最終更新日:2017-01-30 14:27:47.0

株式会社ソフトウェアクレイドル

業種:ソフトウェア  所在地:大阪府 大阪市北区 梅田3丁目4番5号 毎日インテシオ

株式会社ソフトウェアクレイドル 日本 5300001 大阪府 大阪市北区 梅田3丁目4番5号 毎日インテシオ 06-6343-5641
  • ソフトウェアクレイドルは、国産三次元熱流体解析ソフトウェアの開発・販売、教育・サポートまで一貫したサービスを提供しています
    株式会社ソフトウェアクレイドルは、国産三次元熱流体解析ソフトウェアの開発・販売、教育・サポートまで一貫したサービスを提供しています。
    社名クレイドルは“育(育む)”という意味から命名したもので、わたしたちは単にソフトウェアを 開発するだけでなく、解法、機能、操作性、多様化などあらゆる面からバージョンアップを心がけ、 ソフトウェアを常に時代のニーズにあったスポットライトの当たるステージに位置づけたいと考えております。

    ソフトウェアを大切に育てあげていくことこそが、わたしたちの使命です。 わたしたちが開発したソフトウェアを利用して設計、製造された各社の素晴しい製品の数々が、 さまざまな形で社会に役立てられることをいつも願っております。 そして、世に有益なソフトウェアを確実に開発しつづけることで、わたしたち社会に貢献しているという喜びを 日々実感したいと思っております。

株式会社ソフトウェアクレイドルのおすすめ情報

おすすめ情報

基板専用熱解析ソフトウェア『PICLS & PICLSLite』
PICLS 新バージョンV2リリース!基板設計者のための簡単・高速な熱解析がより便利に!
『PICLS』は、基板設計者の為につくられた熱解析ソフトウェアです。 ---------------------------------------------------- ★機能制限版の『PI…

取扱製品・サービス株式会社ソフトウェアクレイドル

取扱製品・サービス

取扱製品・サービス一覧

取扱製品・サービスは59件あります。

関連カタログ株式会社ソフトウェアクレイドル

カタログ一覧

関連カタログは53件あります。

企業情報株式会社ソフトウェアクレイドル

会社名 株式会社ソフトウェアクレイドル
所在地 〒530-0001
大阪府 大阪市北区 梅田3丁目4番5号 毎日インテシオ
TEL:06-6343-5641  FAX:06-6343-5580

事業内容

弊社は1984年の創業以来、数値流体シミュレーションソフトウェアの開発に取り組んでいます。長年の実績と、日本人マインドをもったサポート体制は常にお客様から高い支持を受けています。また、ソフトウェアの販売だけでなく、お客様に代わって経験豊富な弊社技術スタッフが解析を行う「受託解析サービス」も好評です。その他、熱流体解析に関する定期セミナーや技術情報の配信など各種教育サービスにも力をいれています。

【事業内容】
■各種科学技術計算ソフトウェアの開発 
■熱流体解析ソフトウェア(CFDソフトウェア)の開発、販売 
■コンサルティングサービス 
■教育 オペレーショントレーニング

《主な熱流体解析ソフトウェア》
●構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「STREAM」
●非構造格子系汎用三次元熱流体解析システム「SCRYU/Tetra」
●電子機器筐体の熱設計向け熱流体解析ソフトウェア「熱設計PAC」
●基板専用リアルタイム熱解析ツール「PICLS」

《主なサービス》
・定期説明会、体験セミナー
・ユーザーカンファレンス、各種技術セミナー
・技術サポート
・受託解析サービス

ソフトウェアクレイドルへのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ソフトウェアクレイドル

ソフトウェアクレイドル が登録されているカテゴリ

開く


  • 東芝機械の産業用ロボット コストパフォーマンス&省エネ 自動化ニーズに幅広く対応
  • スペーサー・ピンヘッダーなど機構部品全78,000アイテム収録!総合カタログ最新版進呈 インターネプコンジャパン2018出展

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー