日本シーペックス株式会社

最終更新日:2018-02-09 13:11:43.0

  • 製品カタログ
  •  

厳しい用途向け 製品群T BTEXタイプカタログ

基本情報厳しい用途向け 製品群T BTEXタイプカタログ

カタログ発行日:2018/2/6

開放型ホッパーポンプの中でも、農業やバイオガス産業の極端な移送用途向けポンプ

製品群Tに属するBTEXポンプは、頑丈なデザインと強化された部品を持ち、農業やバイオガス産業の極端な移送用途に使用されます。これらの用途では、移送された製品には、石、木片、金属部品のような固形物を含む可能性があります。移送プロセス中に、このような混合物はホッパー/圧縮ハウジングユニット内にて移送物から分離され、大型の点検口から簡単に取り出すことができます。
重要な特徴として、取り外し可能な圧縮ハウジングが搭載されており、これによってメンテナンス作業が格段に簡素化されます。用途に応じて、混合中にホッパー/圧縮ハウジング内の接続部に液体を供給することができます。

特徴
- 固形異物は特別ホッパーデザイン内で分離される
- 大型点検口から分離された固形物を簡単に除去できる

主な性能
流量: 最大20 - 80 m³/h
圧力: 最大8 bar

【掲載内容】
◎T – 開放型ホッパーポンプBTEXタイプ. ー 概要及びポンプ構造の説明
◎なぜ、SEEPEX BTEXポンプか? ー 特徴及び性能


※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

固形物用/開放型ホッパーポンプ 製品群T

日本シーペックスの開放型ホッパーポンプは、流動性のない、または流動性の低い粘性製品を処理できます。また、供給ホッパーとオーガー供給スクリューを備え、製品をポンプ各部に積極的に供給します。オーガースクリューのピッチと直径は、最適な製品供給の為に、運転条件に従って調節することができます。供給ホッパーは、多様な用途条件に合うようにデザインできます。
これらのポンプは、農業、バイオガス、醸造及び蒸留、セラミックス、菓子類、建設、生地及びクリーム詰め物、染料、塗料及びワニス、電気メッキ、魚加工、果物、野菜、医薬品、化粧品、家禽及び肉加工、石油、液化天然ガス、石油化学、造船、汚泥脱水及び汚泥処理、廃水処理、紙ストック、繊維、木材処理、のり剤、接着剤、マスチック、ワイナリーな
どに適しています。

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 厳しい用途向け 製品群T BTEXタイプカタログ

日本シーペックス株式会社

日本シーペックスは、ドイツを本社とするSEEPEX GmbHの日本法人。SEEPEXは、固形物・高粘度流体を移送・制御する一軸ネジポンプとそのアフターサービスを提供している世界のリーディングカンパニーです。 主要製品:分割式ステータータイプSCT / 標準ポンプ / 固形物用・開放型ホッパーポンプ / 薬品用・低流量ポンプ / 食品・サニタリー用ポンプ / 低価格ポンプ / 縦型ポンプ / 粉砕機 / 高圧ポンプ / 石油/天然ガス産業向けAPIポンプ / ソフトウェア内蔵スマートポンプ。 対象産業:下水道などの環境業界 / 農業・バイオガス / 窯業 / 化学・石油化学・バイオケミカル / 染色業・塗装 / 電気メッキ業界 / 漁業、食品及び飲料業 / パルプ・製紙業界 / 土木・建築業界 / 造船業界 / 鉱業 / 非金属鉱業 / 石油/天然ガス生産・海洋技術 / 製薬・化粧品産業 / 造船業 / 製糖 / 繊維業界 / 自動車産業

厳しい用途向け 製品群T BTEXタイプカタログへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本シーペックス株式会社


  • 溶接ロボット、ハンドリングロボットなど 中古産業用ロボット高価買取いたします!
  • 樹脂や金属など様々な材質のスペーサー等の機構部品 全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー