株式会社トスカバノック ロゴ株式会社トスカバノック本社

最終更新日:2018-02-21 14:51:37.0

  • 技術資料・事例集
  •  

『Bano'k』製品の用途例集

基本情報『Bano'k』製品の用途例集

No,20180131

カタログ発行日:2018/01/31

当社の主力商品 タグピン、LOX、糸LOX の使用方法と採用例を集結!自動車・医療・セキュリティ等様々な業界で採用頂いております

50年続く製品はアパレル業界を中心に副資材として一般的に利用され国内外と世界的にも認知され、高品質な製品により付加価値を与えてきました。そんな『Bano'k』製品の製造業向けへ応用された用途例を1冊にまとめました。

【ラインナップ】
・Bano'k503タグガン、ピン:挿して握るだけでシート類の接合・仮止めが可能。自動車業界で長年の実績がございます。フック形状など豊富なラインナップを展開。

・エアガン:自動機に取り付け可能なエアー駆動式のタグガンです。

・Bm-Pin:印刷部と取付け部が一体化したタグピン。オリジナルブランドやQRコードの表示が可能。

・LOX:ワンタッチで確実に値札やタグの取付けが可能。

・糸LOX:糸素材のタグファスナー。糸の風合いにより,取付ける商品を選ばずに汎用可能。

・FasBano’k101、ファスループ:片手でワンタッチにループ状のLOXの取付け可能なハンドツール。作業時間を30%短縮した実績あり。

★無料サンプル提供中★
事例で紹介している製品はサンプルの準備がございます。詳しくはイプロスよりお気軽にお問い合わせください。

生分解性プラスチックを採用!土に還るタグピン『生分解ピン』

生分解性プラスチックを採用!土に還るタグピン『生分解ピン』 製品画像

アパレル業界で札・タグの取付けに使われている『タグピン』を生分解性プラスチックで成型することで製造業向けに応用を可能にしました。天然資源由来なので自然を相手に締結・固定や仮止めが可能。土の微生物により分解されるので、そのまま埋めてもゴミとして残る事がありません。

また専用ツールにて「挿して握るだけ」の単純操作で取付けができるので、コスト削減や生産効率アップなどの課題を解決致します。

【 製品特長 】
・有機肥料などの土壌の質に影響を与えません。
・埋め立てたり投棄後も分解されるのでゴミとして残りません。
・単純操作で取付が可能。初期設備投資も不要。

【 用途例 】
天然芝生生育用の「苗シート」に採用された実績あり!
その他、シート類やスポンジ、不織布などの仮止め・固定・接合用途として。
 (詳細を見る

磁性コンパウンドを採用!検針機に反応するタグピン『Fe-Pin』

磁性コンパウンドを採用!検針機に反応するタグピン『Fe-Pin』 製品画像

アパレル業界で札や値札のタグの取付けに一般的に使用されている「タグピン」を金属が混入した特殊な樹脂で成型。タグピンの一部が誤って混入しても検知器による検査を可能とします。

【 製品特長 】
・異物混入防止 目視のみならず探知器でのチェックが可能
・取付け品の流出防止 B品などに取付ける事で流出を食い止める
・設備投資不要 縫製機が要らずハンドツールとタグピンだけで固定・締結が可能。

専用取付機は通常のタグピンと同様。
ハンドツールのタグガン『Bano'k503』、エア駆動式の『エアガンヘッド』がございます。
通常のタグピンから『Fe-Pin』へ簡単に切替可能。

【 用途例 】
アパレル用品の生産時に発生した不良や補修箇所に鉄ピンを取付け。検針機による検査が可能となりB品の流出を防止させる用途として特殊織物メーカや布製品の原反工場にて採用実績がございます。

検証用の無料サンプルもご用意しておりますので、まずはお気軽にイプロスよりご連絡下さい。 (詳細を見る

病理検体 固定&表示ツール Bano'k 503MZ-II

病理検体 固定&表示ツール Bano'k 503MZ-II 製品画像

従来の検体固定は、ゴムボードや木板に虫ピンや釘等の金属製尖頭物を使用していました。
固定後にこれらを抜く際は、先端に気をつける必要があり、紛失しないように管理する必要もありました。
また、細径のため作業には力を必要とし、一本ずつの作業は大変時間がかかりました。

MZツールを使用することで、針刺し事故を防止することができ、固定後は簡単に手で抜いて使い捨てることが出来ます。
また「Bano'k503MZ-II」を使用することで、軽い力で連続して取付作業をすることが出来ます。

【 特徴 】
[検体固定]
○針刺し事故、二次感染のリスクを低減
○連続動作で作業の負担を減らす
→省力化、効率UP
○ピンは使い捨てなので、固定後の作業・管理を低減

[検体表示]
○コンタミネーションの防止
○トレーサビリティの実現

詳しくはイプロスよりお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

管理用の札やタグの取付用ハンドツール 『ファスバノック』

管理用の札やタグの取付用ハンドツール 『ファスバノック』 製品画像

『ファスバノック』はニードルの先に管理用の札やタグを差し込み商品に取付けられる従来のバノック方式を採用。ハードなものからデリケートな物、Φ3mm程度の小さな穴などの箇所にもスピーディーに確実に取付ができます。

専用のループは50発まで連続打ち込みが可能となり大幅に作業コストを抑える事を可能としています。今まで手作業で行っていた煩わしいタグ付け作業を『ファスバノック』に置き換えるだけで作業時間が約3分の1に効率化!詳しくは動画をご覧ください。

※詳しくはイプロスよりお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

【用途提案】結束バンド・クリップを使わない<ハーネスの固定手法>

【用途提案】結束バンド・クリップを使わない<ハーネスの固定手法> 製品画像

自動運転化が進められる自動車は以前より電気・ソフトへの依存度増すばかり。
IoTなどによる無線化も検討される中で、センサーの活用シーンが増えているため、
これまででは考えられなかった部分にも電子配線が見られるようになりました。

 そんな状況に合わせて、アパレル商品のタグや値札付けに世界中で使われているタグピンを使って配線を固定&ルーティングする新しい方法を御提案。
結束バンドやクリップなどを使わないことで、そのメリットは多く、
これまでとは違った観点で製品設計・工程設計につなげられます。

 自動車の座席シートの生産工程で年間1.5億本の出荷実績もあります。

 全6種の手法をご提案。
詳しくはカタログをダウンロード下さい。 (詳細を見る

『タグピン・タグガン』を使った【シート素材の施工方法】のご提案

『タグピン・タグガン』を使った【シート素材の施工方法】のご提案 製品画像

断熱材や防音材などのシート類の仮止め・固定・接合には接着剤やテープを使用するのが一般的です。
しかし、塗布機や乾燥炉などの設備が必要であったり、テープの剥がれるリスクなどが懸念されてきました。

そんな問題を解決し作業を簡略化できるのが
トスカバノックのハンドツール『タグピン・タグガン』となります。

ガンタイプで、初めての方にもスグ使用でき、
ニードルを「挿して」、レバーを「握る」だけで片手で簡単に固定が可能

◆ 採用実績 ◆
「建築業界」・・・アルミ遮熱シート、断熱材、防音材の接合・仮止め
「自動車業界」・・・座席シートの仮止め
他にも、製造業界で幅広く応用され採用されています!

シート類の他にスポンジ、不織布、フェルト、布、革など幅広い素材で使用できます。
詳しくはカタログをダウンロード下さい。
全4種の仮止め方法をご紹介しております。 (詳細を見る

タグ下げ用ファスナー『エコ糸LOX』シリーズ◆サンプル贈呈中◆

タグ下げ用ファスナー『エコ糸LOX』シリーズ◆サンプル贈呈中◆ 製品画像

≪ 環境への思いやり『エコ』をテーマに開発した商品です ≫

『エコ糸LOX』は弊社のスタンダード商品『糸LOX』のエコシリーズとなり麻・コットンといった天然素材を使用した商品です。

「自社の商品やブランドの差別化を図りたい」
「イベント時に急に値札やブランドのタグ付けが必要になった」
などの悩みを抱えた生産者の方にピッタリな商品です。 (詳細を見る

吊下げ用途に特化して誕生!フック付きファスナー/Hook LOX

吊下げ用途に特化して誕生!フック付きファスナー/Hook LOX 製品画像

『Hook LOX』は業界初の吊下げ用途専用のフック付ファスナーです。
糸のように細いフィラメント部分は延伸して作っているから高強度で、
勘合部を含めて【8kgf ※】の引張強度試験をパスしています。

 大手食品メーカーなどのアンケート用紙や応募券がスーパーやコンビニエンスストアの店頭に吊下げられています。
展示会場でPOPを下げたり、工場内の道具を吊り下げるなどの用途でも多く使って頂いています。

【 特 長 】
・場所を選ばず手軽に吊るせます
 ワイヤーネットや棚、ラックハンガーとの相性抜群です。

・耐荷重【8kgf ※】と十分な強度
 束にしたチラシや、マニュアルも問題なく吊るせます。

・1枚ずつ取りたい物を吊るせます
 レジ袋やアンケート用紙など、かさばるものもまとめ
 使用したい時に1枚ずつの取り外しが可能。

※当社規定の検査方法で出荷検査の数値 (詳細を見る

タグ・値札 ワンタッチ取付ハンドツール 「ファスバノック」

タグ・値札 ワンタッチ取付ハンドツール 「ファスバノック」 製品画像

どこにでもワンタッチ!
ファスバノックは作業性の良い独自のバノックガン方式です。
ハードなものからデリケートな物、ベルトの穴のような小さな箇所にもスピーディーに確実に取付ができます。

 ※海外最大手SPAで多く採用頂いております。

詳しくはお問い合わせ、またはカタログをダウンロードしてください。 (詳細を見る

◆デモ機有り◆タグ取り付けツール『Bano’k503』

◆デモ機有り◆タグ取り付けツール『Bano’k503』 製品画像

 『Bano’k503』シリーズはランナー排出を後方とし、作業性と使いやすさを向上させたバノックガンの最新モデルです。(Bano'k303シリーズの後継機です)

●ラインナップ●
 【 503S 】 スタンダード機
   →一般品から強度を必要とする厚物まで幅広く
 【 503SL 】 長針機
   →厚物製品の結束、札取付け等に最適
 【 503X 】 細針機
   →デリケートな繊維製品や傷つきやすい商品に最適
 【 503XL 】 細長針機
   →厚みのあるデリケートな商品に最適 (詳細を見る

トスカバノック 製品カタログ

トスカバノック 製品カタログ 製品画像

「トスカバノック プロダクトカタログ」では、用途に合わせて4機種から選べるタグガン「Bano’k503シリーズ」をはじめ、取り付け具を使わずにワンタッチで装着可能な「LOXシリーズ」や、LOX取り付けの作業性向上のための取り付け機「FasBano’kシリーズ」など、用途に合わせた幅広いラインアップでハンドツールと消耗品を掲載しております。

【掲載製品】
  ○Bano'kシリーズ(ガン/ピン/替針)
  ○エアガンヘッド
  ○FasBano’kシリーズ
  ○LOXシリーズ
  ○糸LOXシリーズ

 詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。
カタログの郵送も対応させて頂きます。 (詳細を見る

きっと知らない『タグピン』の意外な用途例

きっと知らない『タグピン』の意外な用途例 製品画像

【キーワードは「つける」「むすぶ」「標示する」】
50年続く『Bano'k』ブランドの商品はアパレル業界を中心に副資材として国内外問わず世界的にも使用され、高品質・高付加価値を提供してきました。

そんな弊社の主力商品「タグピン」「LOX」「糸LOX」 のバノック製品の使用方法と採用例を1冊に集約。
イメージ写真付きで分かりやすく紹介しております。

自動車業界、家電、建築、水産業、宇宙産業、医療業界など
幅広い分野で利用いただいた実績を盛り込んだ事例を掲載。

お客様の様々なニーズと課題にお応えしていきます。


★ 無償貸出機あり ★
ご要望の方には冊子もプレゼント中!
用途例集でご紹介してます製品はサンプルのご用意がございます。詳しくはイプロスよりお気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 『Bano'k』製品の用途例集

株式会社トスカバノック 本社

●合成樹脂関連製品の開発・製造・販売   ・アパレル業界向け値札/ブランド札 吊下げソリューション ●射出成型品の共同開発/OEM・ODM   ・宇宙開発:人工衛星用断熱材の固定   ・医療用途:病理検体の固定やトレサビ追跡のための札下げ   ・産業用途:自動車等の座席シートの組立部材、断熱材などの締結 等  ▼アパレル・産業向け商品▼   ・タグピンシリーズ   ・タグピン取付機「バノック503シリーズ」   ・自動タグピン取付機「エアガンヘッド」   ・ロックスシリーズ   ・糸ロックスシリーズ   ・糸ロックス取付機「ファスバノック101」 ▼漁業・セキュリティー向け商品▼   ・BMピン/BMバンド   ・ICチップ入りBMピン(真贋判定セキュリティ商品―RFID) ▼医療分野向け商品▼   ・病理検体管理システム   ・スーパーエンプラ(>PEEK<)ピン   ・PEEKピン取付機「バノック503MZ」   ・PEEKピン取付機「バノック503MZ-2」 ▼各種OEM及び精密樹脂製品の企画・販売▼

『Bano'k』製品の用途例集へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社トスカバノック 本社


キーマンインタビュー