株式会社アイ・シイ・エス ロゴ株式会社アイ・シイ・エス栃木工場

最終更新日:2021/08/26

  •  
  • カタログ発行日:20210825

【導入事例集】株式会社 アイ・シイ・エス

基本情報【導入事例集】株式会社 アイ・シイ・エス

数字で分かる技術導入事例集【随時更新予定】

【導入事例タイトル】
・Tial材切削工具用へのコーティング(HicoatΣ)
・歯車加工用工具へのコーティング(Hicoatγ)
・CHプラス処理による金型の長寿命化(CH+PVDコーティング)
・半導体製造装置部品へのアルミナ溶射(溶射)

膜種、膜厚、対応基材、硬さ、摩擦係数等
具体的な数値で知ることができます。

※ネット上には、出していない資料もございます。
 詳しくはPDFをダウンロードいただくかお気軽にお問合せください。

表面改質技術 ICS溶射プロセス

表面改質技術 ICS溶射プロセス 製品画像

溶射は、金属・合金・セラミックス・プラスチック等の材料を熱源を用い溶解噴射し高品質な皮膜を形成する表面改質技術です。

【こんな機能が向上します】
耐摩耗性、断熱皮覆、耐高温酸化、耐食、耐エロージョン、粒子吸着

ICS溶射技術の特長は
・目的、用途に合わせた最適溶射材料、プロセスを提供。
・航空規格に適合できる工程能力、品質システムを有し、高品質、精密溶射が可能。
・熱処理との一括処理が可能。

航空機、発電機、自動車、産業機械等のあらゆる分野に
ICSの溶射実績があります。
航空防衛産業に特化した品質マネジメントシステム(JISQ9100)認証取得

【対応可能な溶射】
・HVOF
・プラズマ溶射
・アーク溶射
・フレーム溶射

【こんなご要望にお応えします】
・部品の長寿命化を図りたい
・部品の性能を上げ、またメンテナンスコストを削減したい
・部品の耐疑着性を上げたい

※ネット上には出していない資料や情報もございます。
より詳しく知りたい方はPDF資料をご覧いただくか、お気軽に問合せください。 (詳細を見る

PVD、PACVD技術 DLCコーティング

PVD、PACVD技術 DLCコーティング 製品画像

金属表面に硬質セラミックス薄膜を生成し、高機能を付与します。

【特長】
・多種類の成膜が可能
・素材や用途に応じ、最適の膜種と成膜法をご提案。
・大型設備保有による量産化に対応
 最大ワーキングゾーン(Φ900mm×L1500mm)
 長尺品の処理が可能

工具、金型、自動車部品、機械部品、樹脂成型部品などの分野にコーティングの実績があります。
機能性だけでなく装飾目的でコーティング技術を施すことも可能です。

【こんなご要望にお応えします】
・部品の耐久性を上げたい
・部品の摺動性を高めたい
・部品の耐凝着性を上げたい

※ネット上には出していない資料や情報もございます。
より詳しく知りたい方はPDF資料をご覧いただくか、お気軽に問合せください。 (詳細を見る

ろう付け【異種金属接合】

ろう付け【異種金属接合】 製品画像

ICSのろう付け技術の特長は、
・ろう付けと他の熱処理(焼き入れ、溶体化など)が同時に可能
・ステンレスと無酸素銅を容易に接合
・材質、形状に合ったろう材のご提案

【対応可能なろう付け】
・接合母材 
鉄、低合金鋼、工具鋼、SUS鋼、銅合金、鋳鉄、異種金属の組み合わせ
セラミックス、ステンレス
・ろう材
金ろう、銀ろう、銅ろう、ニッケルろう、りん銅どう、りん青銅ろう

【こんなご要望にお応えします】
・複雑な形状で一体物では加工が困難なもの
・異種の金属を接合させた部品を作りたい。
・銅のような溶接が難しい材料、また薄くて溶接が困難なものを接合させたい。
・中空部品の接合をしたい。
・数量が多いものを接合したい
・溶接よりも変形を少なくしたい

【採用実績】
自動車部品、エアコン部品、歯科部品etc

※ネット上には出していない資料や情報もございます。
より詳しく知りたい方はPDF資料をご覧いただくか、お気軽に問合せください。 (詳細を見る

真空熱処理【高硬度化、残留応力除去】

真空熱処理【高硬度化、残留応力除去】 製品画像

ICSの真空熱処理は無酸化表面でご満足のいく特性に仕上げます。
・金属部品の高強度化、高硬度化
・プレス加工品や絞り加工品の歪み・残留応力除去
・適切な磁気特性に調整
・バッチ処理可能、小ロットから対応可能
自動車、航空機、機械部品、金型などの分野に採用されています。
安心安全で長くつかえる金属製品を作りたい時に適しています。
ICSではお客様のニーズにあった熱処理方法をご提案させていただきます。

【熱処理の種類】
真空焼き入れ、焼き戻し、焼きなまし、焼きならし、焼鈍、磁性焼鈍
時効硬化、析出硬化、応力除去、溶体化、固溶化

【材質例】
マルテンサイト系ステンレス鋼、オーステナイト、ステンレス鋼、合金鋼、炭素鋼、チタン、チタン合金、Ni基合金、Co基合金、銅合金、ベリリウム銅、チタン銅、インコネル(耐熱合金)析出型銅合金、析出硬化系ステンレス鋼、パーマロイ、インバー、コバール、珪素銅板

※ネット上には、出していない資料もございます。
 詳しくはPDFをダウンロードいただくかお気軽にお問合せください。 (詳細を見る

切削工具用コーティング 「HiCoat γ」【寿命が約3倍向上】

切削工具用コーティング 「HiCoat γ」【寿命が約3倍向上】 製品画像

ICSのコーティングは、設備のメンテナンス工数の低減などに寄与いたします。

■Hi-Coat γの特長
・高硬度
・低摩擦
・高密着
・表面粗度を大幅低減
・耐熱性  1000℃以上

カタログには他表面処理との特性の比較のデータもございます。
詳しくは資料ダウンロードまたは、お問い合わせください。 (詳細を見る

ICSのコーティング技術 DLC「Hi-Coat δ」

ICSのコーティング技術 DLC「Hi-Coat δ」 製品画像

弊社標準DLC「Hi-coatδ」は密着が高くはがれにくい膜です。
低摩擦性・耐摩耗性・耐腐食性が向上します。

【特長】
・大型機による量産対応が可能。
・用途に応じて最適膜を提供。
・モータースポーツなどに高性能膜を開発提供。
・各種測定装置を用意、実用特性確認。
・ISO9001による品質保証体制。

■詳しくはPDFをダウンロードしていただくか
 お気軽にお問い合わせください。 (詳細を見る

耐食性・耐摩耗性 Cr2Nコーティング

耐食性・耐摩耗性 Cr2Nコーティング 製品画像

【特徴】
○耐食性・耐摩耗性に優れる
○薬品・腐食性ガスに強い
○環境に配慮したドライコーティング
○低温コーティングが可能(150℃〜250℃)
○皮膜表面が平滑である
○塩素、フッ素などハロゲン系ガスに強い
○樹脂に対する雛型性に優れている
○厚膜が可能(〜10μm)

■詳細はお問い合わせください。 (詳細を見る

【金型用表面処理】窒化プラスコーティング CHプラス

【金型用表面処理】窒化プラスコーティング CHプラス 製品画像

【CHプラスの金型への適用】
成形部品の高張力材の使用が高まり、それに伴い、金型の表面処理も
PVD処理のみから窒化+PVD処理への必要性が上がってきています。
従来、窒化炉で窒化を行い次にPVD炉に入れPVD処理がされています。
当社では同一炉内で窒化処理とPVD処理を1プロセスで行うため、
次の特長があります。

■特長
・寸法変化が少ない    
・コーティング密着性UP
・金型の長寿命化
・各種基材に適用可能
・コーティング皮膜は用途に合わせ選択 

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。 (詳細を見る

【Ti合金切削工具用コーティング】 Hi-Coat Σ

【Ti合金切削工具用コーティング】 Hi-Coat Σ 製品画像



低摩擦・耐摩耗・高耐食・低凝着などの特長を生かして、自動車部品をはじめ、機械部品・切削工具・金型部品などに適用して好評を得ています。

■Hi-Coat Σの主な特徴
・高硬度
・高密着性
・耐熱性  従来DLC(弊社品)に比較し、
        酸化開始温度を改善。
 (詳細を見る

取扱会社 【導入事例集】株式会社 アイ・シイ・エス

株式会社アイ・シイ・エス 栃木工場

モノづくりに欠かせない3つの金属加工事業 ■熱処理事業 加工後の脆くなった金属の内部組織を本来の状態に整えます。 >真空熱処理  無酸化で熱処理を行うことで寸法変化が少なく、金属表面をキレイに仕上げます。 □得られる効果 高強度化、高硬度化、応力除去、磁気特性の調整等 >ろう付け ろう材を使って金属同士を接合させます。熱処理と同時処理が可能 □得られる効果 中空部品の接合、異種金属の接合等 ■コーティング事業 金属表面に硬質セラミック薄膜を生成し、高機能を付与します。 □得られる効果 耐摩耗性、摺動性、耐久性、耐疑着性等 ■溶射事業 金属表面に溶融噴射し、高品質の被膜を形成します。 □得られる効果 耐摩耗性、断熱被膜、耐高温酸化、耐食等

【導入事例集】株式会社 アイ・シイ・エスへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度必須

ご要望必須


  • あと文字入力できます。

目的必須

添付資料

お問い合わせ内容

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社アイ・シイ・エス 栃木工場


キーマンインタビュー