ピーエスイージャパン ロゴピーエスイージャパン

最終更新日:2015-12-08 13:03:47.0

  • 製品カタログ
  •  
  •  

gSOLIDS個体ハンドリング解析ソフトウェア_和文

基本情報gSOLIDS個体ハンドリング解析ソフトウェア_和文

1.0J

カタログ発行日:2015/12/08

粉体プロセスの設計最適化、スタートアップ方法の検討、シャットダウン時のプロセス解析、最適な運転方法の検討等にお使い戴けます。

従来、一般的なプロセスシミュレータでは、固体、特に粉体の粒度分布や、それに付随する様々な諸元(例えば含水率等)を厳密に取扱うことが困難でしたが、弊社開発の固体・粉体プロセスハンドリングツール 「gSOLIDS」は、米国P&G社殿と共同開発致しました最新のプロセス 
モデリングツールとなっており、既に実際のプロジェクトにも適用され、その効用が実証されているます。バッチプラントの場合で、プラントを立上げ、定常生産に入るまでの運転調整に要する時間の短縮に活用されています。

粉体プロセスの設計最適化(各機器のサイジング等を含む)や、スタートアップ方法の検討、シャットダウン時のプロセス解析や、スプレードライヤなどの、最適な運転方法の検討等、あらゆる種類・目的のシミュレーション、プラントの設計、最適化検討にお使い戴けます。

gPROMS gFORMULATE

gPROMS gFORMULATE 製品画像

gPROMS Formulated Productsでは、反応、結晶、湿式及び乾式粉砕、噴霧乾燥、湿式及び乾式造粒、ブレンドおよび錠剤の打錠などの操作のためのプロセスモデルのライブラリを搭載しております。

製薬プロセスに適用した事例では、原薬製造から製剤プロセスを経て、経口吸収のリスク解析まで、一貫したシステム全体のパフォーマンス解析が可能です。

■gCRYSTAL - 溶液晶析解析用
■gSOLIDS - 固液・固気分離、分級、造粒プロセス
■gCOAS – 経口吸収解析

当製品はファイザー、イーライリリー、グラクソ・スミスクライン、ロシュ社殿の協力を得て開発されました。
原料、ユニット操作および製品性能の数理モデルの使用により、医薬品および医薬品の処方及び製造の最適化のための製剤設計が可能です。インビボ(in vivo)性能および製造可能性を含む品質特性に対して、新しい製剤処方をより迅速にスクリーニングできます。 (詳細を見る

価格帯 お問い合わせください 納期 2・3日

「gSOLIDS」固体・粉体プロセスシミュレーションソフト

「gSOLIDS」固体・粉体プロセスシミュレーションソフト 製品画像

弊社の固体・粉体プロセスシミュレーションソフト「gSOLIDS」は、米国P&G社との共同で開発したモデリングツールです。プラントにおいてバッチプロセスを立上げ定常生産に入るまでの運転調整に要する時間の短縮に活用されており、実プロジェクトにおける予測性が実証されています。

粉体プロセスの設計最適化(各機器のサイジング等を含む)や、スタートアップ方法の検討、シャットダウン時のプロセス解析や、最適な運転方法の検討等、あらゆる種類・目的のシミュレーション、プラントの設計、最適化検討にお使い戴けます。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期 1週間以内

取扱会社 gSOLIDS個体ハンドリング解析ソフトウェア_和文

ピーエスイージャパン

PSEのソフトウェア製品及び技術サービスは、ガス・石油・電力(原子力)・燃料電池などのエネルギー分野、石油化学・医薬品を含む化学分野、食品・日用品などのライフサイエンス分野にも幅広く活用されています。  弊社は「gPROMS」の開発・販売・技術サポート並びにお客様の用途に合わせたシミュレーションモデル作成を中心としたコンサルティング業務を提供しております。

gSOLIDS個体ハンドリング解析ソフトウェア_和文へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ピーエスイージャパン

gSOLIDS個体ハンドリング解析ソフトウェア_和文 が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー