弘陽工業株式会社 ロゴ弘陽工業株式会社

最終更新日:2019/07/22

  • 技術資料・事例集
  •  

【技術開発資料】ガルバリ55

基本情報【技術開発資料】ガルバリ55

錆びつかない決意(おもい)!55%アルミ亜鉛合金溶融めっき技術の開発

「ガルバリ55」は、耐食性・耐酸性雨性に優れた
55%アルミ亜鉛合金溶融めっきです。

当資料では、ガルバリウム鋼板(55%アルミ含有めっき鋼板)の用途と
特長をはじめ、なぜアルミニウムが55%なのかや、バッチ式溶融めっきの
製造プロセスについて掲載しています。

【掲載内容(抜粋)】
■ガルバリウム鋼板(55%アルミ含有めっき鋼板)の用途と特長
■なぜ“アルミニウムを55%含む「ガルバリウム鋼板」”がいいの?
■なぜ“アルミニウムが55%”なの?
■「ガルバリ55」のバッチ式溶融めっきの製造プロセス
■“55%アルミ亜鉛合金溶融めっき”の断面構造!

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

各種表面処理曝露結果 大阪

各種表面処理曝露結果 大阪 製品画像

当資料は、ガルバリメッキ等、各種表面処理の暴露試験の経年変化について
掲載しています。

「ガルバリ55」は、耐食性・耐酸性雨性に優れた
55%アルミ亜鉛合金溶融めっきです。

曝露環境は、大阪市中央区安堂寺町のビルの屋上です。

2010年7月3日に曝露開始。3年6箇月間経過し、ダクロナット部に点錆発生。
8年7箇月間経過するとダクロは錆が全面発生しました。

PDF資料では、各種経年変化について写真で詳しくご紹介しています。

【曝露リスト(一部)】
■ステンレス
■SS400+ガルバリ55 膜厚 40μ~
■SS400+HDZ35 膜厚 50μ~
■SS400+グリーンクロメート+ラスパート
■SS400+ダクロ 膜厚 15μ~

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

各種表面処理曝露結果 北九州

各種表面処理曝露結果 北九州 製品画像

当資料は、ガルバリメッキ等、各種表面処理の暴露試験の経年変化について
掲載しています。

「ガルバリ55」は、耐食性・耐酸性雨性に優れた
55%アルミ亜鉛合金溶融めっきです。

曝露環境は、福岡県北九州市若松区藤ノ木の海沿いです。

2010年7月7日に曝露開始。2年8箇月間経過し、ダクロに錆発生。
9年間経過すると、「HDZ35」をはじめ、「ユニクロ」など5つで錆が
発生しました。

PDF資料では、各種経年変化について写真で詳しくご紹介しています。

【曝露リスト(一部)】
■ステンレス
■SS400+ガルバリ55 膜厚 40μ~
■SS400+HDZ35 膜厚 50μ~
■SS400+グリーンクロメート+ラスパート
■SS400+ダクロ 膜厚 15μ~

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

ガルバリウム鋼板の基礎知識とメッキ技術への応用について※資料進呈

ガルバリウム鋼板の基礎知識とメッキ技術への応用について※資料進呈 製品画像

本資料では、バリウム鋼板の基礎知識とメッキ技術への応用について解説しております。ガルバリウム鋼板とは?なぜアルミニウムを55%含むガルバリウム鋼板が良いのか?など、よくある質問を具体的に取り上げた上で、弊社の55%アルミ亜鉛合金溶融めっき技術の開発についてもご説明しております。

【掲載内容一部抜粋】
・ガルバリウム鋼板とは
・なぜアルミニウムを55%含むガルバリウム鋼板が良いのか
・どうしてアルミニウム含有量が55%なのか
・溶融メッキ【ガルバリ55】とは
・塩水腐食試験結果
・ガルバリ55の用途例          など

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

取扱会社 【技術開発資料】ガルバリ55

弘陽工業株式会社

〇ネジの企画・開発・販売 〇アルミ亜鉛合金めっき ガルバリ55

【技術開発資料】ガルバリ55へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

弘陽工業株式会社


キーマンインタビュー