株式会社日伸電工 ロゴ株式会社日伸電工

最終更新日:2019/08/28

  • その他資料
  •  

対応可能材質一覧表

基本情報対応可能材質一覧表

【対応可能材質】
・アルミニウム合金ダイカスト
・亜鉛合金ダイカスト
・マグネシウム合金ダイカスト

『マグネシウムダイカストのご紹介』

『マグネシウムダイカストのご紹介』 製品画像

当社では、製品の軽量化に貢献する、
マグネシウム合金の開発・ダイカストを手掛けています。

アルミ素材と代替が可能で、比強度や比剛性が高く、振動吸収性や切削性、
耐くぼみ性、寸法安定性にも優れており、様々な部品・部材に使用できます。

同じ金型と設備を使用してアルミとの比較・検討を行うことも可能です。
試作後の量産や、表面処理にも対応できます。

【活用例】
◎自動車分野
 燃費向上に向けた部品の軽量化に貢献
◎鉄道分野
 シートフレームや肘掛に使用することで振動吸収性を発揮し、乗り心地が向上 
◎農機具分野
 チェーンソーや草刈機に使用することで、可動時の振動を緩和

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

異種材を使用したアルミダイカスト

異種材を使用したアルミダイカスト 製品画像

現在の日本のアルミニウムダイカストでは一般的にはADC12のアルミニウム合金を使用されていますが、ADC12以外の合金を使用する企業が少ないと思われます。弊社ではADC12以外の異種材と呼ばれる合金にも積極的に取り組んでおり、量産、試作の実績もございます。

異種材でお困りごとがございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

株式会社日伸電工 事業紹介

株式会社日伸電工 事業紹介 製品画像

株式会社日伸電工は、製品やサービスの品質向上によって顧客や市場のニーズに応え顧客満足度を高めるます。ダイカスト鋳造は金型に 溶融した金属を圧入して、高い寸法精度の鋳物を短時間に大量に生産ができ、 高温で溶かしたアルミや亜鉛等の金属を金型に高圧で圧入して鋳物を製作します。研掃:ショットブラスト ハンガー式は金属粒子を工作物に吹き付けて加工します。機械加工:NC旋盤切削は回転している素材に外側から刃物を当てて、素材を削っていく加工です。
詳しくはお問い合わせ、もしくはカタログをご覧ください。 (詳細を見る

「マグネシウム鋳造」についてご紹介

「マグネシウム鋳造」についてご紹介 製品画像

株式会社日伸電工では、2016年9月マグネシウムとアルミの両方の
溶解炉を持つ650トンコールドチャンバータイプのダイカストマシンを
設備しました。

コールドチャンバータイプの鋳造機は、現在主流のチクソモールドタイプ、
ホットチャンバータイプの鋳造機に比較し、大型鋳造機が使用できる
などの特長があります。

【特長】
■大型鋳造機が使用可能
■合金種の切り替えが容易でアルミニウムとの併用も可能
■消耗品が安価
■インゴット溶解のためのチッピングコストが不要
■射出力が高く、射出速度も速いため簿肉品から厚肉品まで幅ひろい対応が可能

※詳しくは外部リンクをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

マグネシウム合金での軽量化のご提案

マグネシウム合金での軽量化のご提案 製品画像

アルミ部材などからの『マグネシウム合金』の素材転換で軽量化のご提案を致します。

装置にかかる振動が強く、アルミの場合補強部品の点数が多くなってしまう…などの課題を解決。
マグネシウムに変更することで、大幅な軽量化を実現しました。

当社は「軽量化」「振動の低減」「1つの木型で材料置換」の3つを
ご提案。

対象の部品単体のコストは上昇しましたが、補強部品の削減及び材料置換に
成功し、狙い通りの軽量化が実現。マグネシウムの鋳造を取り扱っている業者が
中々いない中で、酸化に対する表面処理まで任せることが出来たことも
評価しますとのお言葉を頂きました。

【導入前課題】
■装置重量を軽くしたい
■装置にかかる振動が強く、アルミの場合補強部品の点数が多くなってしまう

※会社概要はPDFをご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

マグネシウムダイカスト AZ91D『ポンプ部品、オルタネータ』

マグネシウムダイカスト AZ91D『ポンプ部品、オルタネータ』 製品画像

PC筐体の軽量化に利用されるなど、アルミ素材の代替素材として注目されているマグネシウム。
アルミと比較して強度や剛性が高く、振動吸収性や切削性、耐くぼみ性、寸法安定性にも優れており、様々な部品・部材に使用できます。

当社では昭和49年からダイカスト鋳造を手掛けていますので、試作・量産、表面処理まで一貫対応が可能です。
また、同じ金型と設備を使用してアルミとマグネの比較・検討を行うことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

【日伸電工でのマグネシウム鋳造加工例】
AZ91D(Mg-Al-Zn 系合金)…ポンプ部品、オルタネータ

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

マグネシウムダイカスト 『自動車部品、二輪部品』

マグネシウムダイカスト 『自動車部品、二輪部品』 製品画像

PC筐体の軽量化に利用されるなど、アルミ素材の代替素材として注目されているマグネシウム。
アルミと比較して強度や剛性が高く、振動吸収性や切削性、耐くぼみ性、寸法安定性にも優れており、様々な部品・部材に使用できます。

特に自動車では2025年までに燃費向上をさせるためには、軽量化が必須ですが、ステアリングやオイルパン、シートフレーム等をマグネシウムへ置き換えることで、実現が可能です。

【日伸電工でのマグネシウム鋳造加工例】
AM50A・AM60B(Mg-Al系合金)…自動車部品、二輪部品、汎用部品

【特長】
・マグネシウムの合金開発が可能
・同じ設備と金型でマグネとアルミの比較検討が可能
・試作・量産・表面処理が可能

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

亜鉛ダイカスト ZDC1『ステアリングロック、ファスナーつまみ』

亜鉛ダイカスト ZDC1『ステアリングロック、ファスナーつまみ』 製品画像

ダイカストとは、精密な金型に溶かした非鉄金属をダイカストマシンを用いて高速・高圧で注ぎ込み、瞬時に成形する鋳造方式です。
亜鉛のダイカストはアルミのダイカストに比べて金型の寿命が長い傾向にあります。

【特長】
・高精度で複雑な形状の製品を成形可能
・仕上がりの表面が滑らかで、表面処理が容易
・薄肉に仕上がるため、軽量化に適している

【亜鉛ダイカスト鋳造加工例】
ZDC1(Zn-Al-Cu 系合金)…ステアリングロック、ファスナーつまみ

※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

亜鉛ダイカスト ZDC2『エレベーター部品』

亜鉛ダイカスト ZDC2『エレベーター部品』 製品画像

ダイカストとは、精密な金型に溶かした非鉄金属をダイカストマシンを用いて高速・高圧で注ぎ込み、瞬時に成形する鋳造方式です。
亜鉛のダイカストはアルミのダイカストに比べて金型の寿命が長い傾向にあります。

【特長】
・高精度で複雑な形状の製品を成形可能
・仕上がりの表面が滑らかで、表面処理が容易
・薄肉に仕上がるため、軽量化に適している

【亜鉛ダイカスト鋳造加工例】
ZDC2(Zn-Al 系合金)…エレベーター部品、ドアハンドル、レバー、PC
※詳しくは資料をご覧ください。お問い合わせもお気軽にどうぞ。 (詳細を見る

取扱会社 対応可能材質一覧表

株式会社日伸電工

・インサートを得意とするダイカスト製品の一貫生産 ・アルミニウム、亜鉛、マグネシウムダイカスト製品の製造 ・各合金の試作 ・記念品の作成販売 ・機械加工 ・ベントピン(独自のガス抜き技術)の製作、販売

対応可能材質一覧表へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社日伸電工


キーマンインタビュー