日之出水道機器株式会社 ロゴ日之出水道機器株式会社メカニカルスティッチ部

最終更新日:2022/11/26

  •  
  • カタログ発行日:2012/8/1

発電設備補修実績集

基本情報発電設備補修実績集

発電備補修実績集です。

【基本情報】
MS 工法(エムエス工法)による金属亀裂補修は精度・耐久性・コストに関して従来の工法と比較し抜群の効果を発揮いたします。
自社の特殊ボルトと補強プレートを使用して亀裂を物理的に補修する技術です。
現地での施工が可能なことから納期短縮、コスト低減が図れます。
鋳物亀裂、船舶設備、発電設備、セメント設備等幅広い分野にて施工経験がございます。
ご不明な点お気軽にお問い合わせください。

【ラインアップ】
○Sボルト
→気密性確保とクラック除去
→考え抜かれたネジ構造が母材の引付力を実現
○Tボルト
→MS補強プレート抜け出し防止とパッチ補修
→独特のテーパー部が気密性向上とゆるみ防止を生み出す
○MS補強プレート
→補修箇所の補強、回復
→クラックの広がろうとする力を抑え、母材を強力に補強
○MSボルト穴補修インサート
→破損したボルト穴を補強するための雌ネジパーツ
・HSタイプインサート:ボルト穴周辺にクラックがない場合
・HFタイプインサート:ボルト穴周辺にクラックがある場合

ネジ山の補修方法 鋳鉄試作 3D造形 鋳物割れ修理

ネジ山の補修方法 鋳鉄試作 3D造形 鋳物割れ修理 製品画像

「MSインサート」は、破損したボルト穴を補修するための雌ネジパーツです。外径ネジ山部に特殊な構造を応用したインサートを、ボルト穴部に埋め込み再生していきます。

抜けにくく母材に負荷を与えないため、常に振動にさらされる箇所や端部への施工も可能です。スプリング式のコイル品やセルフタップ品等の従来品と比較して精度を向上し、恒久性において、画期的な効果を発揮します。
また、頻繁にボルトの脱着を行う箇所などにあらかじめ施工しておくことで、恒久対策が可能となります。

【特徴】
■抜けにくく、母材に負荷を与えない
■ネジ穴の恒久対策に最適
■ネジ山の強化・回復に活用できる
■端部への施工を実現
→上向きに設計されたネジ山の働きによって、周辺の母材を全方向からネジの中心に向かって引き付ける

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
 (詳細を見る

ねじ穴修理 アルミねじ穴再生 ボルト穴補修 ネジ山再生方法

ねじ穴修理 アルミねじ穴再生 ボルト穴補修 ネジ山再生方法 製品画像

【製品PR】
「MSインサート」は、破損したボルト穴を補修するための雌ネジパーツです。外径ネジ山部に特殊な構造を応用したインサートを、ボルト穴部に埋め込み再生していきます。

抜けにくく母材に負荷を与えないため、常に振動にさらされる箇所や端部への施工も可能です。スプリング式のコイル品やセルフタップ品等の従来品と比較して精度を向上し、恒久性において、画期的な効果を発揮します。
また、頻繁にボルトの脱着を行う箇所などにあらかじめ施工しておくことで、恒久対策が可能となります。

【特徴】
■抜けにくく、母材に負荷を与えない
■ネジ穴の恒久対策に最適
■ネジ山の強化・回復に活用できる
■端部への施工を実現
→上向きに設計されたネジ山の働きによって、周辺の母材を全方向からネジの中心に向かって引き付ける

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
 (詳細を見る

鋳物割れ修理 金属割れ補修 折損再生 鋳物欠損修理 ボルト穴修理

鋳物割れ修理 金属割れ補修 折損再生 鋳物欠損修理 ボルト穴修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

溶接ではない金属亀裂補修 鋳鉄 鋳鋼 鋳物亀裂保全 鋳鉄亀裂補修

溶接ではない金属亀裂補修 鋳鉄 鋳鋼 鋳物亀裂保全 鋳鉄亀裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

船舶補機亀裂修理 メカニカルステッチ工法 ダクタイル修理 補修

船舶補機亀裂修理 メカニカルステッチ工法 ダクタイル修理 補修 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

亀裂修理 ボルト穴補修 ゴム加硫成形機亀裂修理 ねじ穴修理  

亀裂修理 ボルト穴補修 ゴム加硫成形機亀裂修理 ねじ穴修理   製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物割れ修理 金属割れ再生 折損補修 欠損再生方法 鋳鋼亀裂補修

鋳物割れ修理 金属割れ再生 折損補修 欠損再生方法 鋳鋼亀裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

熱を加えない金属亀裂補修! 鋳物亀裂補修 金属割れ修理

熱を加えない金属亀裂補修! 鋳物亀裂補修 金属割れ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

ケーシング亀裂修理 アルミ合金割れ アルミ鋳物割れ 鋳物修理

ケーシング亀裂修理 アルミ合金割れ アルミ鋳物割れ 鋳物修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

プレス機亀裂補修 メカニカル工法 鋳物亀裂補修 金属クラック

プレス機亀裂補修 メカニカル工法 鋳物亀裂補修 金属クラック 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

アプライト 台車 コンロッド スライド プレス機 クラウン き裂

アプライト 台車 コンロッド スライド プレス機 クラウン き裂 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物亀裂補修 金属疲労破壊 金属脆性 金属割れ再生 アルミ割れ

鋳物亀裂補修 金属疲労破壊 金属脆性 金属割れ再生 アルミ割れ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

メカニカル亀裂修理 鋳物亀裂補修 プレス機フレーム修理 鋳鉄き裂

メカニカル亀裂修理 鋳物亀裂補修 プレス機フレーム修理 鋳鉄き裂 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

熱を加えない鋳鉄クラック補修 FC ダクタイル 金属割れ修理

熱を加えない鋳鉄クラック補修  FC ダクタイル 金属割れ修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

インペラ修理 クラック修理 電動機補修 ねじ穴修理 保全 修繕

インペラ修理 クラック修理 電動機補修 ねじ穴修理 保全 修繕 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

鋳物クラック補修 金属亀裂修理 溶接しない補修 き裂 鋳物割れ

鋳物クラック補修 金属亀裂修理 溶接しない補修 き裂 鋳物割れ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、熱を一切加えることなくメカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

出張金属亀裂補修 鋳物亀裂補修 火気使用しない 機械設備補修

出張金属亀裂補修 鋳物亀裂補修 火気使用しない 機械設備補修  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

金属鋳物割れ 試作 3D 金属破損 鋳鉄 アルミ 鋳鋼 き裂修理

金属鋳物割れ 試作 3D 金属破損 鋳鉄 アルミ 鋳鋼 き裂修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

船舶・造船設備補修実績 メカニカル工法 補修 鋳物亀裂修理 亀裂

船舶・造船設備補修実績 メカニカル工法 補修 鋳物亀裂修理 亀裂 製品画像

船舶・造船設備補修実績の紹介です。
詳しい資料をご希望の方はお気軽にご連絡ください。 (詳細を見る

金属ねじ修理の恒久対策 アルミ造形 鋳物試作 アルミ試作 3D

金属ねじ修理の恒久対策 アルミ造形 鋳物試作 アルミ試作 3D 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

応力腐食割れ 鋳物腐食 SS SC FCD AL 亀裂補修

応力腐食割れ 鋳物腐食 SS SC FCD AL 亀裂補修  製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。

 (詳細を見る

金属亀裂補修 溶接レス冷間金属補修 エムエス工法 鋳物割れ補修

金属亀裂補修 溶接レス冷間金属補修 エムエス工法 鋳物割れ補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物割れ亀裂修理 アルミ鋳物補修 ダイキャストマシンき裂修理

鋳物割れ亀裂修理 アルミ鋳物補修 ダイキャストマシンき裂修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

鋳物割れ 鋳物修理 き裂 割れ ワレ

鋳物割れ 鋳物修理 き裂 割れ ワレ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

「MS工法」熱を加えない金属亀裂修理!熱ひずみの発生しない新工法

「MS工法」熱を加えない金属亀裂修理!熱ひずみの発生しない新工法 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、
メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。
他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。
一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、
残留応力やひずみが発生するため、「クラック再発」や「二次損傷」を
誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
 →治具などで、統合されたシステム補修
 →ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
 →設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
 →火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない (詳細を見る

ギア軸亀裂補修 ギア修理 修理 補修 鋳物試作 鋳鉄 鋳物修理

ギア軸亀裂補修 ギア修理 修理 補修 鋳物試作 鋳鉄 鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

エンジンブロック亀裂補修 エムエス工法 鋳鉄割補修 鋳物試作

エンジンブロック亀裂補修 エムエス工法 鋳鉄割補修 鋳物試作 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物割亀裂修理 MS工法 熱を加えない金属クラック 溶接レス補修

鋳物割亀裂修理 MS工法 熱を加えない金属クラック 溶接レス補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

溶接再補修 溶接レス金属亀裂「MS工法」鋳物亀裂補修 鋳物補修

溶接再補修 溶接レス金属亀裂「MS工法」鋳物亀裂補修 鋳物補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

金属補修ヒビ割れ修理技術 3D造形 鋳物試作 アルミ試作

金属補修ヒビ割れ修理技術 3D造形 鋳物試作 アルミ試作 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

鋳鉄割れ修理 金属亀裂補修 鋳鉄フレーム補修 ネジ再生 鋳物再生

鋳鉄割れ修理 金属亀裂補修 鋳鉄フレーム補修 ネジ再生 鋳物再生 製品画像

MS 工法(メカニカルステッチ)によるねじ山補修は精度・耐久性・コストに関して従来の工法と比較し抜群の効果を発揮いたします。

自社の特殊ボルトを使用して補修する技術です。

現地での施工が可能なことから納期短縮、コスト低減が図れます。

従来品と比較し恒久対策が可能となります。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

プレス設備亀裂補修実績集 クラウン スライド コンロッド 修理

プレス設備亀裂補修実績集 クラウン スライド コンロッド 修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物割れ修理 クラック補修 ボルト穴補修 ねじ穴再生 出張工事

鋳物割れ修理 クラック補修 ボルト穴補修 ねじ穴再生 出張工事  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

溶接ではない金属亀裂修理 溶接レス 鋳鉄修理会社 クラック

溶接ではない金属亀裂修理 溶接レス 鋳鉄修理会社 クラック 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属設備割れ修理 熱を加えない エムエス工法 MS工法 亀裂補修

金属設備割れ修理 熱を加えない エムエス工法 MS工法 亀裂補修 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ネジ穴補修 修正 補修 保全 修繕 恒久対策 ワレ 鋳物試作

ネジ穴補修 修正 補修 保全 修繕 恒久対策 ワレ 鋳物試作 製品画像

MS 工法(メカニカルステッチ)によるねじ山補修は精度・耐久性・コストに関して従来の工法と比較し抜群の効果を発揮いたします。

自社の特殊ボルトを使用して補修する技術です。

現地での施工が可能なことから納期短縮、コスト低減が図れます。

従来品と比較し恒久対策が可能となります。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ブロワーローター亀裂補修 鋳物フレーム亀裂補修 加硫成形機 鋳鉄

ブロワーローター亀裂補修 鋳物フレーム亀裂補修 加硫成形機 鋳鉄 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

クラウン亀裂 TRプレスフレーム修理 熱を加えない金属割れ修理

クラウン亀裂 TRプレスフレーム修理 熱を加えない金属割れ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

エンジンブロック亀裂補修 鋳鉄割補修 鋳物試作 アルミ鋳造

エンジンブロック亀裂補修 鋳鉄割補修 鋳物試作 アルミ鋳造 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物金属割れクラック亀裂 鋳鉄金属亀裂修理 ネジ穴修理 再生修理

鋳物金属割れクラック亀裂 鋳鉄金属亀裂修理 ネジ穴修理 再生修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物割れ修理 金属割れ補修 鋳物試作3D 鋳鉄亀裂補修 クラック

鋳物割れ修理 金属割れ補修 鋳物試作3D 鋳鉄亀裂補修 クラック 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、熱を一切加えることなくメカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

ジュラルミン アルミ鋳物 亀裂修理 ボルト穴補修 鋳物試作 3D

ジュラルミン アルミ鋳物 亀裂修理 ボルト穴補修 鋳物試作 3D 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

工期短縮!熱を加えない金属クラック亀裂修理 「MS工法」

工期短縮!熱を加えない金属クラック亀裂修理 「MS工法」  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、
メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。
他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します!

一般的な溶接工法による補修では、熱によって
クラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、
「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
 →治具などで、統合されたシステム補修
 →ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
 →設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
 →火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

※詳しくはお問合せ下さい。 (詳細を見る

亀裂修理 金属亀裂補修 鋳物亀裂補修 鋳物割れ 亀裂 アルミ試作

亀裂修理 金属亀裂補修 鋳物亀裂補修 鋳物割れ 亀裂 アルミ試作 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

船舶架構クラック補修 金属補修 鋳物補修 3D造形 鋳物修理

船舶架構クラック補修 金属補修 鋳物補修 3D造形 鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳鉄修理 鋳物割れ補修 冷間溶接 溶接レス MS工法 鋳鉄

鋳鉄修理 鋳物割れ補修 冷間溶接 溶接レス MS工法 鋳鉄 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物金属 MS工法 金属修理 ボルト穴補修 鋳物ケーシング割れ

鋳物金属 MS工法 金属修理 ボルト穴補修 鋳物ケーシング割れ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。

 (詳細を見る

金属疲労亀裂 亀裂修理 破断 ねじ穴補修 鋳物ケーシング割れ修理

金属疲労亀裂 亀裂修理 破断 ねじ穴補修 鋳物ケーシング割れ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

竪型射出成形機亀裂補修 ダイプレートネジ穴補修 プラテン修理

竪型射出成形機亀裂補修 ダイプレートネジ穴補修 プラテン修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ダクタイル鋳鉄亀裂補修 熱を加えない 鋳物修理 溶接割れ補修

ダクタイル鋳鉄亀裂補修 熱を加えない 鋳物修理 溶接割れ補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

メカニカル ネジ孔修理 アルミ亀裂補修 鉄割れ修理 アルミ鋳物

メカニカル ネジ孔修理 アルミ亀裂補修 鉄割れ修理 アルミ鋳物 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ブラケット補修 修理 金属亀裂補修「MS工法」鋳物 修理 割れ

ブラケット補修 修理 金属亀裂補修「MS工法」鋳物 修理 割れ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

アルミ鋳物修理 鋳鉄亀裂補修 アルミ鋳物試作 亀裂補修 3D造形

アルミ鋳物修理 鋳鉄亀裂補修 アルミ鋳物試作 亀裂補修 3D造形 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

エンジン架構亀裂 割れ補修 修理 亀裂 アルミ亀裂 鋳物割れ修理

エンジン架構亀裂 割れ補修 修理 亀裂 アルミ亀裂 鋳物割れ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

蒸気タービンケーシング亀裂修理 ガスタービンケーシング亀裂修理

蒸気タービンケーシング亀裂修理 ガスタービンケーシング亀裂修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ネジ穴修理の恒久対策 ボルト穴再加工 ねじ穴修理 ネジ折損再加工

ネジ穴修理の恒久対策 ボルト穴再加工 ねじ穴修理 ネジ折損再加工 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

アルミボルト穴修正 鋳物亀裂修理 ボルト穴補修 金属割れ補修

アルミボルト穴修正 鋳物亀裂修理 ボルト穴補修 金属割れ補修 製品画像

【製品PR】
「MSインサート」は、破損したボルト穴を補修するための雌ネジパーツです。外径ネジ山部に特殊な構造を応用したインサートを、ボルト穴部に埋め込み再生していきます。

抜けにくく母材に負荷を与えないため、常に振動にさらされる箇所や端部への施工も可能です。スプリング式のコイル品やセルフタップ品等の従来品と比較して精度を向上し、恒久性において、画期的な効果を発揮します。
また、頻繁にボルトの脱着を行う箇所などにあらかじめ施工しておくことで、恒久対策が可能となります。

【特徴】
■抜けにくく、母材に負荷を与えない
■ネジ穴の恒久対策に最適
■ネジ山の強化・回復に活用できる
■端部への施工を実現
→上向きに設計されたネジ山の働きによって、周辺の母材を全方向からネジの中心に向かって引き付ける

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
 (詳細を見る

メタルステッチング 鋳物 修理 補修 ネジ山 ネジ穴 ボルト

メタルステッチング 鋳物 修理 補修 ネジ山 ネジ穴 ボルト 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

粉砕機ミル胴体割れ修理 破砕機補修 セメントミル割れ 鋳鋼割れ

粉砕機ミル胴体割れ修理 破砕機補修 セメントミル割れ 鋳鋼割れ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

鋳物折損補修 金属ひび割れ補修工事 メカニカル工法 亀裂補修

鋳物折損補修 金属ひび割れ補修工事 メカニカル工法 亀裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

熱ひずみのない金属亀裂補修 エムエス工法 MS工法 鋳物割れ補修

熱ひずみのない金属亀裂補修 エムエス工法 MS工法 鋳物割れ補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

溶接レス補修 コンロッド割れ 鋳物亀裂補修 鋳鉄試作 アルミ試作

溶接レス補修 コンロッド割れ 鋳物亀裂補修 鋳鉄試作 アルミ試作 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属鋳物補修 ネジ穴補修 MS工法 鋳物割れ補修 キレツ再生

金属鋳物補修 ネジ穴補修 MS工法 鋳物割れ補修 キレツ再生 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

溶接レス工法 金属亀裂補修

溶接レス工法 金属亀裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

鍛造プレスフレーム亀裂補修 鋳鉄割れ補修 プレス機補修 鋳物

鍛造プレスフレーム亀裂補修 鋳鉄割れ補修 プレス機補修 鋳物 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

減速機ケーシング亀裂補修 鋳物鋳造試作 ボルト孔修理

減速機ケーシング亀裂補修 鋳物鋳造試作 ボルト孔修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

亀裂 き裂 補強 修正 再生 割れ エムエス工法 ねじ穴再生

亀裂 き裂 補強 修正 再生 割れ エムエス工法 ねじ穴再生 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

エンジンブロック修理 エムエス工法 恒久対策ネジ穴修理 金属補修

エンジンブロック修理 エムエス工法 恒久対策ネジ穴修理 金属補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物ケーシング割れ補修 鋳物亀裂補修 ポンプケーシング脚部補修

鋳物ケーシング割れ補修 鋳物亀裂補修 ポンプケーシング脚部補修 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物亀裂溶接補修 メカニカルステッチ施工 金属修理 溶接レス補修

鋳物亀裂溶接補修 メカニカルステッチ施工 金属修理 溶接レス補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

自動車設備亀裂補修 鋳鉄亀裂修理 アルミ合金亀裂 プレス機亀裂

自動車設備亀裂補修 鋳鉄亀裂修理 アルミ合金亀裂 プレス機亀裂 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

アルミ鋳物割れ アルミ合金割れ補修 アルミ試作 亀裂割れ再生

アルミ鋳物割れ アルミ合金割れ補修 アルミ試作 亀裂割れ再生 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

発電設備補修実績集

発電設備補修実績集 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ブラケット フレーム割れ修理 亀裂修理 金属亀裂補修 MS修理

ブラケット フレーム割れ修理 亀裂修理 金属亀裂補修 MS修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

溶接レス鋳物修理サービス 補修 溶接レス補修工法 鋳物割れ修理

溶接レス鋳物修理サービス 補修 溶接レス補修工法 鋳物割れ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

エンジン架構亀裂クラック修理 溶接レス 亀裂 割れ再生

エンジン架構亀裂クラック修理 溶接レス 亀裂 割れ再生 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

溶接ではない熱を加えない金属亀裂補修 リンクハウジングき裂補修

溶接ではない熱を加えない金属亀裂補修 リンクハウジングき裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

金属 修理 亀裂 補修 割れ 鋳物 鋳鋼 アルミボルト穴 ネジ

金属 修理 亀裂 補修 割れ 鋳物 鋳鋼 アルミボルト穴 ネジ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

ダクタイル鋳物クラック補修 MS メカニカル修理 鋳物鋼亀裂補修

ダクタイル鋳物クラック補修 MS メカニカル修理 鋳物鋼亀裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

熱を加えない金属亀裂補修 発電機補修 電動機修理 鍛造機亀裂

熱を加えない金属亀裂補修 発電機補修 電動機修理 鍛造機亀裂 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

プレス機設備亀裂補修実績 クラウン スライド アプライト 破損

プレス機設備亀裂補修実績 クラウン スライド アプライト 破損 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳鉄修理 溶接ではない金属割れ修理 MS工法 鋳物試作 亀裂修理

鋳鉄修理 溶接ではない金属割れ修理 MS工法 鋳物試作 亀裂修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。


 (詳細を見る

鋳物亀裂補修 鋳物割れ補修 冷間溶接 アルミ試作 鋳物試作鋳造

鋳物亀裂補修 鋳物割れ補修 冷間溶接 アルミ試作 鋳物試作鋳造 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属亀裂修理 鋳物修理 ステッチ工法 アルミ鋳物割れ 鋳物試作

金属亀裂修理 鋳物修理 ステッチ工法 アルミ鋳物割れ 鋳物試作 製品画像

MS 工法(メカニカルステッチ)によるねじ山補修は精度・耐久性・コストに関して従来の工法と比較し抜群の効果を発揮いたします。

自社の特殊ボルトを使用して補修する技術です。

現地での施工が可能なことから納期短縮、コスト低減が図れます。

従来品と比較し恒久対策が可能となります。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

シリンダーヘッド補修 金属修理 金属割れ補修 鋳物割れ補修 修理

シリンダーヘッド補修 金属修理 金属割れ補修 鋳物割れ補修 修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

熱を加えない金属亀裂補修 メカニカルスティッチ亀裂補修 修理

熱を加えない金属亀裂補修 メカニカルスティッチ亀裂補修 修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属割れ補修 鋳物修理 クラック修理 ヒノデ亀裂補修 鋳造試作

金属割れ補修 鋳物修理 クラック修理 ヒノデ亀裂補修 鋳造試作 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属疲労亀裂 油圧成形機クラック補修 破損 欠損 ネジ穴補修方法

金属疲労亀裂 油圧成形機クラック補修 破損 欠損 ネジ穴補修方法 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ねじ山再生 ボルト穴再生 溶接レス金属亀裂補修工事 鋳物修理

ねじ山再生 ボルト穴再生 溶接レス金属亀裂補修工事 鋳物修理 製品画像

【基本情報】
MS 工法(エムエス工法)による金属亀裂補修は精度・耐久性・コストに関して従来の工法と比較し抜群の効果を発揮いたします。
自社の特殊ボルトと補強プレートを使用して亀裂を物理的に補修する技術です。
現地での施工が可能なことから納期短縮、コスト低減が図れます。
鋳物亀裂、船舶設備、発電設備、セメント設備等幅広い分野にて施工経験がございます。
ご不明な点お気軽にお問い合わせください。

【ラインアップ】
○Sボルト
→気密性確保とクラック除去
→考え抜かれたネジ構造が母材の引付力を実現
○Tボルト
→MS補強プレート抜け出し防止とパッチ補修
→独特のテーパー部が気密性向上とゆるみ防止を生み出す
○MS補強プレート
→補修箇所の補強、回復
→クラックの広がろうとする力を抑え、母材を強力に補強
○MSボルト穴補修インサート
→破損したボルト穴を補強するための雌ネジパーツ
・HSタイプインサート:ボルト穴周辺にクラックがない場合
・HFタイプインサート:ボルト穴周辺にクラックがある場合
 (詳細を見る

鋳物亀裂補修 メカニカル工法 鋳物補修 溶接レス補修 鋳物修理

鋳物亀裂補修 メカニカル工法 鋳物補修 溶接レス補修 鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物 金属亀裂 割れ補修 メカニカル工法 溶接レス ゴム成形機

鋳物 金属亀裂 割れ補修 メカニカル工法 溶接レス ゴム成形機 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

熱を加えない金属亀裂恒久対策 ! 金属亀裂修理!熱ひずみ 割れ

熱を加えない金属亀裂恒久対策 ! 金属亀裂修理!熱ひずみ 割れ 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

セメントミル 亀裂修理 粉砕機修理 鋳物試作 3D造形

セメントミル 亀裂修理 粉砕機修理 鋳物試作 3D造形 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物亀裂修理 クラック補修 金属亀裂 メカニカル工法 MS補修

鋳物亀裂修理 クラック補修 金属亀裂 メカニカル工法 MS補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

鋳物クラック 亀裂割れ修理会社 鋳物修理会社 鋳物修理 鋳鉄試作

鋳物クラック 亀裂割れ修理会社 鋳物修理会社 鋳物修理 鋳鉄試作 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

熱を加えないクラック修理の新技術MS工法 鋳物亀裂修理 き裂補修

熱を加えないクラック修理の新技術MS工法 鋳物亀裂修理 き裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

プレス クラウン クラック 修理 補修 亀裂 ボルスター 鋳物

プレス クラウン クラック 修理 補修 亀裂 ボルスター 鋳物 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

金属亀裂割れ修理 金属補修工事 鉄鋼クラック補修 鋳物割れ再生

金属亀裂割れ修理 金属補修工事 鉄鋼クラック補修 鋳物割れ再生 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

ステンレス鋳物亀裂補修 MS亀裂補修 鋳物試作 アルミ試作 鋳物

ステンレス鋳物亀裂補修 MS亀裂補修 鋳物試作 アルミ試作 鋳物 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

クランクケース割れ補修 溶接レス補修 亀裂補修 鋳鉄 鋳鋼修理

クランクケース割れ補修 溶接レス補修 亀裂補修 鋳鉄 鋳鋼修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

機械クラック亀裂修理 鉄割れ補修 メカニカル補修工法 MS工法

機械クラック亀裂修理 鉄割れ補修 メカニカル補修工法 MS工法 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属鋳物亀裂修理 鋳鉄亀裂補修 鋳物亀裂補修 3D造形 鋳鉄試作

金属鋳物亀裂修理 鋳鉄亀裂補修 鋳物亀裂補修 3D造形 鋳鉄試作 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

ケーシング割れ修理 ファンケース補修 鋳鋼修理 鋳鉄割れ補修

ケーシング割れ修理 ファンケース補修 鋳鋼修理 鋳鉄割れ補修 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

タービンケーシング割れ修理 金属割れ補修 鋳物割れ修理

タービンケーシング割れ修理 金属割れ補修 鋳物割れ修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

熱を加えない 金属クラック修理 出張修理 熱影響 鋳物試作

熱を加えない 金属クラック修理 出張修理 熱影響 鋳物試作  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

鋳物亀裂補修 鋳物割れ MS修理 エムエス工法 日之出 鋳物修理

鋳物亀裂補修 鋳物割れ MS修理 エムエス工法 日之出 鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

き裂再補修 溶接レス金属亀裂修理 MS法 鋳物亀裂補修 鋳物割れ

き裂再補修 溶接レス金属亀裂修理 MS法 鋳物亀裂補修 鋳物割れ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

ブロワー亀裂補修「MS工法」ヒノデ 鋳物修理 ネジ穴再生 ねじ穴

ブロワー亀裂補修「MS工法」ヒノデ 鋳物修理 ネジ穴再生 ねじ穴 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

工期短縮 金属ひび修理 金属ひび割れ補修 設備保全 ネジ山再生

工期短縮 金属ひび修理 金属ひび割れ補修 設備保全 ネジ山再生 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

シャーフレーム割れ補修 メカニカルステッチ工法 プレス機フレーム

シャーフレーム割れ補修 メカニカルステッチ工法 プレス機フレーム 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ゴム加硫成形機 ゴム成形機 フレーム割れ 成形機

ゴム加硫成形機 ゴム成形機 フレーム割れ 成形機 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

セメントミル胴体亀裂修理 粉砕機亀裂補修 破砕機修理

セメントミル胴体亀裂修理 粉砕機亀裂補修 破砕機修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

鋳物ワレ 溶接ではない金属クラック補修の新技術MS工法 き裂補修

鋳物ワレ 溶接ではない金属クラック補修の新技術MS工法 き裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属クラック補修の対策!CRG金属割れ修理! 鋳物修理 鋳物割れ

金属クラック補修の対策!CRG金属割れ修理! 鋳物修理 鋳物割れ 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

工期短縮、溶接ではない熱を加えない金属割れ修理 成形機亀裂補修

工期短縮、溶接ではない熱を加えない金属割れ修理 成形機亀裂補修  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

鉄板フレーム TRプレスフレーム修理 メタルステッチング鋳物補修

鉄板フレーム TRプレスフレーム修理 メタルステッチング鋳物補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

ゴム射出成形機亀裂補修 加硫成形機修理 鋳物亀裂補修 成形機

ゴム射出成形機亀裂補修 加硫成形機修理 鋳物亀裂補修 成形機 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物 鋳鉄割れ修理 エムエス工法 日之出水道 ケーシング亀裂

鋳物 鋳鉄割れ修理 エムエス工法 日之出水道 ケーシング亀裂 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属亀裂修理 金型吊り穴ボルト ボルト穴修理恒久対策 鋳物修理

金属亀裂修理 金型吊り穴ボルト ボルト穴修理恒久対策 鋳物修理  製品画像

MS 工法(メカニカルステッチ)によるねじ山補修は精度・耐久性・コストに関して従来の工法と比較し抜群の効果を発揮いたします。

自社の特殊ボルトを使用して補修する技術です。

現地での施工が可能なことから納期短縮、コスト低減が図れます。

従来品と比較し恒久対策が可能となります。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

熱ひずみのない金属亀裂補修 エムエス工法 MS工法 鋳物割れ補修

熱ひずみのない金属亀裂補修 エムエス工法 MS工法 鋳物割れ補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

工期削減 補修工事 金属亀裂補修

工期削減 補修工事 金属亀裂補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

溶接レス 工期短縮 コスト削減 金属亀裂修理

溶接レス 工期短縮 コスト削減 金属亀裂修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

溶接レス 冷間溶接 金属割れ 鋳物修理

溶接レス 冷間溶接 金属割れ 鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属修理方法 冷間溶接 金属割れ 鋳物修理

金属修理方法 冷間溶接 金属割れ 鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

冷間溶接 金属割れ 鋳物試作

冷間溶接 金属割れ 鋳物試作 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物割れ動画 金属の修理 溶接しない

鋳物割れ動画 金属の修理 溶接しない 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物割れ補修 金属の修理 溶接しない

鋳物割れ補修 金属の修理 溶接しない 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

プレス設備亀裂補修 クラウン スライド コンロッド 修理

プレス設備亀裂補修 クラウン スライド コンロッド 修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

プレス設備亀裂補修 クラウン スライド コンロッド 修理

プレス設備亀裂補修 クラウン スライド コンロッド 修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属クラック 割れ補修 修理 亀裂 アルミ亀裂 鋳物割れ補修

金属クラック 割れ補修 修理 亀裂 アルミ亀裂 鋳物割れ補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物ケーシング亀裂修理 鋳鉄補修

鋳物ケーシング亀裂修理 鋳鉄補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

アルミ修理、鋳鉄修理、鋳鋼修理、冷間溶接

アルミ修理、鋳鉄修理、鋳鋼修理、冷間溶接 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属設備割れ修理

金属設備割れ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属に発生したメカニカル補修

金属に発生したメカニカル補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

鋳物亀裂補修、修理、CR割れ補修、アルミ鋳物修理

鋳物亀裂補修、修理、CR割れ補修、アルミ鋳物修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

亀裂修理 クラックリペア 金属修理

亀裂修理 クラックリペア 金属修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属割れ修理 鋳物修理

金属割れ修理 鋳物修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

ダクタイル、ネズミ鋳鉄割れ補修

ダクタイル、ネズミ鋳鉄割れ補修 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属修理 鋳物割れ補修 アルミ修理 

金属修理 鋳物割れ補修 アルミ修理  製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

FCD,FC,AL, 亀裂修理 割れ修理 

FCD,FC,AL, 亀裂修理 割れ修理  製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属割れ修理 鋳物割れ修理 鋳鉄修理

金属割れ修理 鋳物割れ修理 鋳鉄修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

設備亀裂補修 溶接ではない金属補修

設備亀裂補修 溶接ではない金属補修 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

アルミ修理

アルミ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

アルミ修理

アルミ修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

工期短縮 現地設備補修

工期短縮 現地設備補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

エンジンブロック鋳物修理

エンジンブロック鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属補修 熱を加えない亀裂修理

金属補修 熱を加えない亀裂修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

金属割れ修理 補修 再生 鋳物修理

金属割れ修理 補修 再生 鋳物修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

減速機ケーシング亀裂補修 鋳物修理

減速機ケーシング亀裂補修 鋳物修理 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

工期短縮!金属キレツ補修!亀裂補修! 「MS工法」

工期短縮!金属キレツ補修!亀裂補修! 「MS工法」  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、
メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。
他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します!

一般的な溶接工法による補修では、熱によって
クラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、
「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
 →治具などで、統合されたシステム補修
 →ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
 →設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
 →火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

※詳しくはお問合せ下さい。 (詳細を見る

溶接再補修 溶接レス金属キレツ「MS工法」鋳物亀裂 ボルト穴補修

溶接再補修 溶接レス金属キレツ「MS工法」鋳物亀裂 ボルト穴補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修である
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

熱を加えない金属クラック割れ修理 「MS工法」

熱を加えない金属クラック割れ修理 「MS工法」  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属設備に発生したクラックに対して、
メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。
他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します!

一般的な溶接工法による補修では、熱によって
クラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、
「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
 →治具などで、統合されたシステム補修
 →ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
 →設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
 →火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

※詳しくはお問合せ下さい。 (詳細を見る

鋳物亀裂補修 メカニカルステッチ工法「MS工法」

鋳物亀裂補修 メカニカルステッチ工法「MS工法」  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、
メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。
他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します!

一般的な溶接工法による補修では、熱によって
クラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、
「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
 →治具などで、統合されたシステム補修
 →ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
 →設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
 →火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

※詳しくはお問合せ下さい。 (詳細を見る

金属亀裂補修 メカニカルステッチ工法「MS工法」

金属亀裂補修 メカニカルステッチ工法「MS工法」  製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、
メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。
他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します!

一般的な溶接工法による補修では、熱によって
クラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、
「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
 →治具などで、統合されたシステム補修
 →ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
 →設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
 →火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

※詳しくはお問合せ下さい。 (詳細を見る

鋳物割れ修理 金属割れ補修 折損再生 鋳物欠損修理 ボルト穴修理

鋳物割れ修理 金属割れ補修 折損再生 鋳物欠損修理 ボルト穴修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

クラック修理

クラック修理 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

熱養生を伴う溶接補修と異なり、まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。 (詳細を見る

鋳物亀裂溶接補修 メカニカルステッチ 金属割れ修理 溶接レス補修

鋳物亀裂溶接補修 メカニカルステッチ 金属割れ修理 溶接レス補修 製品画像

「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【特徴】
■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

金属割れ修理 鋳物割れ修理 鋳鉄修理 鋳物試作

金属割れ修理 鋳物割れ修理 鋳鉄修理 鋳物試作 製品画像

【製品PR】
「MS工法(Mechanical Stitch)」は、金属のクラックに対して、メカニカル(機械的)な手法で行う画期的な補修工法(メカニカルスティッチ工法)です。

まったく熱を加えないので ”熱ひずみ” がおこりません。他部位への残留応力が発生せず、新たなクラックなどの2次損傷も防止します。

金属のクラック(き裂)は、設備保全業務の悩みのひとつ。

一般的な溶接工法による補修では、熱によってクラック周辺の母材が変化し、残留応力やひずみが発生するため、

「クラック再発」や「二次損傷」を誘発するリスクを常に抱えていました。

【MS工法特徴】

■熱による硬化と残留応力が皆無
■2次損傷をなくす
■安定した品質の維持
→治具などで、統合されたシステム補修
→ノウハウ・経験・実績の積み重ね
■短期間での施工完了
→設備機器の稼働率を大幅に低下させることがない
■安全と環境面で優位
→火を使用しないため、他の設備機器の稼働率低下や環境面への影響がない

詳しくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

取扱会社 発電設備補修実績集

日之出水道機器株式会社 メカニカルスティッチ部

特殊ボルトによる金属亀裂補修 特殊プレートによる金属亀裂補修 破損雌ねじ補修・再生 設備機械の補強

発電設備補修実績集へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

日之出水道機器株式会社 メカニカルスティッチ部


キーマンインタビュー