アサヒ・テクノソリューションズ株式会社

最終更新日:2016-04-25 18:39:23.0

  • 製品カタログ
  •  
  •  

LED光源ステッパー『ATS-4003ステッパー』※テスト露光可

基本情報LED光源ステッパー『ATS-4003ステッパー』※テスト露光可

高照度で故障しにくく、長寿命!研究・材料開発に最適!

『ATS-4003ステッパー』は、ランプ交換不要のLED光源ステッパーです。

無音、無振動の高速電子シャッターのため故障が発生しにくく、
i線で2500mW/cm2以上と高照度。

解像度はサブミクロンまで対応可能。
ランニングコストが低く、コンパクトで使いやすい設計です。

【特長】
■LED光源照明でランプ交換不要、低ランニングコスト
■高速電子シャッター採用
■照度:可変i線、2500mW/cm2以上の高照度
■コンパクト設計 800×800×1670mm

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。

LED光源ステッパー『ATS-4003ステッパー』

『ATS-4003ステッパー』は、ランプ交換不要のLED光源ステッパーです。
無音、無振動の高速電子シャッターのため故障が発生しにくく、i線で2500mW/cm2以上と高照度。
解像度はサブミクロンまで対応可能。
ランニングコストが低く、コンパクトで使いやすい設計です。

【特長】
■LED光源照明でランプ交換不要、低ランニングコスト
■高速電子シャッター採用
■照度:可変i線、2500mW/cm2以上の高照度
■コンパクト設計 800×800×1670mm

【用途一例】 カラーフィルター 材料開発 など

≪展示会情報≫
MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 に出展します!

【開催概要】
会期:2017年10月4日(水)~6日(金) 10:00-17:00
会場:幕張メッセ 国際展示場・国際会議場

※詳しくはカタログをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。
 テスト露光は、ご相談下さい。 (詳細を見る

LED光源ステッパー ※テスト露光受付中

‐‐‐‐‐‐★MEMSセンシング&ネットワークシステム展2017 に出展します★‐‐‐‐‐

『ATS-4003ステッパー』は、ランプ交換不要のLED光源ステッパーです。
無音、無振動の高速電子シャッターのため故障が発生しにくく、i線で2500mW/cm2以上と高照度。
解像度はサブミクロンまで対応可能。ランニングコストが低く、コンパクトで使いやすい設計です。
カラーフィルター材料開発などで採用実績があります。

◎ただいま、テスト露光も受付中です。ご希望の方はお問い合わせよりお申し付けください。

【特長】
■LED光源照明でランプ交換不要、低ランニングコスト
■高速電子シャッター採用
■照度:可変i線、2500mW/cm2以上の高照度
■コンパクト設計 800×800×1670mm

※詳しくはPDFをご覧下さい。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

取扱会社 LED光源ステッパー『ATS-4003ステッパー』※テスト露光可

アサヒ・テクノソリューションズ株式会社

特注露光機(アライナー、小型ステッパー)、フランスSET社製高精度フリップボンダー、SET北アメリカ製基板表面プラズマ処理機(表面パッシベーション可能)を主に取り扱っています。またメーカ保守の終了したアライナー、基板ボンダーの保守もご相談に乗ります。特注露光機はご予算に合わせた仕様が可能です。

LED光源ステッパー『ATS-4003ステッパー』※テスト露光可へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

アサヒ・テクノソリューションズ株式会社


  • 期間限定SALE開催中!確かな品質をお求めやすい価格で 産業部品・計測器を41000点ラインナップ
  • 紡糸、コーティング糸、不織布、フィルムなどユニットの組合わせで多様な試作に対応 小型単軸押出機ALM-E20

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー