トミタエンジニアリング株式会社 ロゴトミタエンジニアリング株式会社

最終更新日:2014/09/25

  •  
  •  

2液カートリッジシステム

基本情報2液カートリッジシステム

容易に2液混合吐出が行える安価な2液カートリッジシステムです。混合比は、1:1、2:1、4:1、10:1 から選択可能です。

2液混合機が高価で手が出なく、まだ手混ぜで作業されている方や、実験/開発段階で2液混合作業がある方にお勧めです。
初期投資を大幅に抑えて安定的に2液混合吐出が可能です。容器・スタティックミキサは使い捨てタイプなので、いつも新しい状態でメンテナンス費用は不要です。

動力不要な省エネミキサー! 樹脂製スタティックミキサー

動力不要な省エネミキサー! 樹脂製スタティックミキサー 製品画像

トミタエンジニアリングの樹脂スタティックミキサーは、食品や化学薬品などさまざまな用途で、液体や気体の原料を均一に混合することができます。洗浄不要なため溶剤レスとなり作業環境を改善し、動力もいらないので省エネにも効果があります。またバリエーションも豊富で他メーカーでも使用可能な2液混合に使われる各種ミキサーを取り揃えているほか、先端にノズルを付けることができるニードルアダブターや金属製ミキサーも取り扱っています。

※スタティックミキサーの全てが分かる総合カタログを無料進呈中!
※サンプル無料進呈中!使用用途によりますので、詳しくはお問い合わせください。

【特長】
■他メーカーでも使用可能
■洗浄不要でメンテナンスの必要なし
■豊富なラインナップ 約80種類以上 
■吐出口内径:1.5mm以下も可能 ※別途アダプター必要

※詳しくはお問い合わせいただくか、カタログをダウンロードしてご覧下さい。 (詳細を見る

2液カートリッジシステム

2液カートリッジシステム 製品画像

容器、ミキサーは使い捨てのため、いつも新しい状態で安定的に2液混合吐出が可能です。押し出し機は、手動式/エアー式があり用途、作業量により選択可能です。
配合比率は、容積で1:1、2:1、4:1、10:1、から選択可能です。
スタティックミキサのラインナップも豊富です。 (詳細を見る

2液混合カートリッジシステム50ml

2液混合カートリッジシステム50ml 製品画像

容器、ミキサーは使い捨てのため、いつも新しい状態で安定的に2液混合吐出が可能です。少量(50ml)容器のため片手で混合吐出ができ、細かい作業でも楽々できます。
配合比率は、容積で1:1、2:1、4:1、10:1、から選択可能
スタティックミキサのラインナップも豊富で、ミキサーだけの販売も可能 (詳細を見る

2液混合カートリッジシステム (200ml、400ml)

2液混合カートリッジシステム (200ml、400ml) 製品画像

容器、ミキサーは使い捨てのため、いつも新しい状態で安定的に2液混合吐出が可能です。配合比率は、容積で1:1、2:1、4:1、10:1、から選択可能。初期投資を安価に、2液混合作業がすぐに始められます。

★無料で吐出ガンのデモ機貸出も可能です。この機会にぜひお問い合わせください。

【これらのお悩みをお持ちの方必見】
■2液混合作業の割合が少ないのに手間がかかっている・・・
■製品開発・実験ですぐに2液混合作業が必要・・・
■補修で2液混合作業が必要・・・
■配合比率などを作業者任せではなく管理したい・・・
■2液混合装置を導入したいが、とても高額な予算が出せない・・・

※詳細はカタログをダウンロード頂くか、お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

2液混合カートリッジシステム【吐出ガンの無料デモ機貸出中】

2液混合カートリッジシステム【吐出ガンの無料デモ機貸出中】 製品画像

全世界で最も幅広く使用されているカートリッジ式2液計量・混合システムです。手動またはエアー式の吐出ガンとカートリッジ、ミキサーを組み合わせて2液を混合吐出できるシステムです。容器、ミキサーは使い捨てのため、いつも新しい状態で安定的に2液混合吐出が可能です。

★無料で吐出ガンのデモ機貸出も可能です。この機会にぜひお問い合わせください。

【これらのお悩みをお持ちの方必見】
■2液混合作業の割合が少ないのに手間がかかっている・・・
■製品開発・実験ですぐに2液混合作業が必要・・・
■補修で2液混合作業が必要・・・
■配合比率などを作業者任せではなく管理したい・・・
■2液混合装置を導入したいが、とても高額な予算が出せない・・・

※詳細はカタログをダウンロード頂くか、お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

2液混合カートリッジシステム ※使い捨ての為、洗浄不要!

2液混合カートリッジシステム ※使い捨ての為、洗浄不要! 製品画像

全世界で最も幅広く使用されているカートリッジ式2液計量・混合システムです。

手動またはエアー式の吐出ガンとカートリッジ、
ミキサーを組み合わせて2液を混合吐出できるシステムです。
容器・ミキサーは使い捨てのため、
いつも新しい状態で安定的に2液混合吐出が可能です。

★無料で吐出ガンのデモ機貸出も可能です!この機会にぜひお問い合わせください。

【これらのお悩みをお持ちの方必見】
■2液混合作業の割合が少ないのに手間がかかっている…
■製品開発・実験ですぐに2液混合作業が必要…
■補修で2液混合作業が必要…
■配合比率などを作業者任せではなく管理したい…
■2液混合装置を導入したいが、とても高額な予算が出せない…

※詳細はカタログをダウンロード頂くか、お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

動力不要な省エネミキサー

動力不要な省エネミキサー 製品画像

トミタエンジニアリングの樹脂スタティックミキサーは、食品や化学薬品などさまざまな用途で
液体や気体の原料を均一に混合することができます。
洗浄不要なため溶剤レスとなり、作業環境を改善し動力もいらないので省エネにも効果があります。

バリエーションも豊富で、他メーカーでも使用可能な2液混合に使われる各種ミキサーを取り揃えているほか
先端にノズルを付けることができるニードルアダブターや金属製ミキサーも取り扱っています。

※スタティックミキサーの全てが分かる総合カタログを今なら無料進呈中!
※サンプル無料進呈中!使用用途によりますので、詳しくはお問い合わせください。

【特長】
■他メーカーでも使用可能
■洗浄不要でメンテナンスの必要なし
■豊富なラインナップ 約80種類以上 
■吐出口内径:1.5mm以下も可能 ※別途アダプター必要

※詳しくはお問い合わせいただくか、カタログをダウンロードしてご覧下さい。 (詳細を見る

2液混合カートリッジシステム 

2液混合カートリッジシステム  製品画像

全世界で最も幅広く使用されているカートリッジ式2液計量・混合システムです。
手動またはエアー式の吐出ガンとカートリッジ、ミキサーを組み合わせて2液を混合吐出できるシステムです。
容器・ミキサーは使い捨てのため、いつも新しい状態で安定的に2液混合吐出が可能です。

★無料で吐出ガンのデモ機貸出も可能です!この機会にぜひお問い合わせください。

【これらのお悩みをお持ちの方必見】
■2液混合作業の割合が少ないのに手間がかかっている・・・
■製品開発・実験ですぐに2液混合作業が必要・・・
■補修で2液混合作業が必要・・・
■配合比率などを作業者任せではなく管理したい・・・
■2液混合装置を導入したいが、とても高額な予算が出せない・・・

※詳細はカタログをダウンロード頂くか、お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

2液の少量塗布可能! 『高精度容積軽量方式2液型ディスペンサ』

2液の少量塗布可能! 『高精度容積軽量方式2液型ディスペンサ』 製品画像

『パーソナルディスペンサ PDシリーズ』は、
配合比率 100 : 100〜14の高精度容積軽量方式2液型ディスペンサです。

今まで手作業で行っていた、2液性樹脂の混合作業を
高精度に計量し確実に混合します。
樹脂のムダを省き、安定した製品作りに役立ちます。

また、環境問題を考え、混合は使い捨てタイプのスタティックミキサを採用。
洗浄液を使わないためメンテナンスの手間が省けます。
容積計量方式の採用により、液粘度変化による吐出量のバラツキがありません。

【特長】
■2液の少量塗布可能
■カーテルのような小さい部品の接着に好適
■テーブルにおけるサイズのため省スペース可能
■ミキサーが使い捨てなので洗浄不要。楽に作業できる

※詳細はお問合せ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 2液カートリッジシステム

トミタエンジニアリング株式会社

●液体精密混合・定量吐出装置 ●液体精密制御自動機・省力機 ●液体精密制御計装機器全般 ●上記に関連する一切の業務

2液カートリッジシステムへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせをすると、以下の出展者へ会員情報(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されること、また以下の出展者からの電子メール広告を受信することに同意したこととなります。

トミタエンジニアリング株式会社


キーマンインタビュー