株式会社東レリサーチセンター ロゴ株式会社東レリサーチセンター

最終更新日:2019-01-10 16:06:12.0

  • 総合カタログ
  •  

リーフレット集 技術レポート概要・目次集 ~材料編~

基本情報リーフレット集 技術レポート概要・目次集 ~材料編~

カタログ発行日:2018/11/1

開発、設計、創製、高機能化など材料に関する書籍を一同にご紹介!

内容は以下の通りです。

〇吸音技術 -材料と音響制御-
〇スーパーエンプラ微粒子の新展開
   − 材料の高性能化と新規素材開発 −
    I 素材製造編 II 素材応用編
〇透明樹脂の高性能化と材料設計
〇触媒によるエネルギー変換と環境保全
〇自己修復性材料 − 工業材料の高機能化 −
〇医療用材料の高機能化
   − 生体適合性、DDS 特性、生分解性、接着性 −
〇自動車軽量化 −材料と成形加工−
〇ハイドロゲル
〇ナノファイバー
〇光反応性ケミカル

書籍『吸音技術 -材料と音響制御-』

書籍『吸音技術 -材料と音響制御-』 製品画像

交通インフラや工事現場、各種施設などにおける“音の問題”。
法規制や条例、指針など規制基準による制約に加え、快適性の追求という面から、
機械・機器の音はもちろん、工事などに伴う発生が抑えられない音に対しても、
できるだけ低騒音化をはかることが求められています。

本書では、音を吸収する材料、吸音材の開発における現状や動向をまとめると
ともに、注目される研究開発の現状や適用事例などを取り上げています。

【掲載概要】※全171ページ
■アクティブ吸音やフラッタ-エコー低減の研究開発例
■吸音特性を経験的・理論的に推定する各種予測法
■吸音メカニズム毎の吸音材料や開発例
■現場への適用に向けた吸音材の開発・適用事例

※掲載内容など詳細はPDF資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期

スーパーエンプラ微粒子の新展開 I ・II 巻セット

スーパーエンプラ微粒子の新展開 I ・II 巻セット 製品画像

スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)の新しい活用法を提案している技術書籍です。

スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)微粒子を利用した材料は、金属やセラミックス代替材料、電気・電子産業分野、航空宇宙産業分野等における過酷な条件下でのフィルム、ワニス、接着剤、バルク状成型材料等の幅広い分野で検討されており、特にフッ素樹脂とポリイミド樹脂が広く用いられています。

 スーパーエンプラは成形加工性が低いのが難点ですが、微粒子化して高機能フィラーとして利用することにより、耐熱性が良い等のスーパーエンプラの特徴を材料に付加することができます。

本書は全2巻(I.素材製造編、II.素材応用編)のセットです。

I.素材製造編では スーパーエンプラ微粒子の一般的製造方法、また各樹脂に特化したスーパーエンプラ微粒子の製造法やスーパーエンプラ微粒子の利用例を取り上げ、

II.素材応用編では、フッ素樹脂を中心に、分野別に利用事例を紹介しています。

そのほか、TRCでは多数の技術書籍を出版しております。
http://www.trcbook.com/ (詳細を見る

価格帯 10万円以上 50万円未満 納期 2・3日

スーパーエンプラ微粒子の新展開 I.素材製造編

スーパーエンプラ微粒子の新展開 I.素材製造編 製品画像

当資料は、スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)の新しい活用法を提案している技術資料です。

従来のスーパーエンプラは固くて加工がしにくいと言われていますが、スーパーエンプラを微粒子にして、素材に混ぜることにより、 耐熱性が良いなどのスーパーエンプラの良さをそのままに、加工もしやすい素材ができます。

本書は全2巻(I.素材製造編、II.素材応用編)です。
スーパーエンプラ微粒子の一般的製造方法、また各樹脂に特化したスーパーエンプラ微粒子の製造法やスーパーエンプラ微粒子の利用例を取り上げました。

※詳しくはカタログをご覧頂くか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

スーパーエンプラ微粒子の新展開 II 素材応用編

スーパーエンプラ微粒子の新展開 II 素材応用編 製品画像

 スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)微粒子を利用した材料は、金属、セラミックス代替材料としての利用や、電気・電子産業分野、航空宇宙産業分野等における過酷な条件下でのフィルム、ワニス、接着剤、バルク状成型材料等、幅広い分野での利用が検討されており、特にフッ素樹脂とポリイミド樹脂が広く用いられています。
例えばコーティングにおいて、疎水性、撥水性の強いフッ素樹脂微粒子と親水性微粒子との共凝集による複合化によって耐久性の高い防汚性が得られること、またシートにおいて、フッ素樹脂微粒子と熱伝導性無機粒子との共凝集によって熱伝導性を改良出来ること、等が報告されており、フッ素樹脂微粒子の更なる活用の可能性が示唆されています。
 本書は全2巻(I.素材製造編、II.素材応用編)の2巻目です。II.素材応用編では、フッ素樹脂を中心に、分野別に利用事例を紹介しています。  (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

【別刷進呈】書籍「スーパーエンプラ微粒子の新展開」紹介記事

【別刷進呈】書籍「スーパーエンプラ微粒子の新展開」紹介記事 製品画像

 東レリサーチセンター技術情報事業部では、スーパーエンプラ微粒子の機能性フィラーとしての活用に注目し「スーパーエンプラ微粒子の新展開」I、II巻を発刊しています。
 TheTRCNewsは、1982年1月創刊した東レリサーチセンターの技術情報誌です。2018年2月号では、書籍「スーパーエンプラ微粒子の新展開」の一部のトピックを記事として取り上げました。 (詳細を見る

透明樹脂の高性能化と材料設計

透明樹脂の高性能化と材料設計 製品画像

 樹脂を用いた高透明材料(透明樹脂)は、樹脂のもつ特徴(軽量化、易加工性、高靱性、低価格など)により光学的IT機器や包装容器などにおいて高い需要があります。それに伴い用途に応じて、光学機能(屈折率)、熱的機能(耐熱性、放熱・断熱性)、導電性、ガスバリア機能および耐劣化性などの種々な機能が求められます。
 このような機能付与のために、樹脂の種類や組成の検討に加え、材料の複合化や改良剤添加の開発によって透明樹脂の特性を改良しようとする研究や、結晶性シクロオレフィンポリマー、環状カーボネート、セルロースナノファイバー、透明ハイブリッド材料などの新しい透明樹脂の開発が進んでいます。
 本書では、光学分野、エレクトロニクス分野への応用展開を中心に、樹脂を用いた高透明材料の設計や高性能化に向けた技術開発の現状を幅広くまとめ、技術課題やその解決・応用展開策の最新動向や特許情報を詳述しています。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

触媒によるエネルギー変換と環境保全

触媒によるエネルギー変換と環境保全 製品画像

 触媒による物質変換技術は、エネルギー資源の有効利用や環境負荷への低減を実現するためには重要で不可欠な基盤技術の一つです。触媒の効率化や耐久性の向上、貴金属代替材料の探索、有用な化合物への変換に用いる触媒の開発などが行われています。
 本書では燃料電池向け水素製造、電極触媒関連、太陽光エネルギー利用による二酸化炭素の固定化・資源化、バイオマスや天然ガスからの燃料の合成といったエネルギー変換技術と、燃料油の超深度脱硫、自動車排ガス処理、排煙脱硝、VOC分解、有機塩素・フッ素化合物の分解、水質浄化等の環境保全技術に関連する触媒の開発事例や研究成果についてまとめました。

詳しい目次はリンク先をご覧下さい。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

自己修復性材料-工業材料の高機能化-

自己修復性材料-工業材料の高機能化- 製品画像

 生体の自己治癒力のような自己修復性機能を持つ工業材料は、それを使った工業製品や構造物の安全性や信頼性が格段に向上するため、近年、大きな注目を集めています。自己修復性には、凹んだ箇所が平坦に戻るもの、き裂が再び連結するもの、欠損部を他の物質が埋めていき最後にはクラックを連結するもの等があります。自己修復性機能を付与する技術は、表面の熱処理や化学反応を利用するコーティング、内部に接着機能を持つ粒子やマイクロカプセルなどの予め封入など、材料の性質によってさまざまです。
 本書では、金属、高分子、コンクリートなど材料別に、自己修復性機能付与技術とその開発例をまとめました。また、国内および海外の特許情報も紹介しています。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

医療用材料の高機能化-生体適合性、DDS特性、生分解性、接着性-

医療用材料の高機能化-生体適合性、DDS特性、生分解性、接着性- 製品画像

 先進医療を支える医療用材料への様々な期待に応えるため、医療材料の高機能化に関する開発が、研究機関や企業等で活発に行われています。
 例えば、高分子材料では、診断・治療用のデバイス(バイオチップ、内視鏡など)の開発や医療費削減のための安価な材料が求められています。金属やセラミックス材料においても、外科・歯科領域における体内埋入型デバイス(インプラント)などでは、人工材料であるが故に生体適合性と生体機能性を両立させる高い技術ハードルの克服が求められています。
 本書では、種類別、材料形態別にみた医療用材料の開発動向について開発事例を交えてまとめました。また、生体適合性や薬物徐放(DDS)性など生体との界面特性に関連した課題が多いことから、材料開発での要素技術として特に表面機能化技術に関する動向を中心に調査、記述しました。さらに、最近公開された医療用材料に関する国内出願特許より、対象用途や技術課題とその解決方法に関する動向について注目出願例を交えて俯瞰しました。  (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

自動車軽量化-材料と成形加工-

自動車軽量化-材料と成形加工- 製品画像

 軽量化によって「資源を効率よく利用する」、「地球環境保全に寄与する」ことは自動車の大きな課題となっています。また、利用者に快適で安全な空間を提供するための付加価値向上も大切な課題です。これらの課題を解決するために、多様な部材や機能に応じたマルチマテリアル化や、成形加工技術が必要となります。各自動車関連メーカーはいろいろな角度から軽量化に取り組んでいます。
 本書は、自動車軽量化を多面的に捉え、下記の項目に注目し、幅広く調査を行いまとたものです。

★ 自動車の軽量化の動機と軽量化のための設計手法、材料加工技術
☆ 金属材料(高強度鋼板、アルミニウム合金、チタン合金、マグネシウム合金)およびプラスチック材料、炭素繊維強化樹脂複合材料を利用した軽量化技術
★ 軽量化を目指した車体構造、シャーシ、燃料系など車両設計
☆ 材料間の溶接・接合技術
★ 材料のリサイクル技術の現状  (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

ハイドロゲル

ハイドロゲル 製品画像

 コンタクトレンズの材料として広く知られるハイドロゲルは、含水性、柔軟性が生体組織と類似していることから、生体適合性物質として検討が行われてきました。さらに、体積相転移という動的特性の発見を契機とし、種々な刺激応答性が追求され、新たな素材設計戦略が展開しています。これに伴い、新規なハイドロゲルの創製や、ナノ構造解析手法が広く研究されてきています。
 これらの研究・開発状況を踏まえて、本書は、第一部ではハイドロゲルの基礎的研究、第二部では応用に関する研究について海外文献を中心にまとめました。


☆ 超分子ハイドロゲルの創製と調製
★ 高強度、形状記憶、自己修復性ハイドロゲルの構造制御による機械特性制御
☆ 温度・光・電場・pHなどに対する応答性、刺激応答性の特性機構とその解析
★ サイズ、構成、表面特性などの制御による高機能化
☆ 薬物送達システム(DDS)、組織工学、物質分離への応用
★ 光応答性人工筋肉、温度応答性マイクロポンプなどアクチュエータの開発 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

ナノファイバー

ナノファイバー 製品画像

  ナノファイバーは、超比表面積効果、ナノサイズ効果、超分子配列効果により、多様な性質が発現するため、その製造技術の開発とともに、特性を利用した広範な用途開発研究が進められています。
 製造技術については、例えば量産化、表面修飾、連続紡糸、均一分散化・高配向化、高結晶化、L/D制御、ナノ多層化、ナノリスク回避技術などが課題となっており、その解決のため精力的な研究が行われています。
 応用開発は、環境分野での重要な用途であるエアフィルターをはじめ、太陽電池、二次電池などの蓄電・エネルギー分野、エレクトロニクス分野、触媒などの化学分野、フィラーなどの基礎資材分野、再生医療、薬物徐放などのバイオメディカル分野など多岐にわたっています。このようにナノファイバーテクノロジーは、素材産業の付加価値向上だけではなく幅広い技術分野の発展に寄与することから、近い将来重要な基盤技術になるものと期待されています。
本書は、このようなナノファイバーの市場、特性、および応用開発の最新の動向をまとめたものです。 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

光反応性ケミカル

光反応性ケミカル 製品画像

 光化学反応性の分子は、様々な分野で利用されており、その種類や応用範囲はますます拡大しています。素反応の代表的なものとしては、ノリッシュ1・2型反応、一重項酸素発生、スチルベン、アゾベンゼン、ジアリールエテンなどの光異性化、 フォトクロミズムなどがあり、光反応開始波長や活性種放出速度などの精密制御が極めて重要になってきています。
 本書では、光反応性ケミカルの技術開発の概要とその動向について整理し、特に第2部の特許編では、各特許において代表的な化合物を取り上げ、その合成法および適用例や物性評価について詳述しました。

☆ 光ラジカル発生剤
☆ 光酸発生剤(光カチオン重合開始剤、フォトレジスト用光酸発生剤)
☆ 光塩基発生剤
☆ 光増感剤(カチオン重合用、太陽電池用色素、光力学治療用など)
☆ 有機EL(蛍光発光材料、燐光発光材料、正孔輸送材料)
☆ 光異性化反応剤 (詳細を見る

価格帯 1万円以上 10万円未満 納期 2・3日

技術レポート概要・目次集 加工技術編

技術レポート概要・目次集 加工技術編 製品画像

 研削加工・研磨加工方法や、実用化された工具、装置の技術情報について幅広くまとめ、注目技術を紹介した「研削・研磨加工の技術動向  I 工具、装置、注目技術」、各種研削・研磨技術の概要と研削・研磨に影響を及ぼす因子及び研削・研磨について取り上げ、さらに、環境配慮として、環境汚染防止、研磨材のリサイクル、研磨時の粉じんについて注目した「研削・研磨加工の技術動向  II 技術・手法の要覧、環境配慮」。
 また、微粒子をよりよく分散し、それを安定化するための多様なアプローチに注目するとともに、様々な分野の材料創製・材料開発で適用されている微粒子の安定分散方法についてまとめた「微粒子の分散技術」。  
 その他、各製品へ付与することで高級感や快適性の向上へとつながる風合、熱膨張の制御、金型離型性向上、材料の加飾、乾燥プロセス、異物検出除去、など、加工に関する技術を俯瞰した書籍を一同にご紹介します。 (詳細を見る

技術レポート概要・目次集『加工技術編』

技術レポート概要・目次集『加工技術編』 製品画像

本資料では、当社が発行する加工技術に関連する書籍の概要・目次をご覧いただけます。

【書籍タイトル(抜粋)】
「研削・研磨加工の技術動向  I.工具、装置、注目技術」
 研削加工・研磨加工方法や、実用化された工具、
 装置の技術情報について幅広くまとめ、注目技術をご紹介。

「研削・研磨加工の技術動向  II.技術・手法の要覧、環境配慮」
 各種研削・研磨技術の概要と研削・研磨に影響を及ぼす因子について取り上げ、
 環境配慮として、環境汚染防止、研磨材のリサイクル、研磨時の粉じんにも注目。

「微粒子の分散技術」
 微粒子をよりよく分散し、安定化するための多様なアプローチに注目するとともに、
 様々な分野の材料創製・材料開発で適用されている微粒子の安定分散方法について解説。

その他、各製品へ付与することで高級感や快適性の向上へとつながる風合、
熱膨張の制御、金型離型性向上、材料の加飾、乾燥プロセス、異物検出除去など、
加工に関する技術を紹介した書籍を一同にご紹介します。
 
※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

取扱会社 リーフレット集 技術レポート概要・目次集 ~材料編~

株式会社東レリサーチセンター

■受託分析 ・分析対象:半導体・実装、ディスプレイ・プリンター、電池・エネルギー、自動車、工業材料、環境、ライフイノベーション、医薬、バイオ ■受託調査 ・調査対象:化学・材料、環境・エネルギー・ライフサイエンス、その他 ■教育事業 ・分析基礎講座:分光分析、顕微鏡、物性分析、医薬分析、クロマトグラフィー、有機分析、発生ガス、電池、実習付き講座等 ■書籍販売 ・材料・素材・技術分野、ファインケミカル分野、エレクトロニクス分野、環境・エネルギー分野、バイオ・メディカル分野 等 ■製品販売

リーフレット集 技術レポート概要・目次集 ~材料編~へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社東レリサーチセンター


キーマンインタビュー