メテック株式会社 ロゴメテック株式会社

最終更新日:2018-02-26 11:14:20.0

  • 製品カタログ
  •  

めっき処理一覧

基本情報めっき処理一覧

メテック株式会社のめっき処理一覧です。

・金(Au)      軟質/硬質
・銀(Ag)      硬質/軟質   高光沢/半光沢/無光沢
・銅(Cu)      無電解/電解  光沢/無光沢
・スズ(Sn)    光沢/無光沢
・ニッケル(Ni)   無電解/電解  光沢/半光沢 粗化
・ロジウム(Rh)  半光沢/無光沢
・パラジウム(Pd) 無光沢

フープ品、短冊品、個片 それぞれに対応可能です。

『フープめっき』(全面、部分めっき)

『フープめっき』(全面、部分めっき) 製品画像

『フープめっき』(全面、部分めっき)は、連なったロール状製品をめっき加工を施す方法で、連続生産するため安定した品質が低コストで得られます。
また、ラインの設計によって様々な工程が可能となることが利点です。

【特徴】
○メテックでは下記装置を所有しています。
・フープ品の全面銀めっき/部分銀めっき
・フープ品の全面銅めっき
・フープ品の全面錫(スズ)めっき/部分錫(スズ)めっき
・フープ品の全面パラジウムめっき
 →ストライプめっきやリングめっきも可能。(但し、形状による)

○2種類のめっき(例えば銀&錫など)を1工程で処理する
「2色めっき法」を開発・実用化。

高い精度の製品だけが放つ独特の美しさ。それがメテック・ブランドとなっています。

※詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。 (詳細を見る

『短冊めっき』(全面、部分めっき)

『短冊めっき』(全面、部分めっき) 製品画像

『短冊めっき』(全面、部分めっき)は、小さなフレーム状に切断された製品へのめっき加工で、多品種少ロットやフレームに段差がある製品に対しても対応可能です。

【特徴】
少量多品種の製品にも対応可能なフレーム状の製品へのめっき加工を行う装置。 (詳細を見る

『バレルめっき』

『バレルめっき』 製品画像

『バレルめっき』は、バレルと呼ばれる容器に製品を入れ、めっき液の中で回転させながらめっき加工を施す方法です。
テレビ・パソコン・携帯電話などの端子・フレーム・ネジ・ キャップ・スイッチ・リレー部品など多種にわたり、精密部品に関しても多くのノウハウをもって対応しています。

【特徴】
製品を回転容器内に入れ、ねじなど様々な形状の製品をめっきする装置。

※詳しくはカタログをダウンロード、もしくはお問い合わせください。
 (詳細を見る

めっき処理一覧

めっき処理一覧 製品画像

メテック株式会社のめっき処理一覧です。

・金(Au)      軟質/硬質
・銀(Ag)      硬質/軟質   高光沢/半光沢/無光沢
・銅(Cu)      無電解/電解  光沢/無光沢
・スズ(Sn)    光沢/無光沢
・ニッケル(Ni)   無電解/電解  光沢/半光沢 粗化
・ロジウム(Rh)  半光沢/無光沢
・パラジウム(Pd) 無光沢

フープ品、短冊品、個片 それぞれに対応可能です。

・こんなめっきはできないか
・こういった効果のめっきはあるか
など、めっきにについてのご質問がございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

※詳細はPDFをダウンロードして頂くか、お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

【粗化ニッケルめっき】パワー半導体等への樹脂成形部品向け!

【粗化ニッケルめっき】パワー半導体等への樹脂成形部品向け! 製品画像

粗化ニッケルめっきとは、その名の通り、粗化されたニッケルめっきのことです。
主に、密着性の向上を目的に使用されます。例えば、パワー半導体へ樹脂成形をするときに使用します。
見た目は光沢のない、マットな灰色をしています。
従来からある表面をエッチングにて粗化するタイプとは異なり、めっき時に粒子を粗化するタイプですので、
エッチング工程が省略でき、通常のニッケルめっきからのコストアップを抑制します。

【特徴】
■樹脂との密着強度の向上。通常ニッケルの3倍。
■エッチング粗化と比べコストが安くできます。
■樹脂の種類に合わせ粗化粒子をコントロールする事で、樹脂ごとに最適な密着強度が確保できます。
■個片から~フープまで試作対応可能です。

※詳しくはカタログをダウンロードして頂くか、お気軽にお問合せください。
 (詳細を見る

【粗化ニッケルめっき】エッチング工程が不要でコストダウン!

【粗化ニッケルめっき】エッチング工程が不要でコストダウン! 製品画像

粗化ニッケルめっきとは、その名の通り、粗化されたニッケルめっきのことです。
主に、密着性の向上を目的に使用されます。例えば、パワー半導体へ樹脂成形をするときに使用します。
見た目は光沢のない、マットな灰色をしています。
従来からある表面をエッチングにて粗化するタイプとは異なり、めっき時に粒子を粗化するタイプですので、
エッチング工程が省略でき、通常のニッケルめっきからのコストアップを抑制します。

【特徴】
■樹脂との密着強度の向上。通常ニッケルの3倍。
■エッチング粗化と比べコストが安くできます。
■樹脂の種類に合わせ粗化粒子をコントロールする事で、樹脂ごとに最適な密着強度が確保できます。
■個片から~フープまで試作対応可能です。

※詳しくはカタログをダウンロードして頂くか、お気軽にお問合せください。
 (詳細を見る

メッキのことならメテックにお任せ!※創業100周年のノウハウ

メッキのことならメテックにお任せ!※創業100周年のノウハウ 製品画像

メテックは、1918年の創業以来、亜鉛等の電気メッキの可能性を追求し続け、
多彩な表面処理技術を開発してきました。
産業用・民生用機器、航空機、自動車、電子部品関連の製品及び部品へと
フィールドを拡大し、
なかでも半導体をはじめとするエレクトロニクスの分野の表面処理では、
業界のデファクトスタンダードになった技術開発も少なくありません。

【メテックが選ばれる理由】
■最短1週間で試作が可能!
■アルミニウム・チタンなど難メッキ材料にも対応!
■フープ、短冊、バレルなど、15種類以上のメッキ技術!
■試作・少量~大量生産、緊急の増産にも柔軟に対応可能!
■自社開発設備で、品質・コスト・納期を徹底管理!
■リフロー処理、粉末やフィルムへのメッキなど、多彩な表面処理技術を開発!
etc

※詳しくはカタログをダウンロードして頂くか、お気軽にお問合せください! (詳細を見る

取扱会社 めっき処理一覧

メテック株式会社

半導体及び集積回路用リードフレーム等の電子機器部品、コネクタ ならびに精密機器部品に対する各種機能金属表面処理 ●フープ全面めっき(金、銀、銅、パラジウム、ニッケル、スズ)  ※スズフープはリフロー(熔融)処理が可能です。 ●フープ部分めっき(銀、スズ) ●短冊部分、全面めっき(金、銀、ニッケル、スズ) ●バレルめっき(金、銀、ニッケル、スズ) その他 少量試作から共同開発まで行っております。

めっき処理一覧へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

メテック株式会社


キーマンインタビュー