デュケインジャパン株式会社 ロゴデュケインジャパン株式会社

最終更新日:2016-04-04 14:54:00.0

  • 技術資料・事例集
  •  

プラスチック溶着技術「超音波溶着」

基本情報プラスチック溶着技術「超音波溶着」

電気的エネルギーを機械的エネルギーに変換!動力的利用の超音波溶着

人間の耳に聞こえる音の領域は20Hzから20kHzと言われています。
超音波はこの可聴周波数より高い周波数の領域を呼んでいます。
また、超音波は通信的利用方法と動力的利用方法に分類されます。
超音波溶着は動力的利用方法に入ります。

【特徴】
○超音波溶着に使用される周波数は
 15kHz、20kHz、30kHz、40kHz、50kH及び70kHz
○電気的なエネルギーを機械的エネルギーに最大に変換する為には
 振幅、周波数、圧力が重要なファクターとなる
○一般的には周波数が低い場合には振幅は大きくなり、
 周波数が高くなると振幅は小さくなる
○最適な周波数、振幅、圧力が溶着されるプラスチック部品の接合部に
 伝達し、強力な摩擦熱を発生し、溶融・溶着が行われる
○溶着後、プラスチックは分子結合され強力な溶着が得られる

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

プラスチック溶着技術「超音波溶着」

プラスチック溶着技術「超音波溶着」 製品画像

人間の耳に聞こえる音の領域は20Hzから20kHzと言われています。
超音波はこの可聴周波数より高い周波数の領域を呼んでいます。
また、超音波は通信的利用方法と動力的利用方法に分類されます。
超音波溶着は動力的利用方法に入ります。

【特徴】
○超音波溶着に使用される周波数は
 15kHz、20kHz、30kHz、40kHz、50kH及び70kHz
○電気的なエネルギーを機械的エネルギーに最大に変換する為には
 振幅、周波数、圧力が重要なファクターとなる
○一般的には周波数が低い場合には振幅は大きくなり、
 周波数が高くなると振幅は小さくなる
○最適な周波数、振幅、圧力が溶着されるプラスチック部品の接合部に
 伝達し、強力な摩擦熱を発生し、溶融・溶着が行われる
○溶着後、プラスチックは分子結合され強力な溶着が得られる

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 プラスチック溶着技術「超音波溶着」

デュケインジャパン株式会社

超音波溶着機、振動溶着機、スピン溶着機、熱板溶着機、熱カシメ機の販売及びサポート。上記製品用の治工具の設計、製作、販売。

プラスチック溶着技術「超音波溶着」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

デュケインジャパン株式会社

プラスチック溶着技術「超音波溶着」 が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー