トルクシステム株式会社の会社ロゴ画像ですトルクシステム株式会社トルクシステム

最終更新日:2016-08-09 15:30:20.0

  • 製品カタログ
  •  

フランジアライメント FAシリーズ | トルクシステム

  • このカタログを
  • Twitterボタン

基本情報フランジアライメント FAシリーズ | トルクシステム

どんな種類のフランジのズレも、チェーンブロックなどの吊り上げ装置不要で効率的に面合わせ。

■□■特徴■□■

■横ズレ・回転ズレをこれ1台で解消可能です
■工数削減効果が非常に高く、目に見えてコスト削減ができます
■動力とアライメント力で4種類のラインナップから選べます
■風車タワーの専用モデルもあります
■レンタル品もご用意しています

■その他機能や詳細については、カタログをご覧頂くか、
  もしくはお問い合わせ下さい。

フランジスプレッダー SWシリーズ | トルクシステム

ガスケット交換時にフランジを63mmまで拡幅! 「フランジスプレッダー」の製品画像です

ガスケット交換時などのフランジを開く作業を、チーェンブロックなどを使わずスムーズに行えます。拡幅は最大103.5mmまで! (詳細を見る

フランジスプレッダー SGシリーズ 【フランジの仕切り板交換】

面間の隙間が全くなくてもフランジをオープン! 「フランジスプレッダーSGシリーズ」の製品画像です

フランジの仕切り板交換は、いかにスムーズにフランジ面間を拡げ、その状態をキープするかが作業効率化の鍵となります。
従来工法では面間を拡げるために、矢やクサビ型の工具などを入れる必要があり、その為の隙間がある事が前提となります。隙間があっても、工具が仕切り板に当たってしまってはいけません。

フランジスプレッダー「SGシリーズ」は、これらの条件が整わなくても、簡単かつ安全にフランジを拡げてキープすることができるツールです。

【特長】
■面間の隙間がほとんど、または全く無くとも、フランジを拡げる事が可能
■チェーンブロックで引っ張るなどの大掛かりな作業が不要
■仕切り板の大きさの影響を受けません
◎適合フランジ
ボルト穴径M16以上、最大M100まで全7種類でカバーします。

※詳細は資料請求して頂くか、ダウンロードからPDFデータをご覧下さい。 (詳細を見る

フランジアライメント FAシリーズ | トルクシステム

フランジアライメント FA-4TM(レンチ入力タイプ) の製品画像です

フランジを締め付ける前の、穴位置合わせの専用ツール!吊り上げ装置も不要で、圧倒的な工数削減につながります。 (詳細を見る

取扱会社 フランジアライメント FAシリーズ | トルクシステム

トルクシステム株式会社 トルクシステム

トルクシステム株式会社では油圧トルクレンチ・エアートルクレンチ・油圧ナットをはじめとした大口径ボルトの締付用工具の販売とレンタルサービスを専門に行っています。 ひとくちにボルト締付と言っても、様々な方法があります。設備の仕様や環境、要求される精度などにより最適な締付方法は異なってきます。 当社では豊富な現場経験を基に、作業性、安全性、メンテナンス性に優れた製品を開発・提供しつづけています。 全国どこでも対応できる営業所ネットワークには、現場に精通した担当者が製品選択からサービスまで、貴社のボルト作業のパートナーとして価値のあるサービスをお約束します。 また、レンタル用として多くの工具を保有しており、機器の貸し出しや(取り扱い指導員も派遣できます)機器のオペレータ派遣も行っています。

フランジアライメント FAシリーズ | トルクシステムへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

トルクシステム株式会社 トルクシステム

フランジアライメント FAシリーズ | トルクシステム が登録されているカテゴリ

開く


  • ロームの評価キットシリーズにセンサメダルが新登場
  • INCHEM TOKYO 2017 プラント補修・保全・長寿命化コーナー初出展

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー