトロニクスシステムに特化したマルチドメインシステムシミュレーション・ソフトウェアです。従来、ではモータやアクチュエータの設計、ドライバ回路の設計、アナログ・デジタル制御設計等それぞれが分断されていた技術を一つに統合することができるマルチテクノロジー・ソリューションを実現します。
ANSYS Simplorerは、複数のモデリングレベルを取り扱うことにより、シミュレーションの用途に応じて精度を使い分けることができ、大規模システムから回路まで広範囲に対応することが可能です。また、電気的な振る舞いだけでなく流体や構造、熱まで同時に解析することが可能です。 (詳細を見る

熱流体解析ソフトウェアパッケージ ANSYS CFD

熱流体解析ソフトウェアパッケージ ANSYS CFD 製品画像

数値流体力学(CFD)とは、対象事例が関わる流体およびその他の物理現象を詳細に計算するエンジニアリング手法です。ANSYS 社は、流体モデルと他の物理モデルをシームレスに統合したシミュレーションを実現するために、多角的なアプローチを行っています。CFD の解析結果は、Simulation Driven Product Development(TM)(シミュレーション主導の製品開発)のプロセスにおいて、製品および製造プロセスの動作説明、トラブルシューティング、パフォーマンスの最適化、新製品の設計などに利用されます。

ANSYS CFD からは、ANSYS Fluent および ANSYS CFX の両方にアクセスすることが可能です。この2つは当社が提供する汎用流体シミュレーションの主力製品であり、それぞれを単独で使用することも可能です。高い信頼性、幅広い分野への対応に優れた実績のあるこの2製品は、世界各国の企業から利用され、信頼を得ています。 (詳細を見る

構造・熱解析ソフトウェア ANSYS Mechanical

構造・熱解析ソフトウェア ANSYS Mechanical 製品画像

ANSYS Mechanicalには、非線形および線形要素、金属からゴムに及ぶ材料則、広範囲のソルバーを完備しています。非線形接触を含むような複雑なアセンブリでも扱うことができ、様々な部品やアセンブリに対して応力、温度、変位、接触圧の分布を知るための理想的な製品といえます。 (詳細を見る

ANSYS HEV/EV設計ソリューション

ANSYS HEV/EV設計ソリューション 製品画像

マルチフィジクス、マルチドメイン、マルチレベルのシミュレーションによるANSYS社の設計環境は、自動車を構成する様々な要素を一括して扱うことを可能にします。 (詳細を見る

取扱会社 ANSYSのHEV/EV設計ソリューション

アンシス・ジャパン株式会社

・CAE(数値解析)ソフトウェアの販売およびサポート ・CAEのコンサルティングおよび受託解析

ANSYSのHEV/EV設計ソリューションへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

アンシス・ジャパン株式会社


キーマンインタビュー