アイテック株式会社

最終更新日:2017-01-05 08:53:41.0

  • 製品カタログ
  •  
  •  

表面硬化熱処理法『N-クエンチ』

基本情報表面硬化熱処理法『N-クエンチ』

薄物でも歪まずカタく仕上げる熱処理技術!短納期にも対応

『N-クエンチ』は、鋼に窒素のみを浸入・拡散し、オーステナイト状態から
焼入を行う「浸窒焼入」のことを指す新しい表面硬化熱処理法です。

窒素を浸入させ焼入を行うことにより、安価なSPCC材でも850HV程度の表面
硬度が得られ、内部に窒素が拡散している範囲で硬度を上昇させることが可能
です。

ひずみ量は浸炭窒化焼入の約半分で、ガス軟窒化よりわずかに大きいのみで、
摩擦係数・焼付け面圧は浸炭窒化焼入、ガス軟窒化とほぼ同等、磨耗量は浸炭
窒化焼入材の1/2、ガス軟窒化材の1/3と良好です。

【特長】
■処理後の試料の表面粗さが良好
■処理に必要な時間はガス軟窒化の1/3~1/4程度と大幅な短縮が可能
■浸炭と同程度の焼戻し軟化抵抗を有す
■浸炭窒化の約半分のひずみ量
■摩擦・磨耗特性についても優位性を実証

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

表面硬化熱処理法『N-クエンチ』

『N-クエンチ』は、鋼に窒素のみを浸入・拡散し、オーステナイト状態から
焼入を行う「浸窒焼入」のことを指す新しい表面硬化熱処理法です。

窒素を浸入させ焼入を行うことにより、安価なSPCC材でも850HV程度の表面
硬度が得られ、内部に窒素が拡散している範囲で硬度を上昇させることが可能
です。

ひずみ量は浸炭窒化焼入の約半分で、ガス軟窒化よりわずかに大きいのみで、
摩擦係数・焼付け面圧は浸炭窒化焼入、ガス軟窒化とほぼ同等、磨耗量は浸炭
窒化焼入材の1/2、ガス軟窒化材の1/3と良好です。

【特長】
■処理後の試料の表面粗さが良好
■処理に必要な時間はガス軟窒化の1/3~1/4程度と大幅な短縮が可能
■浸炭と同程度の焼戻し軟化抵抗を有す
■浸炭窒化の約半分のひずみ量
■摩擦・磨耗特性についても優位性を実証

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

表面硬化熱処理法「N-クエンチ」 ※試作・テスト加工可能

「N-クエンチ」は、鋼に窒素のみを浸入・拡散し、オーステナイト状態から焼入を行う新しい表面硬化熱処理法です。
窒素を浸入させ焼入を行うことにより、安価なSPCC材でも850HV程度の表面硬度が得られ、内部に窒素が拡散している範囲で硬度を上昇させることが可能です。
アイテックでは、金型設計からプレス加工、熱処理、表面処理まで一貫して行っており、豊富なノウハウで高精度な金属部品をご提供いたします。
■只今、試作・テスト加工を募集中!■

【特長】
■処理後の試料の表面粗さが良好
■処理に必要な時間はガス軟窒化の1/3~1/4程度と大幅な短縮が可能
■浸炭と同程度の焼戻し軟化抵抗を有す
■浸炭窒化の約半分のひずみ量
■摩擦・磨耗特性についても優位性を実証

※N-クエンチの詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

熱処理 Nクエンチ(浸窒焼入)の基礎知識&熱処理事例集※無料進呈

「Nクエンチ(浸窒焼入)の基礎知識」は、熱処理法「Nクエンチ」の仕組みやメリットなど、基礎知識と有効性がわかる技術資料です。
「Nクエンチ(浸窒焼入) 熱処理事例集」は、Nクエンチのメリットや効果、他処理との歪み比較など多数掲載した事例集です。

【掲載内容(一部を紹介)】
■Nクエンチとは     ■Nクエンチのメカニズム
■Nクエンチの金属組織  ■Nクエンチのメリット
■材質SP材:表面硬度HV700以上の事例
■材質SP材:浸炭による熱処理変寸大の事例

※技術資料&事例集はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

クラッチプレートへの「Nクエンチ処理」(低歪熱処理 浸窒焼入)

自動車部品「クラッチプレート(SPCC)」へのNクエンチ(低歪熱処理・ 浸窒焼き入れ)の事例紹介です。
板厚は品番によって異なりますが、t=1.0~4.0、材質はSPCC。その他、SCMなどにもNクエンチ処理が可能です。また、特長として、熱処理歪は浸炭窒化の半分以下で、従来は浸炭窒化後に平面度矯正が必要でしたが、Nクエンチは歪が小さい為、不要となりました。

【事例の詳細】
製品名:クラッチプレート
ロット:1000個
仕様:高度HV800以上、深さ0.04mm(実力)

※Nクエンチの詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【加工事例】精密せん断プレス ダレ無し SPCC

プレスダレを極小にしVAを実現した二輪車部品「スプロケット(SPCC)」のプレス加工の事例紹介です。板厚は品番によって異なりますが、t=2.0~4.0、材質はSPCC。
従来品ではプレスによるダレを除く為に研磨工程が必要でしたが、プレスダレを極小にする技術を確立させ、VAを実現しました。ファインブランクではなく、一般プレス機で対応可能なため、プレス単価は従来とほぼ変わりません。

【事例の詳細】
製品名:スプロケット
ロット:1,000個~10,000個/月

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】精密せん断プレス SPCC 浸炭窒化処理 一貫対応

自動車部品のクラッチプレートの金型設計・精密せん断・浸炭窒化処理まで一貫生産の事例紹介です。板厚は品番によって異なりますが、t=1.0~4.0、材質はSPCC。

【加工の詳細】
製品名:クラッチプレート
ロット:500個~50000個/月
プレス加工の寸法精度:5/100、熱処理後の精度は±0.1

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】ガイドプレートの順送プレス・熱処理まで一貫加工

自動車部品クラッチプレート周り「ガイドプレート」の順送プレスから熱処理まで一貫生産の事例紹介です。月産100,000の対応実績あり!

【加工の詳細】
製品名:ガイドプレート
ロット:5000

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】インターロックプレートの順送プレス・浸炭窒化

自動車部品「インターロックプレート」の順送プレス(コの字)から低歪熱処理「浸炭窒化」の事例紹介です。
コの字に曲げてからの熱処理ですが、変形を抑えた熱処理を行う事によって矯正無しで図面規格を満足させております。

【加工の詳細】
製品名:インターロックプレート
ロット:1000ヶ
材質:SPHC 板厚:3.6mm
加工:順送プレス+浸炭窒化

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】クラッチプレートへのガス軟窒化(熱処理)

自動車用クラッチ部品「クラッチプレート」への熱処理「ガス軟窒化処理」の事例紹介です。
素材支給頂き、ガス軟窒化の対応が可能です。アイテックのガス軟窒化は空冷のため、外観はきれいに仕上がります。

【加工の詳細】
板厚1.2mm、材質SPCC-8B
ガス軟窒化

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

自動車クラッチ部品「一体型ガイドプレート」単発プレス・ガス軟窒化

自動車用クラッチ部品「一体型ガイドプレート」の単発プレス・ガス軟窒化処理の事例紹介です。
200t順送のみではステージ不足となる為、単発プレスを数工程行う事で製品製作を実現しました。また、後工程にて熱処理(ガス軟窒化)を行いました。

【加工の詳細】
製品名:一体型ガイドプレート
ロット:1000個
加工:単発プレス(複数回)・熱処理(ガス軟窒化)

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】二輪車クラッチ部品「サイドプレート」プレス・切削・熱処理

二輪車クラッチ部品「サイドプレート」のプレス・切削・熱処理・平面度矯正の事例紹介です。
板厚は品番によって異なりますが、t=2.0~3.2、材質はSPCC。また、SCMなどへの処理が可能です。
肉厚が薄い製品ですが、熱処理後の平面度矯正を行い製品成立させています。

【加工の詳細】
製品:サイドプレート
ロット:500個
加工:プレス・切削・熱処理・平面度矯正

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】「スプール」のガス軟窒化・黒化処理・センターレス研磨

汎用部品「スプール」のガス軟窒化・黒化処理・センターレス研磨の事例紹介です。
素材はお客様からの支給となり、熱処理・センターレス研磨をおこなっています。熱処理後の研磨工程はアイテックの協力メーカーにて対応。

【加工の詳細】
製品名:スプール(汎用部品)
材質:S48C
ロット:1000ヶ/ロット

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】レースバイク用「クラッチプレート」ワイヤーカット・熱処理

moto GP用レースバイク「クラッチプレート」ワイヤーカット・熱処理の事例紹介です。
熱処理歪を加味した工程設計にて平面度を0.02以下に抑えています。また、ビトゥイーン径は±0.05以下。

【加工の詳細】
製品名:レースバイク用クラッチプレート
ロット:1個
平面度:0.02以下
ビトゥイーン径:±0.05以下

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

自動車クラッチ部品「DISK COMP」プレス・熱処理・カシメ

自動車マニュアルクラッチ部品「DISK COMP」のプレス・熱処理・カシメ 一貫生産の事例紹介です。

【加工の詳細】
製品名:DISK COMP(自動車のマニュアルクラッチ部品)
ロット:500個
工程:プレス→バレル→熱処理→カシメ

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】自動車のマニュアルクラッチ部品「ハブ」の一貫加工

自動車のマニュアルクラッチ部品「ハブ」の鍛造・プレス・切削・プレス・ブローチ・熱処理・ショットブラスト 一貫生産の事例紹介です。

【加工の詳細】
製品名:ハブ
ロット:500個
工程:鍛造→プレス→切削→プレス→ブローチ→熱処理→ショットブラスト

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】自転車クラッチ部品「キャンセラー」増肉加工

自転車クラッチ周りの部品「キャンセラー」の増肉加工の事例紹介です。
板厚2.6mmから5.0mmまで増肉加工を行っております。ラインペーサーを使用し11工程にて生産。

【加工の詳細】
製品名:キャンセラー
ロット:300個

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】二輪車クラッチカバー「アウターサイドプレート」絞り加工

二輪車クラッチカバー「アウターサイドプレート(板厚1.0mm)」絞り加工の事例紹介です。
板厚1.0mmと薄い製品にて絞り加工を実現。板厚減少によるクラックや割れを発生させないプレス技術があります。

【加工の詳細】
製品名:アウターサイドプレート
ロット:1000個
板厚:1.0mm
材質:SPCE

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】自動車クラッチ部品「ブレーキレバー」成型・絞り加工

自動車クラッチ周りの部品「ブレーキレバー」の成型加工・絞り加工の事例紹介です。
既存品はボス部とプレート部の2ピースから溶接していた製品。板厚減少を30%以下に抑えるプレス技術で製品成立させ、従来品よりコスト20%減となり採用頂いた技術となります。

【加工の詳細】
製品名:ブレーキレバー
ロット:1000個
材質:SPCC
板厚:3.6mm

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

二輪車部品「ドライブプレート」金型設計・精密せん断・ガス軟窒化

二輪車部品「ドライブプレート」の金型設計・精密せん断・ガス軟窒化処理 一貫生産の事例紹介です。
金型設計からプレス加工(精密せん断)、そしてガス軟窒化処理まで一貫して対応しております。板厚t=3.2mmにて高さ5mmまでコイニング。
従来はピンカシメを行っておりましたが、プレスにて対応する事で9.50円/個のコストダウンを実現しました。

【加工の詳細】
製品名:ドライブプレート
ロット:10,000個/月まで対応可能
加工:金型設計→プレス加工(精密せん断)→ガス軟窒化処理
板厚t=3.2mmにて高さ5mmまでコイニング

※詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

【事例】電動自転車用ギアの「Nクエンチ」(低歪熱処理 浸窒焼入)

電動自転車用ギア(SPHC)へのNクエンチ処理(低歪熱処理・浸窒焼入)の事例紹介です。
軽量化のピアス穴がある為、従来の熱処理では外周のスプライン形状が歪み製品実現が不可能でした。浸窒焼き入れでは歪が少なく唯一製品実現できた熱処理になります。
※板厚は品番によって異なりますが、t=1.0~4.0、材質はSPHC。また、SCMなどにも処理が可能で、深さも処理時間により調整可能です。

【事例の詳細】
製品名:ギア
ロット:1000個
仕様:高度HV800以上、深さ0.3mm(実力)

※Nクエンチの詳細はダウンロードよりPDFをご覧下さい。 (詳細を見る

取扱会社 表面硬化熱処理法『N-クエンチ』

アイテック株式会社

【アイテック株式会社の事業内容】 ■輸送機器部品、主に2輪・4輪車のクラッチやエンジン周りの部品を製造・販売 【アイテック株式会社の事業特徴】 ■熱処理を軸にプレス ~ アッセンブル まで一貫生産対応 【アイテック株式会社の独自技術】 ■新しい表面硬化熱処理法「N-クエンチ」

表面硬化熱処理法『N-クエンチ』へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

アイテック株式会社

表面硬化熱処理法『N-クエンチ』 が登録されているカテゴリ

開く


キーマンインタビュー