株式会社吉田SKT ロゴ株式会社吉田SKT本社

最終更新日:2017/02/09

  • 技術資料・事例集
  •  

技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』※無料進呈中

基本情報技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』※無料進呈中

生産ラインの“くっつきトラブル”を防止!離型性をアップする表面処理を徹底解説

機能性コーティング等の表面処理を幅広く手がける当社より、生産ラインでの
“くっつきトラブル”を解決する表面処理について分かりやすくまとめた
技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』を無料進呈中です!

「材料が治具に付着して残る」「材料の離型性がわるい」
「離型テープ等が貼りつく・巻きつく」といった問題の対策について、
メーカー様の解決事例も交えながら徹底解説しています。

【リーフレットの概要(一部)】
■現場で起こる、くっつきトラブルについて
■表面処理の決めどころ(最適な離型方法の選び方)
■くっつきのメカニズム
■シリコーン離型のしくみ
■解決事例(加飾シート転写時の金型への貼りつき解消など)

※詳しくは「ダウンロード」からリーフレットをご覧下さい!

技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』※無料進呈中

技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』※無料進呈中 製品画像

機能性コーティング等の表面処理を幅広く手がける当社より、生産ラインでの“くっつきトラブル”を解決する表面処理について分かりやすくまとめた技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』を無料進呈中です!

「材料が治具に付着して残る」「材料の離型性がわるい」「離型テープ等が貼りつく・巻きつく」といった問題の対策について、メーカー様の解決事例も交えながら徹底解説しています。

【リーフレットの概要(一部)】
■現場で起こる、くっつきトラブルについて
■表面処理の決めどころ(最適な離型方法の選び方)
■くっつきのメカニズム
■シリコーン離型のしくみ
■解決事例(加飾シート転写時の金型への貼りつき解消など)

※詳しくは「ダウンロード」からリーフレットをご覧下さい! (詳細を見る

非粘着・離型性に優れた表面処理とは?

非粘着・離型性に優れた表面処理とは? 製品画像

「非粘着性」とは付着性の強い粘着物に対しても離型しやすく、
付着しないか、または付着しにくい性質のことを指します。

たとえばふっ素樹脂は撥水性・撥油性に優れ、接触角が大きいことに加え、
その分子構造から、ぬれにくい性質をもっています。このぬれ性をはかる
尺度「臨界表面張力(γc)」がふっ素樹脂は極めて小さいことから、
液体がはじきやすく、ぬれにくくなります。

このような機能を活かしたコーティングは、離型用途や付着を抑えたい
用途、清掃の簡便化に効果を発揮します。

【選ばれている表面処理(一部)】
■離型性・高硬度・寸法安定性 (耐久部品、金型)
 ・バイコート
■高温での樹脂離型
 ・FSRコーティング

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

摺動・すべりに優れた表面処理とは?

摺動・すべりに優れた表面処理とは? 製品画像

製造設備では、ふたつのものが接触して動く箇所のすべり(個体潤滑)を
良くすることで、稼働をスムーズにしたり、少ない力でものを動かしたり
という効果が求められます。

ふっ素樹脂、特にテフロンふっ素樹脂の代表格でもあるPTFEは
摩擦係数が低く、静摩擦係数は動摩擦係数よりも小さいため、
スティックスリップ現象を起こさず滑らかにすべります。

【選ばれている表面処理】
■摺動・低摩擦性
 ・ふっ素樹脂コーティング(テフロンコーティング)PTFE
■潤滑・耐摩耗性・高硬度
 ・バイコート
■表面粗さによるすべり
 ・スーパーTP・スーパーTP半球グラフィック

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

防錆・耐食性に優れた表面処理とは?

防錆・耐食性に優れた表面処理とは? 製品画像

化学薬品に侵されたり変質したりするのを防ぐ性質(耐薬品性)や、
水が浸透しにくく汚れから守る機能を得るための表面処理です。

ふっ素樹脂はその構造から、ほとんどの酸、アルカリ、有機溶剤に対して
極めて優秀な耐薬品性をもち、また吸水性もきわめて低い材料です。

そのため、ふっ素樹脂コーティングはオールラウンドに薬品による
腐食から基材を守るのに適したコーティングです。

【選ばれている表面処理(一部)】
■耐薬品性
 ・ふっ素樹脂コーティング(テフロンコーティング)
 ・MYライニング
 ・ロトライニング
 ・セラシールド

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

耐熱・耐寒性に優れた表面処理とは?

耐熱・耐寒性に優れた表面処理とは? 製品画像

使用される環境の温度が高いとき、コーティングへの影響も
考慮しなければなりません。

ふっ素樹脂は、樹脂のなかでは驚異的な耐熱性を誇り、高温でも溶融したり
変形したりしにくい材料です。ふっ素樹脂の種類によっても異なりますが、
連続最高使用温度は260℃(JIS K 7226)とされています。

ふっ素樹脂コーティングは、高温または超低温でのご使用が可能です。

【選ばれている表面処理】
■耐熱・耐寒性
 ・ふっ素樹脂コーティング(テフロンコーティング)
■超耐熱性
 ・SGNコーティング
 ・PBIコーティング

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

電気特性に優れた表面処理とは?

電気特性に優れた表面処理とは? 製品画像

電気抵抗率が高く、電流を遮る機能を備えた電気絶縁コーティングがあります。

ふっ素樹脂は高絶縁性で、体積固有抵抗率はΩ・cm以上、耐アーク性は
汎用樹脂の3倍以上と優れており、ほかの樹脂にくらべ、さまざまな電気的な
環境において安定しています。

一方で、コーティング面が帯電しやすく、静電引力による異物の付着や
静電気災害などの問題がある場合には、帯電防止機能のある
ふっ素樹脂コーティングをご選定いただけます。

【選ばれている表面処理】
■電気絶縁性
 ・ふっ素樹脂コーティング(テフロン コーティング)
■帯電防止性
 ・セーフロン
 ・セーフロン AP+

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

耐摩耗性に優れた表面処理とは?

耐摩耗性に優れた表面処理とは? 製品画像

摩耗とは、ふたつのものが接触しながら動くとき、一方または双方が
磨滅することです。

製造現場で起きうる摩耗には大きく分けてふたつのタイプがあります。
ひとつは、表面が荒れたものや粒子状物が当たることにより表面を
掘り起こし削りとる「ざらつき摩耗」。もうひとつは、表面が摩擦熱により
凝着し相手材に持っていかれて摩滅する「スラスト摩耗」です。

それぞれの摩耗のタイプによって、適正な表面処理も変わってきます。

【選ばれている表面処理】
■耐摩耗性(ざらつき摩耗)
 ・ウレタンコーティング
■耐摩耗性(スラスト摩耗)
 ・バイコート

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』※無料進呈中

株式会社吉田SKT 本社

テフロン(ふっ素樹脂)コーティング及び表面処理、塗装の 受注、設計・開発、製造、販売、フッ素樹脂加工品の販売、非粘着シートの販売及び加工、

技術解説リーフレット『表面処理活用のヒント 保存版』※無料進呈中へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社吉田SKT 本社


キーマンインタビュー