富士電子工業株式会社 ロゴ富士電子工業株式会社

最終更新日:2021/07/28

  •  
  •  

【資料】先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金

補助金対象の焼入設備

補助金対象の焼入設備 製品画像

省エネルギー・脱炭素化・IoT・デジタルトランスフォーメーション・生産性向上等、さまざまな取組に対し経済産業省・環境省・各自治体等で多種多様の補助金制度があります。

「先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金」にて富士電子工業の一発焼入設備が認定を受けております。
かなりの確率で受理されること間違いなしです!

公募詳細情報:
https://sii.or.jp/cutback03/orientation.html
パンフレット:
https://sii.or.jp/cutback03/uploads/k01_panflet_gaiyou.pdf
採択一覧:
https://sii.or.jp/cutback03/uploads/shoene_sensin_saitakukekka_2.pdf
補助金申請にて数々の受理経験を活かし、サポートさせていただきます。 (詳細を見る

『高周波焼入装置』

『高周波焼入装置』 製品画像

当社は、高周波誘導加熱を利用した『焼入装置』の製造・販売を行っています。

自動車部品の量産向け装置や、建設機械の大型旋回輪焼入装置など
オーダーメイドにより高品質・高生産性を追求した設備をご提供いたします。

ロウ付け、焼嵌め、焼きなまし、鍛造など、焼入以外の熱処理設備もあります。

【製作例:クランクシャフト焼入装置】
■半開放コイルを回転するワークに追従させながら焼入を行い、歪みを抑制
■焼入幅10.5mmを実現するコイルと薄型ディスクトランスを使用
■パワーリダクション方式により、ワークの回転角度に応じて
 出力を調整しながら硬化層深さを調節可能

★高周波焼入における冷却時の注意点などを紹介した資料を進呈中。
 ダウンロードボタンよりすぐにご覧いただけます。

★お電話でのお問い合わせはこちら
大阪本社 → TEL:072-991-1361
名古屋 → TEL:052-322-1361
東京 → TEL:03-5472-1361

※お電話の際は、「イプロスを見た」とご連絡ください。
 対応時間:月~金 9時~17時までとなります。 (詳細を見る

コレ1冊で『高周波焼入』が丸わかり!※初心者から上級者の方必見

コレ1冊で『高周波焼入』が丸わかり!※初心者から上級者の方必見 製品画像

当社は、熱処理の現場が直面する課題に合わせたソリューションを提供する会社です。

『熱処理』といっても様々な手法があり、
当社では環境に配慮した『高周波焼入』をご提供しております。
これまでも高周波誘導加熱を利用した高精度な焼入技術により、お客様のニーズにお応えしてきました。

当資料では、高周波焼入を利用したことがない方や、既にご利用の方に向けて
高周波焼入に関する基礎知識から、技術的なことまでまとめた資料を進呈しております。

<資料内容>
■基礎知識編
■導入編
■レベルアップ編
■冷却編

当社は、試作・委託加工だけでなく高周波焼入れの設備にも対応しております。※補助金対象
設計から設置・導入後のメンテナンスまで一貫体制で対応します。
設計者自ら現地試運転完了まで立ち合いますので問題解決のレスポンスが早いのが特徴です。

※詳しくはPDFをダウンロード頂くかお気軽にお問合せください。

★お電話でのお問い合わせはこちら
大阪本社 → TEL:072-991-1361
名古屋 → TEL:052-322-1361
東京 → TEL:03-5472-1361 (詳細を見る

取扱会社 【資料】先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金

富士電子工業株式会社

■高、中周波熱処理受託加工 ■高周波誘導加熱装置およびその部品の製造販売 ■トランジスタ・インバータおよびその部品の製造販売 ■電子応用機器の製造販売 ■誘導加熱付帯各種自動機機器の製造販売 ■試作開発品の受入

【資料】先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

富士電子工業株式会社


キーマンインタビュー