シマ技研開発 Shima Giken Kaihatsu (SHIMA TECH  / SHIMATECH) ロゴシマ技研開発 Shima Giken Kaihatsu (SHIMA TECH / SHIMATECH)

最終更新日:2014-08-25 17:07:29.0

  • マニュアル
  •  
  •  

グリースショットセンサー「GSS-2型」

基本情報グリースショットセンサー「GSS-2型」

潤滑グリースの吐出を確認できる、1ショットのグリース最小量は0.05ccです!

定量吐出バルブから、設定されている量のグリースが送られてくると、1ショットごとに電気信号を出力します。エア噛み等によって設定量のグリースが送られてこない場合には、電気信号の出力がありません。電気信号を出力する、1ショットのグリース最小量は0.05ccです。この電気信号を処理することにより、生産ラインの停止、警告の為のブザーやライトを動作せることが出来ます。
詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをダウンロードして下さい。

グリースショットセンサー GSS‐2型【※デモ機貸出し無料!】

グリースショットセンサー GSS‐2型【※デモ機貸出し無料!】 製品画像

【特長】
■定量吐出バルブから、設定されている量のグリースが送られてくると、1ショットごとに電気信号を出力します。 エア噛み等によって設定量のグリースが送られてこない場合には、電気信号の出力がありません。
■電気信号を出力する、1ショットのグリース最少量は 0.05cc です。 吐出量に上限はありません。
■この電気信号を処理することにより、生産ラインの停止、警告のための
ブザーやライトを動作させることができます。
■グリース塗布トラブルを解決します。

※デモ機貸出しが可能です!詳しくは 090-3821-7499 島田までお問い合わせいただくか、カタログをダウンロードしてご覧下さい。

シマ技研開発のグリース関連製品にはこの他に、
高粘性物質定量吐出機(HVS):エア噛みなしで精密計量吐出
グリースカットノズル(GCN):液だれ糸引きを防ぐ
グリースストップバルブ(GSV):高粘性物質配管開閉用
小型精密ギヤポンプ(SGP):1回転吐出量0.5cc
があります。

自動車部品、電動工具、ボールベアリング、電気スイッチ、家電品、化成品等のメーカー様で使用されています。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

取扱会社 グリースショットセンサー「GSS-2型」

シマ技研開発 Shima Giken Kaihatsu (SHIMA TECH / SHIMATECH)

1・小型機械伝動部品、グリース定量吐出機、グリースだれ防止ノズル、グリース配管開閉バルブ、ギヤポンプ、グリース吐出確認センサー等の製造販売 2・産業用小型精密機械の分野での新製品企画開発業務 3・小型精密ワークを処理する加工機,搬送機,検測機,組立機等生産自動化に 関する企画設計受託業務 4・小型機械の組み立て調整受託業務 ■高粘性物質の取り扱いについてご相談ください。 1 · 소형 기계 전동 부품, 기름 정량 토출 장치, 기름 누구 방지 노즐, 기름 배관 개폐 밸브, 기어 펌프, 기름 토출 확인 센서 등의 제조 판매 2 · 산업용 소형 정밀 기계 분야의 신제품 기획 개발 업무 3 소형 정밀 작업을 처리하는 가공 기계, 반송 기계, 검측 기계, 조립기 등 생산 자동화에 관한 기획 설계 수탁 업무 4 · 소형 기계 조립 조정 수탁 업무 ■ 높은 점성 물질의 처리에 대해 상담하십시오. グリース自動塗布 「機械を設計してみよう!」 ↓ https://www.ipros.jp/catalog/detail/358704

グリースショットセンサー「GSS-2型」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

シマ技研開発 Shima Giken Kaihatsu (SHIMA TECH / SHIMATECH)

グリースショットセンサー「GSS-2型」 が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー