ユニバーサルロボット ロゴユニバーサルロボット

最終更新日:2021/06/23

  •  
  •  

日本企業の協働ロボット導入事例集 2021年度版

日本企業の協働ロボット導入事例集 2021年度版

日本企業の協働ロボット導入事例集 2021年度版 製品画像

人とともに働く協働ロボットの注目度は年々上昇傾向にあります。
しかし、『どの工程に導入できるのか』『導入する際のポイントはどこ?』『導入失敗したらどうしよう』こんなお悩みはありませんか?

ユニバーサルロボットではそんな悩みを解決すべく、多くの導入事例を用意しています。
その中でも、本資料は日本国内における実際の導入事例をまとめました。
業界も自動車、電子電機、製薬・化学と様々な業界となっています。

内容は「導入前の課題」「解決方法」「導入後の結果」の3点を実際のお客様の生の声と共に紹介しており、動画へのリンクも用意しました。
作業者の人材確保にお悩みの方、設備自動化でお悩みの方は協働ロボット導入でいかに課題を解決したのか、まずは身近な事例をまとめた本ガイドブックを参考にしてみませんか?
 (詳細を見る

【協働ロボット導入事例】有限会社大坂林業 ピックアンドプレイス

【協働ロボット導入事例】有限会社大坂林業 ピックアンドプレイス 製品画像

概要: 北海道の十勝で70年間、苗木の生産、提供を続ける有限会社大坂林業。同社では、従来は人手に頼っていた苗木の育成工程の一部を自動化することに成功。高齢化により働き手の確保が難しくなっていた中、大幅な省力化を実現しました。

課題: 熟練作業者への依存度が高く高齢化が進んでいることから、将来の人手不足への危惧、ロボットのすぐ隣で人間が作業する必要がある。

導入後:苗木生産の最初の工程であるコンテナをコンベアに投入する作業にURロボットを導入、2人がかりで行っていた作業を1人で行えるようになった。

導入された工程詳細、苦労した点など、詳細情報はリンクをご確認ください。 (詳細を見る

【協働ロボット導入事例】株式会社 藤田ワークス TIG溶接自動化

【協働ロボット導入事例】株式会社 藤田ワークス TIG溶接自動化 製品画像

 概要:高精度精密板金のリーディングカンパニーである株式会社 藤田ワークスは、職人の熟練度に左右されないTIG溶接を実現したいと考え、自動化を検討していました。システムインテグレータと試行錯誤を重ねた結果、若手社員でも高品質なTIG溶接を実現するURロボットソリューションを開発。さらに、金属プレス加工機へのワークの投入作業も自動化し、作業効率の改善や作業員の身体的負担の軽減、満足度の向上を実現しました。

 課題: TIG溶接の仕上がりが技術者によって左右される。将来、熟練作業者の人材不足が懸念される

 導入後:溶接工程を仮付けと本付けに分け、仮付けを作業員、本付けをロボットが行うことで、品質の安定に加え、作業効率も向上。分業にしたことで習得に3年以上かかっていた溶接作業が、数か月で習得可能となった。

 ロボット導入の決め手、他工程への横展開など詳細はリンク先をご覧ください。 (詳細を見る

【協働ロボット導入事例】二輪車部品メーカーSHAD社 ねじ締め

【協働ロボット導入事例】二輪車部品メーカーSHAD社 ねじ締め 製品画像

 概要:スペインの二輪車部品メーカーSHAD社では作業者がより合理的な環境で作業できるよう組立工程の自動化を検討。生産工程が変化する中、柔軟に対応できるシステムを模索した処、協働ロボットを導入。結果、ねじ締工程の作業環境は改善され、作業者2名は多くの反復作業から解放されました。

 課題:需要増加に対応するために自動化を行いたいが、自動化システムを構築できるスペースがない。作業者の反復作業を改善させたい。

 導入後:ねじ締工程にUR5を導入、作業者のすぐ横に配置可能となり、共有スペースで作業者と協力して作業が可能に。反復作業をロボットに代替させることで、作業効率も改善。

 協働ロボット導入の決め手、稼働状況の詳細はリンク先をご覧下さい。 (詳細を見る

【協働ロボット導入事例】All Axis Machining社

【協働ロボット導入事例】All Axis Machining社 製品画像

 概要:テキサス州ダラスの金属加工メーカーAll Axis Machining社では労働力不足から装置のダウンタイムが発生し、納期に間に合わないこともありましたが、研磨・検査・マシンテンディング工程などに協働ロボットを導入し、この問題を解決。導入後の最初の案件では稼働時間は2.5倍、利益は60%増加となりました。

 課題:労働力不足により装置のダウンタイムが発生、納期に間に合わない設備が古くスペースに制限があるため産業用ロボットの導入が困難。

 導入後:UR10を導入後、通常4-5か月の納期がかかる仕事を2.5か月納期短縮、この仕事だけで利益が60%増加(ROIは4か月)、稼働時間は8時間から20時間と増加。 他にも手作業の研磨作業にUR10を活用し、品質の向上にもつながりました。

協働ロボット導入の決め手、稼働状況の詳細はリンク先をご覧ください (詳細を見る

【協働ロボット導入事例】愛同工業株式会社 エアブロー工程自動化

【協働ロボット導入事例】愛同工業株式会社 エアブロー工程自動化 製品画像

 概要:愛知県大府市でアルミダイカストと切削加工による自動車部品OEM製造を行う愛同工業は、慢性的な人材不足により売上が増えても利益率が低いという課題がありました。対策を練る中で展示会で出会ったURロボットは、システムを内製できるとわかり導入に着手し、今や40台ものURロボットが稼働中。

 課題:人材不足であり、派遣社員の給与など労務費がかかり、売上が増えても利益が増えない。従来型産ロボではシステムコストがかかり、容易に導入に踏み出せない。

 導入後:3年間で40台のURロボットを導入し、生産性が倍増。さらに人間の知恵をロボットに織り込むことで、さらに生産性を上げることが可能となった。

 ロボット導入の決め手、他工程への横展開など詳細はリンク先をご覧ください。 (詳細を見る

取扱会社 日本企業の協働ロボット導入事例集 2021年度版

ユニバーサルロボット

協働ロボット UR3e / UR5e / UR10e/UR16e

日本企業の協働ロボット導入事例集 2021年度版へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

ユニバーサルロボット


キーマンインタビュー