最終更新日:2014-02-12 17:47:45.0

株式会社ライトマックス(LITEMAX)台湾本社

業種:産業用電気機器  所在地:台湾 新北市新店區寶橋路235巷137號8樓

株式会社ライトマックス(LITEMAX) 台湾本社 台湾 新北市新店區寶橋路235巷137號8樓 886-2-89191858
  • 「高輝度バックライト技術」の特許取得済み、省エネ超高輝度ワイド液晶モニターならLITEMAXにお問い合わせ下さい!
    LITEMAXは、2000年8月に創立してから高輝度液晶モニターや産業用ディスプレイの専門メーカーとして新しい製品の開発に努力しています。

    2013年、現在世界最高の明るさと最省エネを兼ね備えた38インチウルトラワイド液晶モニター『SSD3840』を発表しました。高輝度2000nits、明るい太陽の下でも見ることが可能で、ローカルディミング省エネ技術により低温保持、熱発散性が良いなどの利点を有し、効果的に消費電力を減らす事が可能です。『SSD3840』は屋外向けデジタルサイネージに最も適していると言えます。

    「SSD3840 」は台北国際パソコン展で2013年6月BC Award(Best Choice Award)を受賞した以外にも、台湾Innovative Products創新賞を受賞していました。2014年、第22回「台湾精品賞」を受賞しました。

    LITEMAXは高輝度バックライト技術、広い動作可能温度範囲、防水、低消費電力、熱発散技術、画面エリア分割など6つの中心技術を持ち、軍事用途、航海、運輸業、ギャンブル業、デジタルサイネージ等に使用されています。
    • この企業を
    • Twitterボタン

取扱製品・サービス株式会社ライトマックス(LITEMAX) 台湾本社

取扱製品・サービス一覧

取扱製品・サービスは1件あります。

関連カタログ株式会社ライトマックス(LITEMAX) 台湾本社

カタログ一覧

関連カタログは2件あります。

企業情報株式会社ライトマックス(LITEMAX) 台湾本社

会社名 株式会社ライトマックス(LITEMAX)
設立 2000年8月18日
資本金 210000万円
従業員数 71名
所在地 台湾 新北市新店區寶橋路235巷137號8樓
TEL:886-2-89191858  FAX:886-2-89191300
  • ※ お電話でのお問い合わせの際は、「イプロスを見て連絡しました」とお伝えいただくとお話がスムーズに進みます。

事業内容

弊社は独自の製品開発部門を有しており、『お客様に信頼される製品を開発』を目指し信頼頂いております。
LITEMAXは既に高輝度LEDバックライトパネル『VHBシリーズ』、として工業用モニター、タブレットPC、組込みシステムなどに利用されております。

さまざまな産業のお客様にも、LITEMAXは産業ソリューションを提供し、デジタルサイネージ、公共輸送広告、公共情報端末、船舶、軍事用ディスプレイ、娯楽業に使用されております。

■事業内容■
Durapixel LED液晶モニター
Spanpixel Resizing LCD
Transpixel 透明液晶ディスプレイ(Transparency LCD)
AOTオプティカルボンディング
オープンフレームタイプ LCD
シャーシタイプ LCD
船舶用LCDディスプレイ( Navpixel Marine Grade)
産業用組み込みコンピュータ
産業用パネルPC システム
デジタル サイネージ ソ リューション
LCDモニター
その他関連製品( クロスフローファン/各種駆動基板など)

ライトマックス(LITEMAX)へのお問い合わせ

お問い合わせ内容をご記入ください。

至急度[必須]

添付資料

お問い合わせ内容[必須]

あと文字入力できます。

【ご利用上の注意】
お問い合わせフォームを利用した広告宣伝等の行為は利用規約により禁止しております。
はじめてイプロスをご利用の方 はじめてイプロスをご利用の方 すでに会員の方はこちら
イプロス会員(無料)になると、情報掲載の企業に直接お問い合わせすることができます。
メールアドレス

※お問い合わせの際、以下の出展者へご連絡先(会社名、部署名、所在地、氏名、TEL、FAX、メールアドレス)が通知されます。

株式会社ライトマックス(LITEMAX) 台湾本社

ライトマックス(LITEMAX) が登録されているカテゴリ

開く


  • スペーサーの調達ならヒロスギネット 金属・樹脂スペーサー、ピンヘッダーなど全78,000品
  • 遅延わずか0.6mS 非圧縮データを高速伝送!デジタルワイヤレスオーディオモジュール

最近チェックした情報

クリップ

気になる製品・カタログ・企業などがあったらクリップに保存しておくと便利です。

  • キーマンインタビュー