株式会社ボロン研究所の会社ロゴ画像です株式会社ボロン研究所東京営業所

最終更新日:2017-10-23 16:38:11.0

  • 製品カタログ
  •  

ドナー・アクセプター系分子化合物型帯電防止剤「ビオミセルBN-105」

基本情報ドナー・アクセプター系分子化合物型帯電防止剤「ビオミセルBN-105」

カタログ発行日:2016/3/25

内部練り込み型帯電防止剤

積み重ねた研究成果からの選択律により、固有の化合物同士が独特のエ
ネルギーで結合するように設計された構造物の添加剤が、一種類のみ
でマルチプルに構造の異なる多種類の樹脂製品に対応できて、それら各
種成形物の静電気対策問題を十分に解決できるという、斬新な機能材料

スペック情報

再現性   融点   ほか

静電気対策に最適!練込み型帯電防止剤『ビオミセルBNシリーズ』

帯電予防剤 ビオミセルBNシリーズ

「ビオミセルBNシリーズ」は、0.5%~2.0%以内の少量添加で
樹脂製品を無帯電化製品にできる練込み型帯電防止剤です。

オレフィン樹脂のPP,PEやABS樹脂、塩ビ樹脂、ウレタン樹脂商品の静電気対策を
安価、手軽かつ効果的に行える画期的な材料です。

【特長】
■樹脂製品の表面状態を損なわず、長期安定性能を発揮
■安全性が高く、食品包装などにも最適
■ベトツキ、ブリーディング現象などが起こらない
■樹脂製品の物性を変えず、帯電予防効果が続く

━━★ビオミセルBNを配合したサンプル製品無料進呈中!★━━━━━
《サンプル製品》
■PP(ポリプロピレン)のシート
■PE(ポリエチレン)のフィルム(袋)⇒口開きの良さをご体感ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎詳しくはお問い合わせまたはカタログをダウンロードご覧ください。
※サンプルご希望の方はその旨を記載ください。
 (詳細を見る

産業用練込み型帯電防止剤『ビオミセルBN-105』

●世界初の分子化合物型帯電防止剤であり、樹脂セグメント中にメチレン基(-CH2-)が有れば樹脂との親和性が確保され、多種類の樹脂への性能付与が可能。
●マトリックス内部に於いて、分子化合物が電荷移動遷移して瞬時にイオン対型構造に転換し電荷を消去する。

【特長】
■樹脂製品の表面状態を損なわず、長期安定性能を発揮
■安全性が高く、食品包装などにも最適
■ベト付き、ブリーディング現象などが起こらない
■樹脂製品の物性を変えず、帯電予防効果が続く

★ビオミセルBNを配合したサンプル製品無料進呈中!★
■PP(ポリプロピレン)のシート
■PE(ポリエチレン)のフィルム(袋)⇒口開きの良さをご体感下さい

※無料サンプルご希望の方は、お問い合わせ内容に「サンプル希望」とご記載下さい。
※製品の詳細はダウンロードからPDFデータをご覧下さい。 (詳細を見る

ビオミセルBN-105 BN-105塩ビへの優位さ説明

ドナー・アクセプター分子化合物系帯電防止剤の「ビオミセルBN-105」での塩化ビニールシートの試作では、少量の添加で軟質塩化ビニール樹脂の表面固有抵抗値を首尾よく半導体域の10^10Ω/口まで低下させ、しかも、液体である可塑剤のもたらすベト付き性を抑制させる効果も有しておりますので、性能上だけでなく、コスト面でも今後は軟質塩ビ業界で取り扱えられるに足る機能材料になると推測しております。

【特徴】
○各種絶縁性プラスチックスの表面電気特性を半導体域に近づける
○表面での接触帯電、摩擦帯電をなくし、長期間性能保持可能
○包装資材に対して静電気障害をなくし、
 粉塵を寄せず衛生効果向上また防曇性の付与
○射出成型物の表面ベト付き、フィルム成型物の口開き性悪化防止

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

ビオミセルBN-105の他製品と比較性能 使用例

従来、PP製品への帯電防止性能付与は、ポリマーブレンド方式による導電樹脂大量混入による方法が主流であったが、このドナー・アクセプター系分子化合物型の帯電防止剤の出現により、ごく少量の混入で性能付与が可能になったために物性、コスト両面での合理化が可能になったのです。

【特徴】
○IC用部品保管および運搬用品を製造する原材料シートに対して
 安心度の高い静電気障害防止性能付与が可能
○医療空間、食品製造現場等の衛生保持用の出入り口の開口部や、
 間仕切りシートへの極めて有益な静電気障害防止付与が可能
○静電気やホコリを嫌う製品や内装材の樹脂を無帯電化することで、
 例えばクリーンルーム建設の内装費低減が可能

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

改訂版:静電気の豆知識【小冊子無料進呈中!】

機械の誤作動や、不良品の発生、印字ミス、ホコリ対策、ノイズ発生まで、産業界のあらゆる場面で静電気による弊害は起こります。

なんらかの対策はしていても、対応しきれない場面が多数あるのが現状です。
静電気の除去対策はしていても"予防"をできる製品は中々ありません。


【掲載内容】
1)静電気はなぜ起こる? 
2)どんな種類の帯電現象が有る? 
3)衣服摩擦で発生する身体への帯電量を少なくできる 
4)静電気の弊害に苦慮する産業界の数々
5)従来の主な静電気対策手法
6)「アンチスタ/エレナック」の原理 

※静電気のお困りの方はお気軽にご相談ください!
 (詳細を見る

取扱会社 ドナー・アクセプター系分子化合物型帯電防止剤「ビオミセルBN-105」

株式会社ボロン研究所 東京営業所

■主な研究と成果 ・半極性有機ホウ素界面活性剤の研究 ・脱離反応用相関移動触媒の研究 ・新規抗菌性物質アザラクタムの研究 ・N.Bコンプレックスの物性研究 ・有機ケイ・弗化物の応用研究 ・プロポリス—高分子電解質系環境浄化剤の研究 ●新界面活性剤の総合技術資料集“帯電防止剤”(経営開発センター1982年) ●界面活性剤の新機能(油化学1984年) ●プロポリス特集“ミセル化抽出法”(東洋医学舎1995年)

ドナー・アクセプター系分子化合物型帯電防止剤「ビオミセルBN-105」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ボロン研究所 東京営業所


  • モーター&周辺機器20万点 オリエンタルモーター公式通販サイト
  • 遅延わずか2mS ハイレゾPCMオーディオ伝送 ワイヤレスオーディオモジュール

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー