株式会社ナンゴー ロゴ株式会社ナンゴー

最終更新日:2014/07/30

  • 技術資料・事例集
  •  

加工に関する特徴【ステンレス材】

基本情報加工に関する特徴【ステンレス材】

ステンレス材を加工する際の参考に!

SUS303、SUS304、SUS316、SUS430、SUS440、SUS630
上記のステンレス材の特徴について
一覧表にしてまとめました。
加工する際の参考にご利用ください。

材質ごとに詳しく説明しているページもありますので
よろしければご覧ください。

スペック情報

材質   ほか

金属加工 ステンレス材【SUS630】特徴

金属加工 ステンレス材【SUS630】特徴 製品画像

【SUS630】

◎適した使用用途
 ・医療関係
 ・タービン部品

◎特徴
 ・熱処理可能

◎適した加工
 ・フライス切削加工
 ・旋盤切削加工

=======================
      関連カタログから、
 普通銅の特徴についてまとめた一覧表を
     ダウンロードできます。
 よろしければ加工の参考にご覧ください。
    
   加工に関する特徴【ステンレス材】
======================= (詳細を見る

金属加工 ステンレス材【SUS440】特徴

金属加工 ステンレス材【SUS440】特徴 製品画像

【SUS440】

◎適した使用用途
 ・ベアリングの玉
 ・包丁、ナイフ

◎特徴
 ・熱処理可能

◎適した加工
 ・スライス切削加工
 ・旋盤切削加工

=======================
      関連カタログから、
 普通銅の特徴についてまとめた一覧表を
     ダウンロードできます。
 よろしければ加工の参考にご覧ください。
    
   加工に関する特徴【ステンレス材】
======================= (詳細を見る

金属加工 ステンレス材【SUS430】特徴

金属加工 ステンレス材【SUS430】特徴 製品画像

【SUS430】

◎適した使用用途
 ・一般機械部品

◎特徴
 ・磁性あり
 ・耐食性はSUS304より劣る

◎適した加工
 ・フライス切削加工
 ・旋盤切削加工

◎コスト
 ・SUS304より安価

=======================
      関連カタログから、
 普通銅の特徴についてまとめた一覧表を
     ダウンロードできます。
 よろしければ加工の参考にご覧ください。
    
   加工に関する特徴【ステンレス材】
======================= (詳細を見る

金属加工 ステンレス材【SUS316】特徴

金属加工 ステンレス材【SUS316】特徴 製品画像

【SUS316】

◎適した使用用途
 ・食品関係
 ・医療関係
 ・薬品関係

◎特徴
 ・SUS304より更に高い耐腐食性

◎適した加工
 ・スライス切削加工
 ・旋盤切削加工
 ・溶接加工

◎コスト
 ・高額

=======================
      関連カタログから、
 普通銅の特徴についてまとめた一覧表を
     ダウンロードできます。
 よろしければ加工の参考にご覧ください。
    
   加工に関する特徴【ステンレス材】
======================= (詳細を見る

金属加工 ステンレス材【SUS304】特徴その2

金属加工 ステンレス材【SUS304】特徴その2 製品画像

◎SUS304を用いたコストカット
溶接をしないのであれば、SUS303に変更することにより
加工時間の短縮がはかれる。

◎被削性
参考に・・・S45Cの被削性指数は73で、
SUS304の被削性指数は45であり、削りにくい。
(数字が小さくなるほど難削材)

◎溶接性
溶接は可能である。
ただし溶接部、および熱影響部の耐食性が悪くなる。
熱膨張率が大きいため、ひずみや割れが発生しやすくなります。

◎切削加工 難易度
ステンレス鋼は熱伝導率が低く、
切削時に発生する熱(800~1200℃程度)が工具刃先に集中します。
そのため工具磨耗が急速に進展し工具寿命は短く、
難削材と呼ばれています。
またステンレス鋼は、加工硬化減少の発生も懸念されるため、
切削時のトラブルが多い被削材です。

◎ミガキ材 精度
丸材のセンタレスは外径公差がh7である。 (詳細を見る

金属加工 ステンレス材【SUS304】特徴その1

金属加工 ステンレス材【SUS304】特徴その1 製品画像

【SUS304】とは
最も代表的なステンレス鋼です。
オーステナイト系で、18%のCrと8%のNiが主要成分です。
「18-8ステンレス」と呼ばれたりもします。
耐食性は優れていて、機械的性質も良好です。
家庭用品から工業用品まで広く利用されています。
冷間加工によって硬化し、磁性が発生することもあります。

◎敵した使用用途
 ・食品関係
 ・医療関係
 ・薬品関係

◎特徴
 ・高い耐腐食性
 ・難削材
 ・溶接性良好
 ・応力がきつい

◎切削性
ステンレス鋼は熱伝導率が低く、
切削時に発生する熱(800~1200℃程度)が工具刃先に集中します。
そのための工具磨耗が急速に進展し工具寿命は短く、
難削材と呼ばれています。
またステンレス鋼は、加工硬化現象の発生も懸念されるため、
切削時のトラブルが多い披削材です。 (詳細を見る

金属加工 ステンレス材【SUS303】特徴

金属加工 ステンレス材【SUS303】特徴 製品画像

【SUS303】

◎適した使用用途
 ・一般機械部品

◎特徴
 ・快削材
 ・溶接に向かない
 ・応力がきつい
 ・鉄より重たい(8.0)

◎適した加工
 ・フライス切削加工
 ・旋盤切削加工

◎コスト
 ・304に比べて切削性良好
 ・加工時間短縮可能

【SUS304】と【SUS303】の違い
SUS303は切削性の向上のために、
硫黄を添加(最低0.15%)した快削ステンレス鋼。

=======================
      関連カタログから、
 普通銅の特徴についてまとめた一覧表を
     ダウンロードできます。
 よろしければ加工の参考にご覧ください。
    
  加工に関する特徴【ステンレス材】
======================= (詳細を見る

取扱会社 加工に関する特徴【ステンレス材】

株式会社ナンゴー

精密機械加工: ・横フライス…(MC・NC・中ぐり)による加工を得意とし、特に「少し大きめ」の中重量物の重切削、剛性を要する加工はお任せ下さい。 ・縦フライス…小物精密部品から大物まで対応します。横フライスとのコラボで適宜工程を組み、加工しますのでコスト面も抑えられます。高硬度の加工も得意です。 ・旋盤…単品~小ロット生産が中心で、汎用、NC旋盤により、あらゆる旋削に対応します。 ・複合加工…自社内で丸・角の複合工程を行い加工効率向上、納期短縮にお応えします。 ・鋳物加工…各種鋳物素材(FC材、FCD材等)の加工を、プレート・ブロックからの削り出しや、異形鋳物まで対応します。 ・製缶加工…溶接から機械加工まで一貫で製作させて頂きます。平行度の必要な架台の脚や、直角度の必要なL型の品物等、お任せ下さい。 治具・ツールの設計製作: 自動車エンジン組立ラインに関わる各種治具・設備の製作で培った独自の経験とノウハウを活かし、業界を問わず最も効率的な治工具をご提供いたします(加工治具、量産治具、組立治具、検査治具)。 社内設計したものを社内加工することで、お客様のご要望を素早くカタチにします。

加工に関する特徴【ステンレス材】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ナンゴー


キーマンインタビュー