有限会社AMK ロゴ有限会社AMK

最終更新日:2015-02-20 10:15:17.0

  • 技術資料・事例集
  •  

【○熱の伝達方式と遠赤外線加熱○~豆知識NO.4】

基本情報【○熱の伝達方式と遠赤外線加熱○~豆知識NO.4】

遠赤外線ヒーターと加熱装置の専門メーカー、有限会社AMKの技術資料です。

【掲載内容 ※詳しくはカタログをご覧ください。】
熱の伝達方式の一つ放射伝熱(遠赤外線加熱)は、熱源である遠赤外線ヒーターと物体は接触しないので、物体の設定温度よりかなり高い温度にしても物体の表面温度は急上昇しません。
3μ以上に吸収体がある有機物や高分子物・セラミック等は3μ以上の波長を放射する遠赤外加熱により表面での熱吸収が非常に効率よく行われ、物体内部への熱流が昇温時間中ほぼ一定で供給できます。
つまり物体全体が温度上昇することになります。
表面で受けた熱エネルギーがほとんど内部へ流れるので表面温度だけが上昇することなく目標温度までほぼ直線的に昇温します。

【豆知識:熱の伝達方式と遠赤外線加熱】
○伝導伝熱
→直接被加熱物を熱源と接触させて伝熱する方法
○対流伝熱
→強制的に熱源に接触し昇温した空気やガスを炉内に送り込み、
 内部に置いた被加熱物を加熱する方式
○放射伝熱(遠赤外線加熱)

【○熱の伝達方式と遠赤外線加熱○~豆知識NO.4】

【○熱の伝達方式と遠赤外線加熱○~豆知識NO.4】 製品画像

熱の伝達方式の一つ放射伝熱(遠赤外線加熱)は、熱源である遠赤外線ヒーターと物体は接触しないので、物体の設定温度よりかなり高い温度にしても物体の表面温度は急上昇しません。
3μ以上に吸収体がある有機物や高分子物・セラミック等は3μ以上の波長を放射する遠赤外加熱により表面での熱吸収が非常に効率よく行われ、物体内部への熱流が昇温時間中ほぼ一定で供給できます。
つまり物体全体が温度上昇することになります。
表面で受けた熱エネルギーがほとんど内部へ流れるので表面温度だけが上昇することなく目標温度までほぼ直線的に昇温します。

【豆知識:熱の伝達方式と遠赤外線加熱】
○伝導伝熱
→直接被加熱物を熱源と接触させて伝熱する方法
○対流伝熱
→強制的に熱源に接触し昇温した空気やガスを炉内に送り込み、
 内部に置いた被加熱物を加熱する方式
○放射伝熱(遠赤外線加熱)

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

取扱会社 【○熱の伝達方式と遠赤外線加熱○~豆知識NO.4】

有限会社AMK

赤外線ヒーター製造25年、装置製造20年の実績の技術集団です。 加熱に関する相談事から遠赤外線を使った装置まで、幅広く対応。

【○熱の伝達方式と遠赤外線加熱○~豆知識NO.4】へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社AMK


キーマンインタビュー