ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社 ロゴダイセン・メンブレン・システムズ株式会社

最終更新日:2015/10/13

  •  
  •  

食品分野における『膜分離技術』のご提案

基本情報食品分野における『膜分離技術』のご提案

省エネルギー、品質の向上、資源の有効利用と環境保全を目指す新技術!

食品分野において、省エネルギー、品質の向上、資源の有効利用と
環境保全を目指す新しい分離技術として膜が注目されています。

当社では、試験段階から実機導入、アフターフォローまでお客様の
パートナーとして迅速かつ丁寧に最後まで徹底してプロジェクトを
完遂します。

【課題事例】
■ミネラル分を損なわない確実な除菌
加熱殺菌では、水中のミネラル分が減少、変質する可能性があるため、
中空糸膜等を用いて、有害な雑菌の除去はもちろん、ミネラルや風味を
損なわない膜処理を実現。

■有用物質の濃縮・精製で、食品に新たな機能の付加
分離膜技術を駆使し、天然物エキスの濃縮や栄養価の向上といった要望に
最適な膜製品を提供。

■酵素処理により有能資源の利用
酵素の濃縮・精製では蛋白吸着が少なく、シャープな分画性能の膜材質
ポリアクリロニトリル、耐熱性を有した膜材質ポリエーテルサルホンを
お薦めし、トータルろ過膜システムにてご提供。

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。
https://daicen.com/

食品分野における『膜分離技術』のご提案

食品分野における『膜分離技術』のご提案 製品画像

食品分野において、省エネルギー、品質の向上、資源の有効利用と
環境保全を目指す新しい分離技術として膜が注目されています。

当社では、試験段階から実機導入、アフターフォローまでお客様の
パートナーとして迅速かつ丁寧に最後まで徹底してプロジェクトを
完遂します。

【課題事例】
■ミネラル分を損なわない確実な除菌
加熱殺菌では、水中のミネラル分が減少、変質する可能性があるため、
中空糸膜等を用いて、有害な雑菌の除去はもちろん、ミネラルや風味を
損なわない膜処理を実現。

■有用物質の濃縮・精製で、食品に新たな機能の付加
分離膜技術を駆使し、天然物エキスの濃縮や栄養価の向上といった要望に
最適な膜製品を提供。食品の機能維持改善に効果のある製造プロセスの
構築をサポートします。

■酵素処理により有能資源の利用
酵素の濃縮・精製では蛋白吸着が少なく、シャープな分画性能の膜材質
ポリアクリロニトリル、耐熱性を有した膜材質ポリエーテルサルホンを
お薦めし、トータルろ過膜システムにてご提供。

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。

 (詳細を見る

膜による精製・濃縮・回収技術【事例集】

膜による精製・濃縮・回収技術【事例集】 製品画像

水溶性ポリマー・染料・顔料・ナノ粒子の精製や、染料溶液からの塩類除去など、分子量の異なる複数の物質が混在する液中からの精製・濃縮・回収のニーズが高まっています。
弊社では、水処理用各種分離膜モジュ-ルの開発を行っております。
分離孔径で100μ~数ナノ~イオンサイズまで分離が可能な、豊富な種類の膜を、中空糸膜、スパイラル膜、TB膜などバリエーション豊かな膜モジュールでご提供できます。
膜システム・装置としての多くの納入実績をもち、豊富なノウハウと確かな技術でお客様のニーズにあった膜モジュールシステムの実機設計・納入も可能です。

今回はさまざまな事例とともに、膜による高精度な精製・濃縮・回収技術をご紹介いたします。
【詳しくはカタログダウンロード、またはお気軽にお問い合わせください】 (詳細を見る

取扱会社 食品分野における『膜分離技術』のご提案

ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社

モルセップ製品:産業用、メディカル用分離膜モジュール及びシステムの製造販売 パールコン製品:合成樹脂多孔体および散気装置等の製造販売 メンテナンス業務:分離膜モジュール及びシステムのメンテナンス業務

食品分野における『膜分離技術』のご提案へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ダイセン・メンブレン・システムズ株式会社


キーマンインタビュー