株式会社デンソーエスアイ ロゴ株式会社デンソーエスアイ

最終更新日:2018-11-06 20:54:35.0

  • 技術資料・事例集
  •  

RFIDを活用した機械予備部品在庫管理システム

基本情報RFIDを活用した機械予備部品在庫管理システム

【生産物流ソリューション事例】ハンドインプットや目視確認による棚卸の工数低減と精度向上を実現!(株)デンソーへの導入事例

【導入事例】
企業名:株式会社デンソー センサ&セミコンダクタ製造2部 様

【課題】
生産機械設備の予備部品の在庫管理は、在庫管理システムDePASへの
入出庫情報のハンドインプットと年2回の目視確認による棚卸で行っていた

その負荷軽減と精度向上が大きな課題

<ソリューション>
※実施内容はカタログにて詳細をご説明!

【効果】
・棚卸工数低減/精度向上
・入出庫実績収集工数低減/精度向上

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

RFIDを活用した機械予備部品在庫管理システム

RFIDを活用した機械予備部品在庫管理システム 製品画像

【導入事例】
企業名:株式会社デンソー センサ&セミコンダクタ製造2部 様

【課題】
生産機械設備の予備部品の在庫管理は、在庫管理システムDePASへの
入出庫情報のハンドインプットと年2回の目視確認による棚卸で行っていた

その負荷軽減と精度向上が大きな課題

<ソリューション>
※実施内容はカタログにて詳細をご説明!

【効果】
・棚卸工数低減/精度向上
・入出庫実績収集工数低減/精度向上

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

RFIDとバーコード(各種自動認識技術)との相違点・比較

RFIDとバーコード(各種自動認識技術)との相違点・比較 製品画像

金属製輸送容器(RTI)用RFID導入ガイドラインより、一部抜粋にてご紹介。金属製RTIを管理される方は是非下部のダウンロードより資料をご活用ください!

【バーコードとの相違点】
・自動認識技術は、RFIDの他にも、一次元シンボル、二次元シンボルや画像認識など各種ある
・RFIDが有する機能としては情報容量の大きさ、遠隔読取り、透過性、書込み・書換え、一括読取り、情報保護
・自動化に対する条件や課題を考え、将来のIoT時代の情報活用を想定するとRFIDが効果的

【金属製RTIの管理において】
・複数積み重ねて運搬されることが多い金属RTIは、複数移動体の一括読取りや、データの書込みが自動化の基本要件となる
・電波で交信するRFIDが自動認識技術の中でも有力な候補となる

※続きはPDFダウンロードより「金属製RTI用RFID導入ガイドライン」にてご覧いただけます。
※資料P6にて他の自動認識技術との比較表も公開しております。
 (詳細を見る

RFIDの金属対応(金属対応RFタグの取り付け)

RFIDの金属対応(金属対応RFタグの取り付け) 製品画像

金属製輸送容器(RTI)用RFID導入ガイドラインより、一部抜粋にてご紹介。金属製RTIを管理される方は是非下部のダウンロードより資料をご活用ください!

【RFタグを金属へ取り付けたときの交信性能】
・汎用RFタグ:交信不能(または接触交信程度の性能へ低下)
・金属対応RFタグ:交信可能(背面以外の近傍金属や周辺環境の影響は受ける)
・金属対応RFタグの選定は必須であり、かつベンダーのアドバイスやタグメーカより使用環境の条件における交信可能距離性能の提示を受けるのが好ましい

【金属対応RFタグ選定時の注意点】
・交信可能距離カタログ値について
・交信可能距離の変化が大きい条件

※続きはPDFダウンロードより「金属製RTI用RFID導入ガイドライン」にてご覧いただけます。
 (詳細を見る

RFIDの技術的課題(電波の特性を理解する)

RFIDの技術的課題(電波の特性を理解する) 製品画像

金属製輸送容器(RTI)用RFID導入ガイドラインより、一部抜粋にてご紹介。金属製RTIを管理される方は是非下部のダウンロードより資料をご活用ください!

【読取り範囲に注意】
・読取りできない部分(ヌル点)が点在する
・直接波が弱くRFタグが応答しない、複数のタグの移動時に全てのタグとの交信が完了していないこともありえる

【技術的課題の例】
・読取りや書込みの精度が100%に近づかない
・交信範囲外の金属対応RFタグを読取ってしまう
・複数移動体 金属対応RFタグの読取りや書込みが困難

※対応策、続きはPDFダウンロードより「金属製RTI用RFID導入ガイドライン」にてご覧いただけます。
 (詳細を見る

金属製RTIの管理における現状のRFID技術では困難な運用例

金属製RTIの管理における現状のRFID技術では困難な運用例 製品画像

金属製輸送容器(RTI)用RFID導入ガイドラインより、一部抜粋にてご紹介。金属製RTIを管理される方は是非下部のダウンロードより資料をご活用ください!

【RFID技術の限界例】
・金属製RTIに貼付した金属対応RFタグを、RTIの反対側から読取る
・金属製RTIの中に格納された製品に貼付された、RFタグを外から読取る
・金属対応RFタグの保護を考え、金属製RTIの隙間や底面につける
・複数金属製RTIの金属対応RFタグを一括で高速読取りを行い、同時にデータ書込みも行う

※困難な理由、続きはPDFダウンロードより「金属製RTI用RFID導入ガイドライン」にてご覧いただけます。
 (詳細を見る

金属製RTIの管理におけるRFID導入の検討手順

金属製RTIの管理におけるRFID導入の検討手順 製品画像

金属製輸送容器(RTI)用RFID導入ガイドラインより、一部抜粋にてご紹介。金属製RTIを管理される方は是非下部のダウンロードより資料をご活用ください!

【RFID導入検討手順】
1.導入目的の明確化
2.現状業務の調査と課題抽出
3.改善内容と効果の検討
4.採算性の検討
5.必要なデータ項目抽出と国際標準コード体系の検討
6. RFID 機器使用環境の把握と整理
7.機器選定
8.システム設計と構築
9.設置と読取りテスト
10.読取り/書込みエラーの対処

注意事項として、海外対応、構内無線局申請、一次元シンボル・二次元シンボルからの移行などもあります。

※各項目の詳細は、PDFダウンロードより「金属製RTI用RFID導入ガイドライン」にてご覧いただけます。
 (詳細を見る

金属製RTIのRFID導入|実証実験の適用事例1

金属製RTIのRFID導入|実証実験の適用事例1 製品画像

金属製輸送容器(RTI)用RFID導入ガイドラインより、一部抜粋にてご紹介。金属製RTIを管理される方は是非下部のダウンロードより資料をご活用ください!

実証実験内容:『節目での書込み機能の活用』
荷揃え工程、バンニング(国内・海外)、デバンニング(国内・海外)の場面で、金属対応RFタグの読取りと書込みを実施

【協力企業様の活用ニーズ】
・出荷元
(1)金属製RTIの紛失時に責任の所在を明確にする。
(2)金属製RTIの滞留時にシリアルNo.ベースで催促を可能にし、回転を促進させ、総在庫の抑制を図る。
(3)各事業所が短期間、低コストで実現させることを可能とする。
(4)2拠点間の管理に留まらず、他拠点間での管理を可能とする。
・出荷先
(5)部品の組付け履歴管理(トレーサビリティ)の実現。
(6)部品の受入状況把握の早期化と所在把握

※詳細は、PDFダウンロードより「金属製RTI用RFID導入ガイドライン」にてご覧いただけます。
 (詳細を見る

取扱会社 RFIDを活用した機械予備部品在庫管理システム

株式会社デンソーエスアイ

製造・物流の現場を自動認識技術活用のトータルソリューション提案で進化・改善します。

RFIDを活用した機械予備部品在庫管理システムへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

ご要望[必須]


  • あと文字入力できます。

目的[必須]

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社デンソーエスアイ


キーマンインタビュー