有限会社岩田プランテック ロゴ有限会社岩田プランテック

最終更新日:2020/10/05

  • 製品カタログ
  •  

ゴミのコスト削減に!高機能ビニール圧縮機『HEAT-PRESS』の製品カタログ

基本情報ゴミのコスト削減に!高機能ビニール圧縮機『HEAT-PRESS』の製品カタログ

【NETIS登録製品】驚異の圧縮率で樹脂系ゴミをコンパクトに減容!ゴミのコスト削減と美化に貢献するゴミ圧縮機

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。

工業用ゴミ袋圧縮機!高機能ビニール圧縮機『HEAT-PRESS』

工業用ゴミ袋圧縮機!高機能ビニール圧縮機『HEAT-PRESS』 製品画像

岩田プランテックが開発した『HEAT-PRESS&COOL-PRESS』は、驚異の圧縮率でゴミ袋を約1/5~1/20にまで減容。ゴミ運搬回数の削減や処理費用の削減に貢献いたします。

対応可能な廃棄物は、エアキャプ・発泡ポリエチレン・包装プラ・プラスチックバック・発泡スチロール・雨合羽・養生テープ・タイベックスーツ・PPバンド・ビニールシートなど、幅広く対応。

【特長】
■約1/5~1/20の驚異の減容率
■ゴミ運搬回収の削減
■ゴミ処理費用の削減
■ゴミ置き場がスマート
■事業所の美化意識向上
■エコロジー意識の向上
■国土交通省 NETIS CB-120010-A取得

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

ゴミ袋で山積みされたゴミ置き場をすっきりさせる方法とは

ゴミ袋で山積みされたゴミ置き場をすっきりさせる方法とは 製品画像

【こんなお困り事ありませんか?】
■ゴミ置き場にゴミ袋が山積みで奥まで掃除が良き届かず、不衛生…
■屋外にゴミ置き場を設けいて、カラスや猫にいたずらされて周辺が汚れてしまう…
■ゴミを業者に持って行ってもらうのに、体積をとるので往復してもらっている…
■今使っているゴミ圧縮機は、発泡ウレタンのゴミに対応していない…
■混合ゴミの圧縮だと現状装置では半分くらいにしかならない… など

岩田プランテックが開発したビニール圧縮機(ゴミ圧縮機)『HEAT-PRESS』は、ラミネート工法を用いたことで様々なゴミを圧縮できるほか、単体では溶けにくいゴミも他のゴミと併せると融点が下がるので、処理が可能になります。

減容率は20分の1~最大50分の1まで実績がございます。

※テストしたいサンプルを送って頂ければ、試験をして送りもいたします。
※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

ゴミ袋の体積を20分の1まで脅威的に圧縮!工業用『ゴミ圧縮機』

ゴミ袋の体積を20分の1まで脅威的に圧縮!工業用『ゴミ圧縮機』 製品画像

岩田プランテックが開発した『HEAT-PRESS』は、ラミネート工法を用いた事で、ゴミ袋を圧縮・ブロック状にコンパクトに固めることができます。そのため、単体では溶けにくいゴミも他のゴミと併せると融点が下がるので、処理が可能になります。

また、ヒートプレスはゴミ置き場の省スペース化を実現するだけではなく、過熱しながらプレスしビニールの表面だけを溶かすため、電気代の節約もできます。

【選ばれるポイント】
■約1/20~1/50の減容率を実現!
■リサイクル活動の推進
■環境負荷低減にも貢献
■大阪の大手商業ビルに採用・導入済み
■国土交通省 NETIS登録(CB-120010-A H30年10月掲載期間終了)

※テストしたいサンプルを送って頂ければ、試験をして送りもいたします。
※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

価格帯 100万円以上 500万円未満 納期

取扱会社 ゴミのコスト削減に!高機能ビニール圧縮機『HEAT-PRESS』の製品カタログ

有限会社岩田プランテック

■制御盤の設計製作 ■設備工事 ■ポンプ設備の設計製作・点検業務

ゴミのコスト削減に!高機能ビニール圧縮機『HEAT-PRESS』の製品カタログへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

有限会社岩田プランテック


キーマンインタビュー