株式会社榛葉鉄工所

最終更新日:2012-10-08 16:29:43.0

  • 会社紹介資料
  •  
  •  

株式会社榛葉鉄工所 事業紹介

  • [4MB]

    • このカタログを
    • Twitterボタン

基本情報株式会社榛葉鉄工所 事業紹介

自動二輪マフラー ・自動車部品などを製造している 株式会社榛葉鉄工所の会社案内カタログです。

【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】当社は、昭和22年(1947)、モーターサイクルの主要部品であるマフラーの専門メーカーとして設立いたしました。以来、半世紀を越える歴史の中で、常に革新的なマフラーづくりに取り組み、わが国のモーターシーンの発展に大きく貢献してまいりました。現在、当社は、これまでマフラーの開発製造で培った独自の技術とあくなきチャレンジ精神をもとに。モーターサイクル分野だけにとどまらず、ナノテクノロジー、光テクノロジーなど、21世紀の地球環境に貢献する分野にまで、その技術ステージを広げようとしています。モーターサイクルの未来へ向け、そして人と自然が共存する豊かな社会の実現へ向けて、SIWの技術はこれからも加速し続けます。

株式会社榛葉鉄工所 事業紹介

当社は、昭和22年(1947)、モーターサイクルの主要部品であるマフラーの専門メーカーとして設立いたしました。以来、半世紀を越える歴史の中で、常に革新的なマフラーづくりに取り組み、わが国のモーターシーンの発展に大きく貢献してまいりました。現在、当社は、これまでマフラーの開発製造で培った独自の技術とあくなきチャレンジ精神をもとに。モーターサイクル分野だけにとどまらず、ナノテクノロジー、光テクノロジーなど、21世紀の地球環境に貢献する分野にまで、その技術ステージを広げようとしています。モーターサイクルの未来へ向け、そして人と自然が共存する豊かな社会の実現へ向けて、SIWの技術はこれからも加速し続けます。
詳しくはお問い合わせ、またはカタログをご覧ください。 (詳細を見る

治具・金型・加工技術の専門家

溶接やプレス加工、治具や金型加工まであらゆる技術を持っています。
また、マフラー加工やパイプ加工の技術を活かしパラリンピックの正式種目として採用されたハンドバイクも手がけました。

【加工・試作・溶接実績】
◆マフラー品
 二輪車の主要部品であるマフラーを、設計開発から試作、量産まで一貫製作。
◆パイプ品
 マフラー製造のコア技術のひとつであるパイプ加工。1D曲げなど、難易度の高い製品を少量から受注致します。
◆プレス加工
チタンを始めとし、鉄、ステンレス、アルミ各種材料のプレス加工を行っています。

◆その他
・レーザー溶接
・溶接(ロボット)
・パイプベンダー加工

※詳細はお問合せください。 (詳細を見る

二輪車用「マフラー」【※設計開発・試作・量産】

『マフラー』は、自動二輪マフラー、農業機器マフラー、自動車部品などを
取り扱う、株式会社榛葉鉄工所の製品です。

スズキ株式会社、川崎重工業株式会社のオートバイとともに半世紀以上、
二輪車の主要部品であるマフラーを、設計開発から試作、量産まで一貫して
製作しています。

【特長】
■チタン製マフラー
■ステンレス製マフラー
■アルミ製マフラー
■メッキマフラー

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

パイプ製品(曲げ加工/二重管・曲げ加工)【※小ロット対応可能】

『パイプ製品』は、自動二輪マフラー、農業機器マフラー、自動車部品などを
取り扱う、株式会社榛葉鉄工所の製品です。

マフラー製造のコア技術のひとつであるパイプ加工。
1D曲げなど、難易度の高い製品を少量から受注致します。

【パイプ製品】
■曲げ加工
■二重管・曲げ加工

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

プレス品(チタン、鉄、ステンレス、アルミなど各材料にて対応)

『プレス品』は、自動二輪マフラー、農業機器マフラー、自動車部品などを
取り扱う、株式会社榛葉鉄工所の製品です。

チタンを始めとし、鉄、ステンレス、アルミなど各種材料のプレス加工を
行っています。

【プレス製品】
■チタン
■鉄
■ステンレス
■アルミ ほか

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
 (詳細を見る

治具・金型・設備

『治具・金型・設備』は、自動二輪マフラー、農業機器マフラー、自動車部品
などを取り扱う、株式会社榛葉鉄工所の製品です。

治具や金型のほか、自動溶接機(縦型)や、各種製品台車などの設備製造も
行っております。

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
 (詳細を見る

試作対応【※プレス、板金、溶接など各種試作に対応】

株式会社榛葉鉄工所では、プレス、板金、溶接など、
各種試作品の製作を行っています。

お気軽にお問合せください。

【試作品】
■プレス加工
■巻き加工
■パイプ加工
■溶接
■レーザー溶接
■溶接(ロボット)
■組立

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

技術情報『榛葉鉄工所の強み』

オートバイのマフラー作りに要求される高い技術力。

これまでマフラーの開発製造で培った独自の技術をもとに、モーター
サイクル分野だけにとどまらず、医療・福祉分野など、生活により密着した
分野にまで、その技術ステージを広げています。

当社は少量品の試作から量産品まで、製作対応可能なほか、設計から加工、
表面処理などの仕上げなどを強みとしています。

【取扱材料】
■チタン・ステンレス・アルミ・鉄・マグネシウム

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

加工技術「溶接」【※ロボット溶接機150台!】

榛葉鉄工所では、アルミ、チタン、マグネシウムの溶接、
レーザー溶接の対応をいたします。

ロボット溶接機が150台あり、レーザー、TIG、MAG、スポット溶接で、
様々な素材の加工が可能です。

当社には(社)日本溶接協会 半自動溶接資格保持者が在籍しています。

【対応材質】
■鉄、ステンレス、アルミ、チタン、マグネシウム など

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

加工技術『パイプベンダー加工』

株式会社榛葉鉄工所では、パイプベンダーを駆使し、複雑なパイプ加工に
対応いたします。

冷凍2重管設備で、美しい2重管の量産も可能です。
また、マテハンによる自動運転が可能で、1D曲げにも対応できます。

■対応材質:鉄、SUS、チタン、アルミ、マグネシウム
■対応径:φ17~φ80

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

加工技術『プレス加工』

株式会社榛葉鉄工所では、サーボプレス導入による深絞り加工、
デザイン重視の部品の加工、薄板の加工、丸ものだけでなく各種形状絞り
にも対応いたします。

また金型製作のみの依頼にも対応可能です。

■加工実績素材:鉄・SUS・チタン・アルミ
■板厚:t0.6~加工実績あり

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

加工技術「レーザー加工」【※マーキング/切断/溶接】

株式会社榛葉鉄工所では、各種レーザー加工に対応いたします。

繊細なイメージをそのまま、着色とは違い恒久的に残すことができる
「レーザーマーキング」をはじめ、様々な材料の切断を高精度に行う
「レーザー切断」、ステンレス鋼などの溶接に最適な「レーザー溶接」
に対応可能です。

【レーザー加工】
■レーザーマーキング
■レーザー切断
■レーザー溶接

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

技術情報『設備一覧』

自動二輪マフラー、農業機器マフラー、自動車部品などを取り扱う、
株式会社榛葉鉄工所の保有設備をご紹介します。

溶接、プレス、パイプ加工等の設備や、設計開発設備、測定機器などの
設備をご用意しています。

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。
 (詳細を見る

取扱会社 株式会社榛葉鉄工所 事業紹介

株式会社榛葉鉄工所

・大型自動二輪車・建設機械・農機具等内燃機関エキゾーストシステム及び関連部品の開発・製造・販売 ・福祉介護機器の開発・製造・販売 ・チタン、マグネシウム等難加工材の塑性加工並びに溶接加工

株式会社榛葉鉄工所 事業紹介へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社榛葉鉄工所

株式会社榛葉鉄工所 事業紹介 が登録されているカテゴリ

開く


  • 紡糸、コーティング糸、不織布、フィルムなどユニットの組合わせで多様な試作に対応 小型単軸押出機ALM-E20
  • 断水不要!ネジを締めるだけで配管の水漏れが直る!児玉工業の圧着ソケット

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー