ジャパンコントロールス 「Japan Controls Co. Ltd.」株式会社 ロゴジャパンコントロールス 「Japan Controls Co. Ltd.」株式会社東京本社

最終更新日:2019/06/07

  • 製品カタログ
  •  
  •  

サニタリー背圧レギュレーター FB5Cシリーズ

基本情報サニタリー背圧レギュレーター FB5Cシリーズ

プロセスや洗浄設備用例、食品、飲料、乳製品、CIP、SIP、遠心分離機、滅菌装置、ブランケット用窒素ガス制御等に好適

FB5C背圧レギュレーターは無菌背圧用例向けに適正なハードシートと多様なダイアフラム、及びO-リング材を提供致します。

FB5Cは側面配置の入り口からダイアフラム下面に供される流体の圧力、若しくは背圧を感知して作動します。設定圧力以上の背圧はダイアフラムの荷重力がスプリングを圧縮し、ステムがシートから開状態とすべく機能します。

流量増加と共に背圧が排出され、スプリングとダイアフラム力が緩和されるとステムは通常閉の位置に戻ります。設定圧の変更は単に調整ネジを回しレギュレータースプリングの各設定範囲内で昇圧、降圧を行う事が出来ます。

※詳細はお問合せいただくかカタログをダウンロード下さい。

サニタリ用例向け サイトガラス、 サイトガラスウィンドー

サニタリ用例向け サイトガラス、 サイトガラスウィンドー 製品画像

Steriflowが提供致しますインライン型サイトグラスはASME BPEの広範な用例に対応し、特に医薬やバイオ製薬産業における高純度配管系に使用頂けます。
構造は見透視窓構造で広い視野を持ち、バックライトを必要としません。硝子管及び接続部内径は配管径と一致し水平に取り付ける場合においても流体の残留を生じません。

また、サイトグラスウィンドーは様々な用例向けですが、特に製薬やバイオ医薬産業の高純度容器や配管系に適しています。
大径のボロシリケートウィンドーはプロセスに適した視野を保証します。
SGWシリーズは技術的先進工法によりステンレス製Tri-clampTMリングにボロシリケートグラスを結合させています。
二個の部材は十分な強度を持つ連続した単体の部材になっており、ギャップも割れもなく、グラスとリング間には何ら接合部材はありません。

詳細はお問合せまたはカタログをダウンロードください! (詳細を見る

サニタリー圧力レギュレーター

サニタリー圧力レギュレーター 製品画像

ーステリフローMk96シリーズは接液部に316LSSを使用
ー表面処理は機械研磨後に電解研磨処理を実施
ー液溜りのない構造とCIP/SIPに対応すべくデザイン
ー当製品はサニタリープロセスにおける使用に最適
ー設定圧力の安定性は当然の事ながら、閉止特性もオプションによりANSIクラスVIを達成 (詳細を見る

サニタリー総合製品、 ステリフロー

サニタリー総合製品、 ステリフロー 製品画像

サニタリープロセス配管系に使用する以下の機器を取り揃えております:
★圧力レギュレーター
★背圧レギュレーター
★コントロール弁
★ボール弁
★スチームトラップ
★チェック弁 など

<実績・用途>
医薬品、食品、飲料品、化学品、バイオ、半導体プロセスに使用されるポンプ若しくはコンプレッサー出口のバイパス系に使用し、一次圧制御を行います。
設定は手動設定の他に空気圧信号設定型もあり、遠隔操作が可能。

詳しくはお問合せ頂くか、カタログをダウンロードください!! (詳細を見る

サニタリ背圧レギュレーター FB5Cシリーズ

サニタリ背圧レギュレーター FB5Cシリーズ 製品画像

FB5C背圧レギュレーターは無菌背圧用例向けに適正なハードシートと多様なダイアフラム、及びO-リング材を提供致します。

FB5Cは側面配置の入り口からダイアフラム下面に供される流体の圧力、若しくは背圧を感知して作動します。設定圧力以上の背圧はダイアフラムの荷重力がスプリングを圧縮し、ステムがシートから開状態とすべく機能します。

流量増加と共に背圧が排出され、スプリングとダイアフラム力が緩和されるとステムは通常閉の位置に戻ります。設定圧の変更は単に調整ネジを回しレギュレータースプリングの各設定範囲内で昇圧、降圧を行う事が出来ます。

<特徴>
• 接液部に摺動部なし ‒ 微物発生の防止
• 100% 316L ステンレススチル製ボディとトリム
• 自己排出性
• クリーニング時の分解部にネジ部なし
• CIP、SIPに対応したスプリングハウジング

※詳細はお問合せいただくかカタログをダウンロード下さい。 (詳細を見る

サニタリー逆止弁 FB6903シリーズ

サニタリー逆止弁 FB6903シリーズ 製品画像

FB6903は逆流から製品を守る場合に必要です。弁は正方向の流体により開状態を保ちます。もし流れが遮断するとプラグはスプリングによりシートに抑え込まれ、逆流により閉状態となります。この弁は多くのサニタリー用例に使用され、58-01規格に沿った3A認証製品です。

<仕様>
・接続口径: 1/2"~4"
・接続型式: サニタリークランプ
・ボディ様式: 3分割
・ボディ材質: 316SS
・シート材質: EPDM、若しくはバイトン
・金属部表面仕上げ: 接液部32Ra/0.8μm、又は更なる処理
・圧力定格@室温: 0.966MPa
・工業規格、及び試験: 3A 認証
・1/2" 、及び3/4"クラッキング圧: < 0.069MPa
・1" ~ 4" クラッキング圧: < 0.035MPa

※詳しくはお問合せいただくかカタログをダウンロード下さい。 (詳細を見る

サニタリー圧力レギュレーター FB6Cシリーズ

サニタリー圧力レギュレーター FB6Cシリーズ 製品画像

FB6C圧力レギュレーターはサニタリー状態で保守を必要とする装置の圧力を制御します。
FB6Cはシートの下流側のダイアフラム下面の圧力を感知して作動します。下流側圧力が設定圧に近づき、ダイアフラムに作用する圧力による力が設定用スプリング力に打ち勝つとプラグを閉じるべく上方へ動き始めます。これが下流側圧力を減じ、設定圧を維持することになります。
ダイアフラム下面の圧力が降下し始めるとスプリング力がプラグを開くべく下方へ押し下げ、設定圧力を維持します。

<特徴>
• 接液部に摺動部なし ‒ 微生物発生の防止
• 100% 316L ステンレススチル製ボディとトリム
• 自己排出性
• 高精密(大径ダイアフラムでドループ性小)
   当製品の性能表デモは代理店に問合せ下さい
• スプリングハウジングにドームロック用ピンを差し込みCIP、SIPに対応
• EPDMダイアフラムは耐食性に優れ、FDA、及び3A認証

※詳しくはお問合せいただくかカタログをダウンロード下さい。 (詳細を見る

取扱会社 サニタリー背圧レギュレーター FB5Cシリーズ

ジャパンコントロールス 「Japan Controls Co. Ltd.」株式会社 東京本社

油空圧制御機器を中心に輸入販売を行っております。真空から超高圧に至る精密制御を目的とした機器と共に、製造工程や研究室における各種検出機器や装置(含非破壊検査装置)も販売しております。

サニタリー背圧レギュレーター FB5Cシリーズへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ジャパンコントロールス 「Japan Controls Co. Ltd.」株式会社 東京本社


キーマンインタビュー