株式会社クロゼン ロゴ株式会社クロゼン

最終更新日:2018-01-10 16:06:01.0

  • 技術資料・事例集
  •  
  •  

モータの教科書/設備プロ王国. com

基本情報モータの教科書/設備プロ王国. com

この1冊でモータ・ギヤードモータの事が分かる『モータの教科書』!60ページ超の詳細版【無料進呈中!】

モータの教科書 掲載内容

【目次】
・モータとは
・モータの種類は様々にあります
・モータの出力について知ろう!
・モータの始動方式について
・モータを過負荷・過電流から保護するには
・モータの耐熱クラスと周囲温度について
・三相誘導モータの選定ポイント
・単相誘導モータの選定ポイント
・モータの設置環境による選定のポイント(1)
・モータの設置環境による選定のポイント(2)
・モータの用途にはどんなものがあるか
・モータの用語を知ろう! トルク関係
・モータの用語を知ろう! 電気関係
・モータの用語を知ろう! 回転関係
・モータ産業とメーカーについて
・モータでよくあるトラブルと対処法
・標準効率・高効率・プレミアム効率モータ
・トップランナー規制とは
・ギヤードモータについて
・PMモータについて

モータの教科書/設備プロ王国. com

モータの教科書/設備プロ王国. com 製品画像

一口にモータと言っても、様々な種類・用途があります。
そんなモータについて詳しく解説!
モータの歴史から、モータの種類、正しいモータの選び方まですべてが分かる『モータの教科書』。

様々なモータを扱う『設備プロ王国. com』のノウハウをまとめた
60ページ超の充実の内容で、関係エンジニア必須の1冊です。

【掲載内容】(抜粋)
・モータとは
・モータの出力について
・モータの耐熱クラスと周辺温度
・モータ選定について
・よくあるトラブルと対処法 他
※詳細な目次は、下記製品説明をご確認ください。

※詳しくはお問い合わせ、もしくは『モータの教科書』をダウンロードしてください。 (詳細を見る

プレミアムモータ 「ザ・モートルNeo100 Premium」

プレミアムモータ 「ザ・モートルNeo100 Premium」 製品画像

日立産機システムの『ザ・モートルNeo100 Premium』は、効率クラスIE3をクリアしたプレミアムモータです。
従来モータと同様にお使いいただけるよう取付互換性を確保した上で、省エネルギー効果はもちろん、信頼性・低騒音・低振動技術も更に向上しています。

【特徴】
○屋内・屋外型 全機種に耐熱クラスFを標準採用
○取付け寸法は標準効率モータと同一
○幅方向寸法低減が可能な端子箱上構造
○屋外型の全機種に保護構造IP55を標準採用

製品の詳細については、お問い合わせください (詳細を見る

モータ 「スーパーラインプレミアムシリーズ SF-PR形」

モータ 「スーパーラインプレミアムシリーズ SF-PR形」 製品画像

三菱電機の『スーパーラインプレミアムシリーズ SF-PR形』は、スーパーラインエコシリーズ SF-HR形の高効率技術を活かしつつ設計の最新化や最適化を進めた、使いやすさそのままのIE3対応商品です。
標準モータSF-JR形と取付け寸法(わく番号)に互換があり、そのまま置き換えが可能です。全長、径寸法も標準モータSF-JR形と同一です。

【特徴】
○互換性のある取付寸法
○更なる省エネ運転
○SF-PRO屋外仕様では保護方式IP44に適合
○低騒音のSF-PRBブレーキ付モータ

製品の詳細については、お問い合わせください (詳細を見る

取扱会社 モータの教科書/設備プロ王国. com

株式会社クロゼン

産業用機械部品とともに、67年。 関東・甲信越の生産活動に貢献してきた株式会社クロゼンが、設備プロ王国通信販売で、全国の製造業・工場・メーカー様のお手伝いをいたします。

モータの教科書/設備プロ王国. comへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社クロゼン

モータの教科書/設備プロ王国. com が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー