株式会社シー・エス・シー(CSC) ロゴ株式会社シー・エス・シー(CSC)

最終更新日:2016/07/28

  • 技術資料・事例集
  •  

エア抜き用攪拌機付グリス供給システム

基本情報エア抜き用攪拌機付グリス供給システム

LINCOLNのエア抜き用撹拌機付グリスポンプでより高い信頼性の定量供給が可能になります

LINCOLNの撹拌機付グリスポンプはリザーバー内部の回転パドルでエアを抜きながらグリスを供給する画期的なグリスポンプです。エジェクター定量弁からの定量吐出をより確実な物にすることができます。

LINCOLN『高粘度材供給ポンプ』

LINCOLN『高粘度材供給ポンプ』 製品画像

LINCOLNの『高粘度材供給ポンプ』は、シール材やマスチック・グリス・高粘度シリコン・印刷用インキなどの
高粘度液体をドラム/ペール缶の容器から直接吸い上げて安定供給ができる自動供給機。
LINCOLNは100年にわたり、世界中で使用されている潤滑装置の製造を手掛けています。
高粘度材の供給ポンプは、その技術ノウハウを詰め込んだ製品です。
ポンプのグランド部は、高圧に耐える特殊な保護構造で、
液漏れが少なく長期間にわたって使用可能。
モジュラー設計のためエアモーター部の整備は六角レンチ一本で可能、メンテンス性に大変優れています。
【特長】
■ポンプユニットの組合せで低/中/超高粘度の様々な液体に標準品で対応可能
■エア駆動、油圧駆動方式など様々な駆動方式のラインナップ
■六角レンチやスパナなどの汎用工具で簡単に部品交換が可能、イージーメンテナンスに配慮された構造
■高圧下に長期間さらされることを前提にした堅固な構造に設計されており、数十年に渡ってご利用頂いているお客様も多数
■世界中に販売・サービス網があります。グローバル展開されているお客様でも迅速なサービスが保証されます
 (詳細を見る

高粘度材自動供給装置、レシプロ式ポンプ、計量バルブ

高粘度材自動供給装置、レシプロ式ポンプ、計量バルブ 製品画像

LINCOLN(リンカーン)では70種類以上のポンプを標準品としてラインナップ、あらゆる液体の粘度・液性・温度環境・吐出量・吐出圧・制御方法に対応する製品を特注でなく標準品から選定することができます。
ポンプは高圧ポンプに起こりがちなグランド部からの液漏れを防ぐべく独特なグランド保護スリーブを内蔵、グランド部からの液漏れの頻度を大幅に削減できます。製品はモヂュラー設計になっているためエアモーターは六角レンチ一本で簡単に整備が可能、過酷な作業現場であっても誰でも簡単に修理できるよう配慮されたイージーメンテナンス構造になっております。
ポンプ部は高粘度液を送液するために高圧環境下に長期間さらされても耐えうるようカーボンスチール製の堅固な材質で設計されており、安価な材質で作られた製品と違い数十年という長きに渡ってお使い続けて頂くことができます。
長きに渡る実績を持つLINCOLNは新興製品と違い安定した製品・サービスパーツの供給が長期間に渡って約束されます。世界各国の販売・サービス拠点によりグローバル展開しているお客様でも迅速なサービスが保証されます (詳細を見る

Deaerator グリスエア抜き機

Deaerator グリスエア抜き機 製品画像

Deaeratorはパルサールブ自動給油器専用のグリス用エア抜き機です。これ1台でパルサールブ製品全ての機種(M型用60/125/250/500ccグリスパック)のグリスのエア抜きができますので、お客様の使用したいグリスを自由にパルサールブに充填し使用することが可能になります。ただいまM型製品を10台、E型製品を100個お買い上げ頂きましたお客様の中で、ご希望される先着4名様に本製品をプレゼントするキャンペーン期間中です。 (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 1ヶ月以内

取扱会社 エア抜き用攪拌機付グリス供給システム

株式会社シー・エス・シー(CSC)

・各種産業機械 ・工具関係 ・油・空圧機器関係 ・環境関連機器 ・情報機器・ソフトウェア

エア抜き用攪拌機付グリス供給システムへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社シー・エス・シー(CSC)


キーマンインタビュー