日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 ロゴ日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社藤沢北事業所

最終更新日:2018-05-25 10:48:45.0

  • 技術資料・事例集
  •  

JIS C 60068-2-64 広域帯ランダム振動試験

基本情報JIS C 60068-2-64 広域帯ランダム振動試験

弊社では、JIS C 60068-2-64 広域帯ランダム振動試験を実施致します。

・JIS C60068-2-64は、IEC 60068-2-64を基に、技術的内容及び構成を変更することなく作成した日本工業規格です。
・当該振動試験規格は、主として電気製品または、電子製品を対象(必ずしも電気製品・電子製品に限定されたものではない)としたものであり、航空・宇宙分野や地上車両などの輸送環境または使用状況で生じるランダム振動を受ける供試品に適用されます。
・また試験方法及び指針はデジタル技術を用いた広帯域ランダム振動に基づいており、動電式またはサーボ油圧式の振動発生器を用いる事を前提に規定されています。
・各環境の試験条件の例がAnnex Aに、ランダム振動試験の指針がAnnnex Bに示されています。 評価試験ご希望の方は下記へ問い合わせ下さい。

◆◆連絡先・担当者:0466‐41‐0267(小俣)/0466‐41‐0264(石井)
◆◆

JIS C 60068-2-64 広域帯ランダム振動試験

JIS C 60068-2-64 広域帯ランダム振動試験 製品画像

・JIS C60068-2-64は、IEC 60068-2-64を基に、技術的内容及び構成を変更することなく作成した日本工業規格です。
・当該振動試験規格は、主として電気製品または、電子製品を対象(必ずしも電気製品・電子製品に限定されたものではない)としたものであり、航空・宇宙分野や地上車両などの輸送環境または使用状況で生じるランダム振動を受ける供試品に適用されます。 (詳細を見る

価格帯 お問い合わせください 納期 1週間以内

JIS C 60068-2-31 落下試験及び転倒試験

JIS C 60068-2-31 落下試験及び転倒試験 製品画像

JIS C 60068-2-31(落下試験及び転倒試験)の概要:
・この規格は,2008年に第2版として発行されたIEC 60068-2-31を基に,技術的内容及び構成を変更することなく作成した日本工業規格である。
・この規格は,使用中又は修理作業中に粗雑な取扱いで発生するような打撃,急激な動揺及び落下によって,機器及びその附属品ユニット(以下,機器等という。)が受ける影響を再現する試験方法について規定する。
・この試験方法は,例えば,小形から中形までの大きさの機器等で,粗雑な取扱いを受けやすいものだけに対してそれらの製品規格で規定し,また,このような取扱いを受けるおそれがある機器等の面及び角だけに適用することが望ましい。
・評価試験をご希望の場合は、下記までお問い合わせください (詳細を見る

取扱会社 JIS C 60068-2-64 広域帯ランダム振動試験

日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所

物流コンサルテーション、物流管理サービス、国内および海外における調達・生産・販売・回収物流・包装設計・包装試作・パソコン関連(カストマイズ及びソフトウェア製造)、物流システム設計開発 サービス一覧ページURL: http://info.jbl.co.jp/service_menu

JIS C 60068-2-64 広域帯ランダム振動試験へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

動機[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

日本ビジネスロジスティクス(JBL)株式会社 藤沢北事業所


キーマンインタビュー