ビュルケルトジャパン株式会社 ロゴビュルケルトジャパン株式会社

最終更新日:2019/08/06

  • 製品カタログ
  •  

流量センサ「FLOWave」

卵・食用油の流量測定に好適! FLOWave Type8098

卵・食用油の流量測定に好適! FLOWave Type8098 製品画像

導電率ゼロでも測定可能!コリオリ式に代わる接液部が完全ステンレスチューブのサニタリー流量センサ”FLOWave Type8098”

―食用油、液卵、乳(市乳等)、超純水、純水、WFIでご使用頂けます―

SAW(Surface Acoustic Waves 表面弾性波)テクノロジーを採用することで、導電率に依存せず測定可能。接液部からプローブ、検出素子を取り除いた完全な直管ステンレスチューブのため、直管と同様のサニタリ―構造を実現。高サニタリ性に加え、導電率に依存しないため、電磁式流量計がつかえない、食用油、液卵、純水・超純水に好適です。

従来のコリオリ式流量センサよりも軽量&容易に設置可能で、機械的な駆動部が無く、極めて優れた洗浄性を備えた流量センサFLOWaveは食品・飲料業界へ好適なセンサです。

【特徴】
○フルボア&検出部が接液しない優れた洗浄性
○導電率ゼロで使用可能で超純水、製薬分野に好適な流量センサ
〇油・液卵・市乳でも導入実績あり
〇高精度 ±0.4% O.R. (流速1 m/s-10m/s)を実現
〇気泡・異物検知として応用的な使用例有り (詳細を見る

超純水測定可能!完全直管&数キログラムのSAWtech流量センサ

超純水測定可能!完全直管&数キログラムのSAWtech流量センサ 製品画像

導電率ゼロでも測定可能!SAW techを採用することで、15Aでは2kg, 2Sでも3.4kgの軽量設計。完全直管で圧損無しのコリオリ式に代わるサニタリー流量センサ”FLOWave Type8098”

●EHEDG, FDA, 3A 認証済み
●超純水、WFI、純水、コンタクト洗浄液や油等、導電率に関わらず測定可能
●2Sであれば3.4kg, 15Aでは2kgの軽量&高精度流量センサ

SAW(Surface Acoustic Waves 表面弾性波)テクノロジーを採用することで、導電率に依存せず測定可能。接液部からプローブ、検出素子を取り除いた完全な直管ステンレスチューブのため、直管と同一の洗浄性を実現。高サニタリ性に加え、導電率に依存しないため、電磁式流量計がつかえない超純水、WFIに好適です。食用油や液卵、乳(市乳)にもご使用可能です。

【特徴】
○フルボア&検出部が接液しない優れた洗浄性
○導電率ゼロで使用可能で超純水、製薬分野に好適な流量センサ
〇油・液卵・市乳でも導入実績あり
〇高精度 ±0.4% O.R. (流速1 m/s-10m/s)を実現 (詳細を見る

取扱会社 流量センサ「FLOWave」

ビュルケルトジャパン株式会社

■オンオフ電磁弁(気体/水[液体]/スチーム) ■比例電磁弁(気体/水[液体]) ■空圧オンオフ弁(気体/水[液体]/スチーム) ■空圧制御弁(気体/水[液体]/スチーム)   流量制御・圧力制御・温度制御 など ■医薬品・食品・飲料プラント用バルブ ■医療機器・臨床検査機器・分析機器用電磁弁   血液分析・人工透析・ガン診断装置 など ■流量計 ■圧力計 ■温度計 ■レベル計(液面計) ■PH計 ■導電率計 上記製品類を使用したシステム構築 60余年の歴史の中で、ビュルケルトはお客様の様々なご要望をお伺いし、独自の研究・開発・設計を行った、他社には無い、多くのユニークな製品を製造しております。 <日本の規格に合わせた製品をラインナップ> ヨーロッパで培われた技術を、そのまま日本に持ち込んでも、日本のお客様のご満足を得られるとは限りません。 ねじ規格をRcに、電圧はDC24V/AC100V または 200V (50/60Hz共用)などの配慮を行っております。 輸出用機器を製造されているお客様には、欧州規格や北米規格の製品をご用意させていただきます。

流量センサ「FLOWave」へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ビュルケルトジャパン株式会社


キーマンインタビュー